2017年05月25日


 仁和寺の宝物を収蔵する霊宝館の春季展に行って来ました。
仁和寺の山門の前をよく通るんですが霊宝館展には初めて行きました。

1

ちょっと変わった建物です。鉄筋コンクリートの躯体に和風の屋根とエントランスという耐火を考えた建物です。
耐震は大丈夫なんでしょうか?


2

入場料は500円でした。
展示品の中心は仏像です。
国宝の阿弥陀三尊が素晴らしかったです。

25f1451e02e96bd2e5c53fc1145bb063317d615c_84_2_9_2

創建当時のご本尊です。平安仏らしいふくよかな可愛い仏さんです。ヒノキの一木造りです。

52560605952f6c02690e64f75ded30c6499d9fcb_84_2_9_2

 こちらは吉祥天です。あと四天王の内、増長天ともう一体、何だったか忘れました。
愛染明王もよかったです。
国宝の文書とか肖像画など他にも沢山の展示がありましたがやはり阿弥陀三尊がよかったですね。
このお寺、応仁の乱(近衛文麿さんが新聞記者に先の戦と言ったそうです。)で丸焼けになったんですが
末寺に避難されて無事だったそうです。
収蔵庫で展示されている仏さんは御堂にいらっしゃるような雰囲気はありませんが細部までよく見えるので美術品として鑑賞するには好都合です。信仰か保存か悩ましいところです。
学生の頃、仏像を鑑賞する授業があったんですが、昼食の時には悪友とビールを飲んで赤い顔で仏さんにお会いするという罰当たりな事をしていました。そのせいもあって何にも覚えていません。この歳になって仏像もいいなと思えるようになりました。せっかく、京都、奈良にちかい所に住んでいるのでこれからせいぜいお会いにいきたいものです。
(この記事の画像は仁和寺のホームページから拝借しました。)


(08:46)

2017年05月15日



 DSC_0013 (1)

 家の前の田圃です。連休に田植えが終わりました。最近は夜になるとカエルの鳴き声がうるさいほどです。

DSC_0010 (1)

田圃は米を生産する場ですが、同時に沢山の生き物の住処にもなっています。
環境面からも残ってほしいものです。価格だけで外国産と競争させるのは如何なものかと思いますね。
DSC_0008 (1)


物事はいろいろな面から考えないといけませんね。


(16:43)

2017年05月14日


DSC_0001 (1)

中古ですがロードレーサーを買いました。GIANTのDEFYです。とりあえず安くて程々の自転車です。ヤフオクで買いました。元競輪選手の方の営んでおられる自転車屋さんから買いました。ヤフオクで買った自転車のメンテナンスは断られたり、高い料金を請求されたりすることも有るようなので少し心配していました。幸い、買ったお店のご主人がわからないことは何でも教えます、メンテも無料でしますとおっしゃって下さったので一安心です。整備したりいじるのも自転車の楽しみともおっしゃていたので出来ることは自分でやろうと思っています。
学生以来のロードですが、まあボチボチと乗っています。実は友人の建築家が昨年、健康増進のために買ったロードレーサーにすっかりハマって盛んに買え買えと勧められていました。季節もよくなってきたのでそれではと買った次第です。幸い家の周りは車も少なく自転車には絶好の環境です。休日には沢山のロードレーサーを見かけます。皆さん、ウェアも決めて快走されています。こちらは少しの坂でも四苦八苦ですがだんだんと脚力もついてくるだろうと裏付けのない期待だけで走っています。実はその友人達は今週、びわ湖一周(通称びわ一)に挑戦します。私も誘われたんですが流石に無謀すぎるとご辞退させてもらいました。来年は是非参加したいもんです。

DSC_0003 (1)




(18:29)

2017年05月09日



 DSC_0048

ブルーベリーの花が咲いています。小さくて地味な花です。

DSC_0051

結構な数の花が咲いています。夏には沢山の実が成るでしょう。市販の物ほどは甘くないけれど
ヨーグルトに入れたら美味しくいただけます。

DSC_0046

鳥と競争で食べます。大概負けますが・・・


(22:49)

2017年05月07日


 DSC_0002

庭の山椒の若葉です。きれいです。残念ながら実の成らない樹です。オスの樹ということなんでしょうか?

DSC_0004

ちょうど真ん中に花が付いています。

DSC_0005

筍のお供にぴったりです。

DSC_0006

今年も山椒鍋を楽しみました。美味しかったですよ。





(15:50)

2017年05月01日


 DSC_0022 (5)

庭の皐月が咲きだしました。何という種類か知りませんが色が派手すぎてあまり好きではありません。それでも
毎年咲くので切るわけにもいきません。

DSC_0023 (5)

DSC_0029 (6)

庭木も自分で買ってきて植えたものは思い入れもありますが、元からあったものにはイマイチ感情移入出来ません。先月買った八重桜の苗木を植えこむのが今から楽しみです。



(14:57)

2017年04月27日


414bbd8AqIL__SX310_BO1,204,203,200_

今年は応仁の乱が始まって550年とかで関係の本が色々でているようです。中学、高校の歴史で習いましたが
山名氏と細川氏が東西にわかれて戦ったくらいの理解でした。珍しく歴史関係でベストセラーになったのと新聞の書評欄で見て読んでみようと図書館に予約しました。同じような人が沢山いたようでずいぶんと待たされましたがやっと読みました。登場人物がいっぱいでなかなか複雑です。要するに有力大名の跡継ぎ問題と室町将軍家の跡継ぎ問題が絡まり、それぞれの思惑とで気がついたら11年も戦争してしまったという事です。絶対的な権力者がおらず、時の将軍足利義政もみんな自分の言うことを聞かないもんだから文化に入れあげてしまったのも理由の一つでしょう。京都の住人にしたら大迷惑だったでしょう。結果的にはほぼ丸焼けですから・・・
筆者は込み入った話をわかりやすく書いてくれて面白く読めました。お勧めです。



(01:00)

2017年04月21日



 DSC_0021 (3)

庭の躑躅が咲いてきました。春爛漫です。とは言え、ここ二三日は肌寒い日が続いています。

 DSC_0019 (3)

 ここ最近、花の記事ばかりですが仕事もしています。今はサイドボードを作っています。花好きのご隠居と間違われたらいけないので・・・念のため。

 DSC_0017 (3)

 サイドボードの画像が早くアップ出来るよう頑張ります。


(14:15)

2017年04月20日


DSC_0032 (1)

高雄の躑躅です。山一面に咲いて見事です。京都から周山街道を京北方面に走って、高尾パークウェイの入り口を過ぎて、神護寺に下る参道を過ぎすぐのバス専用駐車場からよく見えます。

DSC_0002 (5)

杉と躑躅の対比がいいですね。

DSC_0007 (5)

例年、今頃楽しませて貰っています。躑躅は花が長いのでもう少しは大丈夫でしょう。

DSC_0008 (5)

四季折々、色んな姿で楽しませてくれる自然に感謝です。



(01:06)

2017年04月17日


DSC_0014 (3)

魚ヶ淵の桜が満開です。早朝に撮った画像なので色がイマイチきれいに出ていません。
元々、この桜は少しくすんだような色ですが・・・

DSC_0015 (3)

ちょうど満開です。今日の雨風で散らなければもう少し楽しめそうです。

DSC_0011 (3)

隣に染井吉野があります。枝垂れ一本のほうがいいと思いますが、樹の形の違いが際立ってこれはこれでいいかもしれません。枝垂れは下に入ると花のドームのようできれいです。

DSC_0005 (3)

花が滝のように流れています。なんだかんだ言っても桜はいいですね。


(19:58)