2021年04月20日







DSC_1278
 





 高雄の楓の木です。勝手に皇帝と呼んでいます。樹形が綺麗ですね。






DSC_1279







DSC_1280







DSC_1281








DSC_1283







DSC_1284







DSC_1285






樹齢百年以上は経っているでしょう。許されるなら足元のアスファルト舗装をめくりたいです。私が死んでも同じように立っていて欲しいですね、

(15:20)

2021年04月18日







DSC_1258
 




 大阪の商社?からラトビアバーチの案内が来ました。早速サンプルを送ってもらいました。バーチはカバです。サンプルはずっしりと重く、凄く硬いです。日本のカバよりは遥かに重く硬いです。見積りを取ると立米40万と合板にしたらバカ高いです。無垢の広葉樹より高いくらいです。アマチュアのスピーカービルダーさんには広くて厚さが均一な材が手に入るのでいいかもしれませんね。プロの木工家なら厚みも揃えられるし幅広の板も作れるのであえて使うメリットは余り無さそうです。






DSC_1259





ディーワンと言う会社です。興味のある方はどうぞ。


(16:48)






DSC_1248

 



 今日は寒い日になりました。昨夕の西空です。





DSC_1250





鉄塔と電線を見るとゴジラを思い出します。大暴れして電線を切り鉄塔を壊すのがお約束のシーンでした。ゴジラの音楽は伊福部昭さんの作曲です。伊福部さんは北海道生まれで北大の農学部林学実科を出て独学でクラシック音楽の作曲家になられました。映画音楽も沢山作曲されています。ゴジラ以外にも多数の怪獣もの、座頭市シリーズ、大魔神シリーズなどこんな映画にもと思うような作品にも書かれています。今はYOUTUBEで検索すれば沢山の作品が聴けます。日本的と言うよりは東アジア的な大きな音楽です。日本のクラシック音楽の作曲家の作品にも良いものがいっぱいあります。たまには日本人作曲家の作品も聴いてみて下さい。.


(16:44)

2021年04月17日






FE168SS_HP_naname_620x394
 




 今年のFOSTEXの限定ユニットFE-168 SS HPを予約しました。どうしようかなあと迷っている間に初回製造分がソールドアウトになりました。昨日にオーダーしたんですが入手出来るのは6月です。





FE168SS_HP_side_620x394


バックロードの箱を作るつもりです。





FE168SS_HP_bottom_620x394




ステレオ誌の作例には音道が2m弱のバックロードが載っていました。その中に20Lのバスレフでもそこそこの低音で悪く無いとありました。16cmクラスのバックロードだとどうしても大きな箱になります。諸般の事情(家庭内のパワーバランスなど)でバックロードが無理ならバスレフと言う選択肢もありそうです。状況が許せば30~40Lは欲しいですね。






FE168SS_HP_top_620x394



到着したらまた画像をアップします。(画像はFOSTEXさんのHPから引用させて貰いました)

(14:32)






DSC_1219
 




  庭のムスカリです。植えた憶えも無いのに今年は結構出てきました。球根植物です。地中海沿岸が原産地です。1980年頃から日本でも植えられるようになったそうです。そう言えば子供の頃には見かけませんでした。朝顔やカンナ、ダリヤなんてよく植えられていましたね。家の庭には沈丁花やイチジクがありました。今考えるに沈丁花は汲み取りトイレの匂い消しで植えられていたのかもしれません。それにしても匂いの記憶は強いですね。この歳になっても匂いを嗅ぐと子供の時分を思い出します。歳を重ねると最近の事はよく忘れるんですが、突然子供の頃の些細な出来事を思い出したりします。色々とあったけれどまだまだ先を見据えて頑張ります。(願望です)


(14:12)

2021年04月16日







DSC_1211






 ヤマナシの花です。庭の端っこでお隣りの杉に負けないように上に上に伸びて望遠で撮らないとどんな花なのかもよく分かりません。白いぐらいは分かります。小さな実が成るそうですがなにしろ高いので見ることもかないません。




 
DSC_1210






隣りは藪椿です。まだ咲いています。





DSC_1215





桜のようにあっと言う間に散るのも愛想ナシですがあんまり長く咲き続けるのもどうなんでしょう。
引き際が大事なんでしょうが、私はボロボロになっても木工していたいですね。







(13:03)

2021年04月15日









 DSC_1228





lマークオーディオの10cmMAOP7が届きました。ALPAIR7と同じだと思っていたらフレームはPLUVIA7のものだそうです。それでMAOP7と名称が変わったようです。






DSC_1232






造りはいいですね。





DSC_1234

 




マッチドペアです。シリアルナンバー入りがマニア心をくすぐりますね。10Lほどの台形エンクロージャーをお作りします。材はクリの予定です。今から木取りして荒削りして更に乾燥させます。





DSC_1231






ご依頼主は集合住宅にお住まいで低音は程々でいいそうです。Foが72Hzなのでそのあたりにダクトを調整しようかと思っています。完成したら記事にしてアップします。乞うご期待。

(16:19)

2021年04月14日







DSC_1186






 家から工房までの途中の桜です。細野川の堤防に十本程植えられている中の一本です。染井吉野では無く、色々な種類の桜を植樹してくれたので長く楽しめます。





DSC_1188






これは白に近い花です。清楚でいいですね。






DSC_1187


 




DSC_1189





こちらはまた違う種類です。






DSC_1191










DSC_1192






DSC_1195





京北の桜ももう終わりです。来年もきれいな姿を見せてくれるでしょう。



(21:17)

2021年04月13日







DSC_1183
 b




 一昨日、仁和寺の夜間拝観に行きました。修了間際に入ったので五重の塔と金堂を遠くから眺めて帰って来ました。御室桜はもう殆ど散っていました。顔見知りのお坊さんと立ち話をしたんですが、今年は桜が早いとおしゃっていました。一本だけ特別に遅咲きの桜があってそれはこれから満開らしいです。仁和寺の桜は背が低く、なにかそういう風に仕立てているのかなあとずっと思っていました。ところが、最近ラジオのニュースで地質のせいだと知りました。地下に粘土層があるので根が張れず背が伸びないそうです。それで花が近くに見えるので江戸時代から桜の名所だったようです。そのころは神信心と言えば大っぴらに出かけやすかったんでしょうね。なかには神さんも仏さんもそっちのけで後のお楽しみ目当ての男連中も多かったでしょう。それで思い出しました。台湾に旅行した時に龍山寺と言う台北で一番有名なお寺 に出かけました。お参りした後にスネークアレイと言う所に行きました。蛇料理を出す食堂が数百軒並んでいました。店の前には蛇が蠢いている金属製の駕籠が並べてありました。おっちゃんが蛇をいじめて怒らせた挙句にナイフで裂いて生き血を出させて、それをワインか何か知りませんが赤い飲み物で割って客に飲ませていました。小学生位の子供も平然と飲んでいるので吃驚しました。そのあたりで精を付けて、さらにその先に少し歩くとお姉さんと遊ぶ、楽しい楽しい所があるそうです。私は勿論そんな場所には行きませんでした。本当に行っていません。本当です。上手い事できてるなあとは思いました。まあ日本でも神信心と悪所はセットでしたから。故宮博物館には二日続けて行きました。これも本当です。二日でも全然見られませんでした。蒋介石、なんぼ持ってきてんと呆れました。





DSC_1184






脱線しました。来年は花が満開の時期に行きます。それにしても仁和寺さんも一泊百万円の宿坊(部屋貸しだそうです)を建てたりライトアップしたりといろいろとされています。コロナで拝観者も減っているだろうし寺院経営も大変なんでしょうね。早くワクチンが行き渡ればいいですね。

(08:59)

2021年04月12日






 DSC_1120





 家と工房の途中のエニシダです。鮮やかな黄色が綺麗です。今日は友人が日本ミツバチの巣箱を作りに来ました。ただの箱を作るんかと思いきや結構複雑で案外時間がかかりました。今年は少しおそいので来年に向けて作ってみようと思います。
 

(23:59)