2016年08月31日

DSC_0031 (3)

工房の裏の栗の木です。もう実が大きくなっています。

DSC_0023 (3)

可愛いんですが変に触ると痛いです。

DSC_0020 (3)

結構大きいんですが中の実は案外小さいんでしょう。
じつはこの栗の木どなたのものか知りませんが実を取っていないようです。なの
で今年は収穫して食べてやろうと思っています。

DSC_0016 (3)

とげとげですが愛嬌がありますね。今年の夏も過ぎていきます。


(16:24)

2016年08月30日


DSC_0039 (3)

迷走台風10号も東北に進んでいきました。東北の皆さんは大変でしょうが、京都はよく晴れてきました。
昨日けっこうな雨だったので樹々も蘇ったようです。

DSC_0040 (2)

工房の裏です。あまり人工物が見えないので好きな場所です。

DSC_0036 (3)

これは柿の木です。雨で空気中の塵が落とされて景色がクリアです。
今日はさわやかで過ごしやすいんですが明日からまた暑くなるそうです。9月の残暑はきついですね。
もう少し頑張りましょう。




(14:52)

2016年08月29日



無題

谷崎潤一郎の細雪(上)を青空文庫で読みました。恥ずかしながら未読でした。それにしてもいい時代になりましたね。ただで文豪の名作が読めるとは。本屋さんがなくなっていくはずですね。
青空文庫では以前から安吾とか読んでいました。そのときの不満は横書きで日本の小説を実際の本で読むのとは雰囲気が無いというかちょっとちがうなあと感じていました。ところが久しぶりに青空文庫をのぞくとなんと縦書きでご丁寧にページをめくるスタイルになっているではありませんか。早速細雪を読みだして結構実際の本を読んでいる雰囲気で以前の横書きの違和感がずいぶんとなくなりました。ただ本を手にした感触、紙の手触り匂いはありません。今や電車で新聞を読んでいる私のような人間は絶滅危惧種ですからいずれ小説もPCやスマホで読むのが当たり前になるんでしょう。閑話休題、細雪ですが私は大阪生まれなので舞台になっている芦屋、神戸、船場などよくわかるので戦前の話ですがなかなか面白く読めました。没落した船場の商家の四姉妹の話ですが婚期の遅れた三女の雪子さんのお見合いの顛末が話の中心です。谷崎は細雪を発表したんですが太平洋戦争中で時局にふさわしくないと発禁になってしまいます。私家版も発禁になってしまいますが執筆を続け、戦後に発表しています。谷崎なりの反戦の意思表示でしょう。まだ、中、下編が文庫に入っていないので続きをすぐ読めませんが
気長に待ちます。古い作家の小説など読みたくなったら青空文庫でどうぞ。

(13:43)

2016年08月28日


DSC_0009 (3)

Alpir6シリーズ用のバスレフエンクロージャーです。栗材です。W200 D220 H240です。
板厚は22mmと極厚です。内容積は約5L,ダクトのチューニングは80Hzくらいです。低域を下まで欲張らず、量感重視のチューニングです。粗毛フェルトを5面に張り込んでいます。大型ターミナルを取り付けました。

DSC_0014

栗は広葉樹の中ではほぼ中庸の硬さです。音質は少し柔らかい感じです。(あくまで主観です。)
ご依頼主からは聴き疲れしないとおほめの言葉をいただきました。

DSC_0011


ご依頼主は6Mと6Pを取り替えて聞き比べを楽しまれているようです。
私も6Mで試聴しました。8cmにしtら十分な低音です。もちろん重低音は無理ですが、ボーカルものや室内楽、ピアノソロなどにはぴったりですね。


DSC_0008 (2)


ご依頼主はニアフィールドでお使いになるそうです。末永くご愛用ください。ありがとうございました。

(16:00)

2016年08月27日


DSC_0027 (2)

工房までの道路わきに咲いている百日紅です。ほんとに百日かどうかはわかりませんが随分と長く咲いています。暑い盛りにいつまでも咲いているので、実はあまり好きではありません。なにか暑苦しい印象です。

DSC_0033 (2)

さすがに沙羅のように一日で落ちるのも早すぎます。(せめて4~5日は咲いていればいいのに)
この百日紅はまだ色が淡いですが濃色の赤い花を見るのも炎暑にはいかがなものかと思いますね。
花も食べ物ももう少しあればがいいと思いませんか?


(10:32)

2016年08月26日


今年は諏訪大社の御柱祭でした。毎年では無く7年に一度なので盛り上がりもすごいようです。
その年には家の新築や結婚式も減るそうです。ゴールデンウィークにも蓼科に行っていたんですが、仕事で見物は出来ませんでした。ところが今夏のワークショップの期間中に蓼科でも御柱祭がありました。

DSC_0009 (5)

モミの木で大社の材に較べれば細いです。

DSC_0008 (4)

全長8メートル位です。前後の斜めに突き出た部分は大社の本番で使ったそのものだそうです。
諏訪大社は本宮、前宮、春宮、秋宮と四社あります。それぞれに四本ずつ結界のように立てます。
特に有名なのが傾斜35度くらいの坂を落とす木落としです。
蓼科でも4mくらいのゆるい坂を落としていました。

DSC_0007 (5)








































輪になった綱に足をかけてこの棒に人が乗ります。上のほうは結構高いです。

DSC_0016 (2)

あいにくの雨でしたが鼓笛隊の皆さんも太鼓類にカバーをかけて演奏してくれました。

DSC_0011 (3)

次回(7年後)は本宮の御柱を見たいものです。多分、大丈夫だと思いますが・・・




(15:51)

2016年08月25日


蓼科での木工ワークショップを終えて、京都に帰ってきました。

DSC_0018 (2)

一昨日の最高気温です。かたや京都は35度です。京北は少しは涼しいですがやはり暑いですね。
あともう少しがんばりましょう。


(01:37)

2016年08月19日


蓼科のカラマツ林です。

DSC_0011 (2)

このあたり、カラマツをたくさん植林したようであちらこちらにカラマツがあります。
この樹は旋回して大きくなるので角材や板材をとってもプロペラ状にねじれます。
しかもヤニが多いので土木用材にするくらいしか使い道がありませんでした。
最近でこそ、人工乾燥の技術が進んで、フローリングや集成の構造材などできるようになったようです。
それにしても加工の手間がかかるわけでどうしてこんな樹を大量に植林したのかなあと思いますね。

DSC_0011 (2)

それでも秋の黄葉はきれいです。樹に罪はありませんが、信州のカラマツも伐期を迎えているしどうするのかなあと思います。

(13:07)

2016年08月18日


長野県の蓼科高原に来ています。といっても旅行では無く、木工のワークショップです。
標高1400mですからさすがに涼しいです。雑木林の中のギャラリーでの開催です。


DSC_0002 (4)

ギャラリーの前に立っている白樺です。関西では見ませんね。材でもみたことがありません。


DSC_0004 (4)

材は良くないようです。材木市でも見たことがありません。

DSC_0005 (4)

今日の最高気温は24度でした。夜は布団と毛布をかぶって寝ています。京都に帰ってからが怖いです。



(17:35)

2016年08月14日


DSC_0002 (3)

シソが勝手に育って来ました。早速、カツオのたたきに乗せていただきました。
高知のたたきを友人からもらいました。正統たたきで藁で焼いているようで
美味しかったです。実は私の両親が高知県出身で子供のころ高知に帰るとやたらたたきをたべた記憶があります。母親もよく作っていました。懐かしいですね。

(15:57)