2018年06月12日


 DSC_0012 (1)


 庭の半夏生です。だいぶ大きくなってきました。去年から余り増えませんでした。

 DSC_0013 (1)

 地下茎で 冬を越します。葉の裏が白くなって涼し気な姿が早く見たいものです。

(19:25)

2018年06月11日


 DSC_0001 (1)


 庭のアマネランが開花しました。昨年、道の駅(ウッディー京北)で400円で買いました。地植えしたんですが冬に枯れてすっかり忘れていました。今年も可憐な花を見られて嬉しい限りです。

 DSC_0002 (1)

今年はしっかり草刈りをしたんでよく見えます。

 DSC_0009 (1)


保護色で見えにくいんですが子ガエルが葉の上にいました。何を考えているんでしょう。多分、お腹へったなあとかでしょう。 

(18:47)

2018年06月10日


 DSC_0060

昨日、家に入ろうと建具に手をかけるとなにやら緑の物が目に入りました。大きなカエルです。用心のために終夜点けている電灯に引かれて集まる虫をたらふく食べたようです。いるのは全然かまわないんですが何かの拍子に戸に挟まると危ないので丁重にお引き取りいただきました。どこに行ったのかわかりませんがまた出てくるでしょう。ムカデや蜂はかないませんがカエルは害も無く可愛いんで再会を楽しみにしておきます。 

(15:09)

2018年06月09日


 DSC_0029

 テーブルの脚です。ポニークランプで圧着中です。水性ウレタン系の接着剤を使っています。一般的な酢酸ビニル系の接着剤(いわゆるボンドです。白ボンドとも言います。)よりは充填性もあるし接着力も強いと思います。乾燥後は白くなるので、丁寧に拭きとらないといけません。透明になってくれたらいいんですが・・・出来ないのかなあ? 

(14:27)

2018年06月01日


 DSC_0048 (1)

 ナラ材でダイニングテーブルをお作りしています。W1500 D830 H700です。天板は板目の三枚矧ぎです。多分ロシア材ですね。今や日本にはいいナラの原木はありません。ところが最近はロシア材も中国に買い負けして確保するのが難しくなっているそうです。ヨーロッパのナラ材も少しは入っているそうです。今後は北米のオーク材にシフトせざるを得ないでしょうね。かって潤沢にあった材もどんどん枯渇しています。大事に使わないといけません。

 

(15:16)

2018年05月31日


 DSC_0044 (1)

引き出しが完成しました。大中小と三つ作りました。引き出しはきちんと出来て当たり前です。何かと気を付ける部分が多いのであまり作りたくありません。やっぱり椅子が面白いですね。

 DSC_0046 (1)

引手も作りました。凝り過ぎずさりげない雰囲気にしました。オイルを塗るとナラとの色の差が際立ってくると思います。後はオイルを塗って完成です。また画像をアップします。 

(14:55)

2018年05月29日


 DSC_0011 (5)

庭の梅の実です。だいぶ大きくなってきました。自然に落ちるのもあるので何時頃収穫するか悩ましいです。

 DSC_0010 (3)

 フンデルトヴァッサーじゃないけれど自然界には直線は存在しませんね。実や卵が球形というのは最小の表面積で最大の体積になって強度もあるんでしょう。立方体や円筒形の実や卵はありません。球形が理にかなっているんですね。

 DSC_0009 (4)
 

 色も爽やかでいいですね。もっといいのは梅干しになっておにぎりに入れて食べるときですが・・

(15:44)

2018年05月28日


 DSC_0022 (3)

 ロードレーサー用のインフレーターを買いました。アマゾンで3000円程です。こういう物は安くなりましたねえ。しかもアマゾンでポチっとすれば翌日には届きます。こんなに便利でいいのかと思います。

 DSC_0024 (5)

空気圧のゲージもついています。全体の造りは安っぽいです。まあ値段が値段なんで仕方ありません。自転車もあまり乗れていないんで空気を入れてまた走りましょう。

(13:35)

2018年05月27日




 DSC_0003 (1)

 引き出しの引手です。木製で勿論自作です。材はブラックウオルナットです。W110 D30 H30です。前板とはドミノを使って接着します。ドミノはドイツの工具メーカー、フェスツールが開発したホゾ加工用の電動工具です。手前の四角いチップを本体の長円の穴に差し込んで使います。チップはブナの圧縮材でボンドの水分で膨張してしっかりと接続できます。

 DSC_0016 (4)

こちらが前板です。ナラ材です。

 DSC_0008 (3)

ドミノカッター、DF500です。これは便利です。改めて別稿で詳述します。

(13:21)

2018年05月26日


 間工作舎さんの仕事で使う真鍮のつまみを探していました。たまたま、別件で行った金物屋さん(ミツギ)でオリジナルのつまみがあったんで入手しました。

 DSC_0005 (5)

 H15 10~7パイです。400円程です。裏からM4のボルトで止めます。こういう小さなパーツになかなかいいのが無くて苦労します。たとえば、キャビネット用のマグネットキャッチなどろくでも無いデザインの物しかありません。仕方がないので磁石を買って自作しています。引き出しのハンドルもいいのがありません。こちらも木で自作です。いい既製品があれば楽なんですが・・このつまみはテーブルの一部の真鍮部品に取り付けます。日本酒を飲ませる店です。お店が出来たら飲みに行く予定です。またアップします。

(14:12)