2020年03月25日





 img20200322143502555209

 



 楽しみにしていた月末の京響定期がコロナでキャンセルになりました。来月以降はどうなんかなと京響のHPを見ると無観客公演をライブ配信するそうです。28日(土)2時30分からです。プログラムはシューベルトの5番、マーラー4番です。嬉しいですね。





kso hirokami  light Photo Greg Sailor




指揮の広上淳一さんです。





643 Mari Moriya (c 武藤 章)




森谷真理さんです。おととし、びわ湖リングのジークリンデを聴きました。今年の神々でもグートルーネを歌われていました。ルックス良し、歌唱良しのソプラノです。今年はランメルモールのルチアのルチアを歌われます。狂乱の場が有名な難役です。残念ながら東京での公演です。何か仕事を作って行きたいですね。そのころにはコロナも落ち着いているでしょう。とりあえずは28日の配信が楽しみです。カーテンコールというサイトを開いてメールアドレスを登録すれば見られます。是非、ご覧ください。





(07:53)

2020年03月24日





 DSC_0083




 今日はいい天気ですが風が冷たいです。三月も後、僅かになりました。庭の梅の花は殆ど散ってしまいました。




 DSC_0072




DSC_0070





初夏の梅の実が楽しみです。





DSC_0076





DSC_0078






藪椿が満開です。何があろうが、季節は進んでいきます。暫くは辛抱です。

  

(14:22)

2020年03月23日





DSC_0060 (1)





 高山寺の市営駐車場の周りの桜が開花しました。昼前のニュースでは京都の開花が確認されたそうです。例年より5日早いそうです。駐車場には数台の県外ナンバーが止まっていました。やっぱり自粛疲れなんでしょう。あるいは広いお寺ならリス子は低いと思って郊外のお寺に来られているのか・・・




DSC_0061 (1)





DSC_0056 (1)





DSC_0063 (1)






不要不急の外出は控える方がよさそうです。ブログで京都のお花見をお楽しみください。 

 

(14:29)

2020年03月22日





 DSC_0714




 例年なら四月の桜の頃に咲く高雄のツツジがもう咲き出しました。ここ数日、20度越えと暖かかったせいもあるようです。




 DSC_0716





たまたま、この画像を撮影した時に市バスの運ちゃんがバスを止めて、その陰でタバコを一服していました。さぼっとるなと思って知らん顔で通り過ぎようとしたら向こうからおはようございますと声をかけてきました。コロナで高雄の方に来る人も少ないでしょう?と聞くと、この連休は市内は人も車も多いですよと以外な答えが返ってきました。渋滞で遅れが出る位だったそうです。さすがにコロナ自粛疲れですかねえと話すとバスに乗り込んで市内方面に走っていきました。一服を邪魔して悪い事をしました。 

(14:59)

2020年03月21日



 京響の3月定期公演がコロナウイルスで中止になりました。なかなか決まらなかったんですが19日の専門家会議の結果を踏まえての決定だったようです。あまり演奏されないマーラーの4番だったので楽しみにしていたんで残念です。終楽章に入るソプラノ独唱は森谷真理さんの予定 でした。





moriya-438x580




美人です。が、この画像ちょっと前のものです。今はもう少しふっくらされています。私は一昨年のびわ湖リングのワルキューレでのジークリンデで実演にふれました。その時はお名前も存じ上げていませんでした。上手やなあと思いました。今年の神々でも2日目のグートルーネで出演されていました。こちらはライブストリーミングで観ました。マーラー4番ではお一人で歌われるので楽しみにしていたんですがウイルスには勝てません。またの機会を楽しみにしておきます。

(18:32)



 DSC_0067





 庭の藪椿がたくさん咲いています。京都は今日も20度越えらしいです。昨日通りがかった高雄では桜がほころんでいました。いよいよ春本番です。





DSC_0064




何かと窮屈な世の中ですが、暫くは我慢です。
 
 

(15:12)

2020年03月20日



 DSC_0130




 FOSTEX F120Aが届きました。立派なルックスです。フレームはステンレスだと思いますが分かりません。分厚いメタルフレームです。103Aのフレームもこんなふうにして欲しかったですね。



 
 DSC_0120




マグネットがゴツイです。アルニコです。アルニコとはアルミニウム、ニッケル、コバルトと並べただけの名前だそうです。芸の無い名前です。このユニット、手に持つとずっしりと重いです。バッフル板もしっかりとした板が必要です。




DSC_0121





コバルトは希少金属です。世界の半分の産出量のあるコンゴ共和国の最大の鉱山を中国が買収したそうです。リチウムイオン電池につかわれるので価格が高騰しているようです。






DSC_0124





103Aと比較すると振動板面積も大きそうです。作りもよさそうです。どんな音か試聴が楽しみです。

(15:32)

2020年03月19日





 DSC_0703




 今日は四月の陽気らしいです。暖かすぎてぼーっとしそうです。本当なら、待ち遠しかった春の到来ですが、今年はウキウキしません。友人とのお花見もやめようかと言う話しが出ています。萎縮しすぎるのもどうかと思いますが君子危うきに近寄らずです。




 DSC_0707




 大人しく庭で花見が無難そうです。

(14:18)

2020年03月17日




 000000721305200500_10203



 FOSTEX F120Aのエンクロージャーのオーダーを頂きました。103Aと迷っておられたんですが120Aにされました。FOSTEXのHPを見ると10Lのバスレフがお勧めのようです。そういう訳で10Lのバスレフに決定しました。材はブラックウォールナット材です。このユニット、残念ながら未聴です。実はもう製造中止です。再登場も望み薄です。制作者の役得で試聴出来るので今から楽しみです。制作の様子をアップしていきます。乞うご期待

(16:34)



 f875668430fdf3de221fbea14ea73523
 

 よのなかよ 道こそなけれ 思い入る 山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる

最近、憶えました。藤原俊成さんの歌です。生きているとままならない事ばかりだなあ。山奥でひっそり暮らそうと思っても雄鹿が雌鹿を恋しがって鳴いているしみんな悩みがあるなあ。適当な訳ですがこんな意味です。この人、和歌界のスーパースター定家さんのお父さんです。父親が早逝し、公家社会では苦労したようです。そんな実生活での実感を詠んだのかなあと思います。






42r-674x1024




恋愛の歌が多い百人一首ですがこんな歌もあるんですね。人の心は千年前でも同じです。百人一首を憶えるのは遅々として進んでいません。この歌もなかなか覚えられませんでした。道こそなけれ 思い入る の思い入るが憶えにくかったです。奥に入るとよく間違えました。若い頃に比べると物覚えは確実に悪くなっています。和歌を憶えるのはとにかく音読するのが一番です。仕事をしながら、運転しながらやっています。それにしても、学生の頃、あんなに嫌いだった古典が好きになるとは、我ながら笑ってしまいます。あえて言わせてもらえば文法や通り一遍の解釈ばかりで作者の人間性など感じられなかったのが面白くなかった原因だったかもしれません。まあ、人生の機微のわからない中学生には難しいかもしれませんが・・・

(12:08)