2017年11月25日


 DSC_0270 (1)

11月24日の朝8時頃の高雄の楓です。神護寺に行く道の近くの駐車場の奥にあります。
かっては山の斜面だったんでしょうが車道を作るときに山を切ったんでしょう。足元をアスファルトで覆われて可哀想ですが元気です。独立樹です。先月の台風では京都府立植物園の樹も何本か倒されたようですが風向きが良かったのかダメージは無さそうです。

  DSC_0273 (2)

 高雄の山を背景にすっくと立っている姿はなかなか立派です。随分楓の材も使いましたがこの樹は何時までも元気でいてほしいですね。

 DSC_0272 (1)

 幹の直径は60㎝程ありそうです。手を当てて、しばし樹の命を感じました。

 DSC_0279 (1)

 幹にも風格を感じます。木材市場の土場に横たわっている材木は枝も無く幹の太い部分なので立っている姿は想像しにくいです。でも立ち木の姿はこんなにも立派で沢山の生物を養っています。自然の水と光と土の創造物だと常に思いながら木工という仕事に向き合わなくてはと肝に銘じています。

 DSC_0274 (1)


(01:42)

2017年11月18日

 
 DSC_0191

 新作のベンチです。W2000 D550 SH410 H900です。座は栃の一枚板、背と脚はカエデです。拭き漆仕上げです。3人ゆっくり座れます。女性なら4人でも大丈夫です。美しい姉妹が座れば絵になりそうです。このベンチは結構濃いめに漆を拭きました。今は少しギラギラした印象ですが数年すれば漆が透けて木目も綺麗に浮かび上がってきます。面白い杢の栃なので楽しみです。

 DSC_0094

 形式としたらウインザーということになります。イギリス生まれのデザインですが背のスピンドルがなにか日本人にも馴染みやすいですね。今でもウインザーチェアは人気があるのも分かる気がします。
今夏、長野市で見たウインザーチェア展もよかったです。今は東京の日本民藝館で開催中だと思います。

 DSC_0093

 こちらは同タイプの小型版です。間違って画像をアップしてしまいました。削除出来ないので見てください。

 長いベンチ、久しぶりに作りましたが楽しかったですね。どなたかオーダーして下さればいいんですが・・・

 

(01:17)

2017年11月14日


 DSC_0278 (1)

 あちこちで紅葉便りを聞きます。京都市街に出るのに通る高雄の辺りも紅葉狩りの人が沢山いらっしゃっています。道路が混むのが困るんですが仕方がないですね。皆さん。楽しみに来られているんで運転も気を付けて京都に好印象を持って貰いたいものです。で、うえの画像は我が家の楓です。5年前に植えた時は親指位の幹がいまでは野球のバットの太い方ほどに育ちました。今もこの記事を書きながら顔を巡らせると綺麗に見えます。

 DSC_0276 (1)

 今日は朝から雨です。(画像は2日程前の物です)雨に濡れているモミジも風情があります。暖かい部屋から見るのがいいですね。高雄あたりは今週末位がいいと思います。

 

(09:26)

2017年11月12日


 DSC_0264

庭の柿の実が沢山なっています。今年は当たり年のようで昨年より随分と多いです。
残念ながら渋なのでそのままでは食べられません。焼酎で渋抜き出来るようですがやったことはありません。邪魔くさくって・・年寄りでもいれば渋抜きしたり吊るし柿つくったりがちょうどいい仕事になるんでしょうね。

 DSC_0263

 ヤツデと一緒に撮ってみました。柿にピントが合っていませんね。田舎に住みだしてすぐの頃、道端の柿の実をもいで食べたらこれが渋柿で口が曲がるという表現があながち大袈裟でもないなと実感しました。大阪生まれの大阪育ちだったので柿に甘と渋があることすら知りませんでした。最近は近くの道の駅で買ってきたのを頂いています。  

(13:58)

2017年11月11日


 DSC_0272

庭の山芋の蔓に零余子が沢山出来ました。秋の楽しみです。ちぎったのをそのままでも食べられます。
山芋の味です。なかなか野趣があっていいですよ。塩を振って電子レンジでチンするともっと美味しいです。沢山あれば零余子ご飯もいいですね。

 DSC_0269


今日はあまり沢山なかったのでチンして御飯に載せてインスタント零余子ご飯で頂きました。

 DSC_0275

 DSC_0271

この下を掘れば山芋があるはずです。掘る気は全然ありませんが・・・
別に零余子がなければ困るようなものではないんですが飽きの楽しみですね。
家に居ながらいろいろと成り物をいただけるのは有難い限りです。 

(14:35)

2017年10月19日


食べるホウズキを頂きました。

 DSC_0011 (1)

ホウズキが食べられるとは知りませんでした。普通のホウズキとは種類が違うんでしょうか?
よくわかりません。味はなんと形容したらいいのかパイナップルみたいですが少し酸味があるかなあ。
野菜と言うよりは果物ですね。自分で買って食べるかと言われたら微妙ですね。




(18:23)

ダイニングテーブルをお作りしました。

DSC_0005 (1)

ご依頼主はシニアのご夫妻です。八ヶ岳の眺望が素晴らしい別荘用にお作りしました。ご主人は既にリタイアされて東京と信州を行ったり来たりされています。あまり大きなテーブルは必要無いとの事で1400mmx800mmでお作りしました。ナラ材のオイル仕上げです。天板は3枚矧ぎです。脚は四隅に柱が立つ形です。最近この形で作ることが多くなりました。四隅で踏ん張ってるイメージで力強い感じがします。実際、安定性もいいはずです。

DSC_0001 (2)

脚にも幕板(天板の下に付いているパーツの呼び名です。)にも少しアールが付いています。
直線ではどうしても硬いイメージになるので・・ 

DSC_0004 (2)

ご依頼主御夫妻は10月半ばに東京に帰られているはずです。来年5月にまた来られるそうです。
また、お伺いする予定があるので再会が楽しみです。


 

(09:45)

2017年10月17日


DSC_0011

庭のお茶の樹に花が咲きました。そんなに派手な花ではありません。ただこの時期は花が無いので
貴重です。普通、植物は花を愛でるか実を頂くかですが、お茶はやはり葉っぱです。
清楚で清々しい姿ですがあまり開花してどうとか聞いたことがありません。
少し可哀そうな気もします。

DSC_0013

そう思うといじらしいですね。
DSC_0010

 よく見ると可愛らしい姿です。


(00:36)

2017年10月02日



DSC_0050
 
ベンチを作りました。W2000  D530 H850 SH420mmです。かなり大き目のベンチです。少し狭いですが横になって寝られるベンチです。実は仕上げがまだです。拭き漆で仕上げる予定です、材は座板が栃の一枚板、背の笠木(一番上の水平に長い部分です)と脚はカエデ、背のスピンドル(丸棒です)はブナです。仕上がった後の画像もアップしますんで見較べてください。

(15:17)

2017年09月29日


昨日、工房の裏を少し散歩しました。何本か栗の木があります。

 DSC_0090
 
お隣の亀岡市あたりでは栗畑もあちこちありますが京北では見ませんね。丹波栗は結構有名ですが京北もそう気候が違うとも思えないけれどこちらでは見かけません。

DSC_0086

素手で取ろうとしたんですがトゲが痛くて無理でした。


DSC_0087

毎年、食べようと思うんですが取り忘れます。まあ動物が食べているようなんでいいかと・・・
秋は過ごしやすいし、いい季節なんですが後に控えている冬の寒さを思うと気が滅入ります。
DSC_0092

来年こそ食べたいですね。

(08:18)