2020年01月05日




 DSC_0073




 今年の仕事始めです。あるお宮さんの初参りのお土産セット用のスプーンを作っています。形を作ったスプーンの中を丸ノミで彫ります。大き目の玄翁で叩いて彫ります。どんな赤ちゃんが咥えるのか想像しながら作っています。



 DSC_0069




丸ノミです。凹の部分用に 刃が曲がっています。スプーン作りには不可欠です。



 DSC_0071



玄能です。ゲンノウと読みます。早い話がハンマーです。なんでも鎌倉時代の曹洞宗のお坊さん玄翁が那須の殺生石を杖で砕いたという伝説から鉄製で両頭が平らなハンマーを玄翁と呼ぶようになったそうです。この玄能も長い間使っています。いい道具は長く使えます。世の中は明日から本格的に動き出しそうです。明日からは平常通り働きます。





(19:30)

2020年01月04日




d0249678_1481278





 ウィーンフィルのニューイヤーコンサートを見ました。今や、すっかり元旦の風物詩です。もしかして俳句の季語にもなっているんでしょうか?今年は今売り出しのアンドレアス、ネルソンさんが指揮者でした。40デコボコの若い指揮者ですがいい出来でした。ラストは例によって美しき青きドナウとラディツキー行進曲です。青きドナウ を聴くと反射的に思い浮かぶのが2001年宇宙の旅の地球から月に向かうシャトルがステーションに到着するシーンです。映画は冒頭から原人の群れの描写が続きます。そこにモノリスが現れて原人が道具を使い出す事を暗喩しています。原人の一人が空中に放り投げた獣の骨が宇宙空間のシャトルに変わります。月面で発見されたモノリスの調査に向かう科学者が乗っています。地球と月を周回している宇宙ステーションとの間に定期航路があります。航空?会社はパンナムです。ステーションは重力を発生させるために回転しています。中心の発着場に入るためにシャトルが機体を回転させてステーションと同期して着陸します。その特撮の美しさと、リアルさに圧倒されました。50年前のsくひんとは思えません。2001年宇宙の旅は特撮技術と内容の深さで永遠のSF映画の金字塔です。まだ見られて無い方、必見です。

(18:03)

2020年01月03日




 DSC_0055




 正月も三日目です。元旦からいい天気でそう寒くも無く穏やかな三が日でした。元旦、二日とある神社にご奉仕に行って来ました。普段お世話になっているのでせめてもの恩返しです。



DSC_0057





DSC_0059




庭の槇(マキ)の木です。新しい葉が出てきています。常緑の樹でも葉は入れ替わっています。広葉樹の様にすべての葉が一度に落葉はしません。進化上では広葉樹のほうが進んでいるそうです。マキノキは材にするといい香りがします。マキ風呂はヒノキより断然上等です。この樹は何度か切ろうかと思いましたがそれも可哀想なので未だに庭にあります。木を切るのも案外と難しいもんです。思い返せば、嬉々として巨樹、巨木クラスの材を沢山使ってきました。人間、勝手なもんです。



(16:39)

2020年01月01日



 明けましておめでとうございます。旧年中はお世話になりました。本年もよろしくお願いいたします。
年々、正月らしさが無くなります。私はここ数年、お正月にはあるお宮さんのお手伝い をさせて頂いています。しっかりと正月気分を味わわさせて頂いております。仕事初めは4日からかなと思っています。




DSC_0083




庭の梅です。開花の頃には暖かくなるでしょう。一年間、無病息災で頑張りたいものです。

(00:30)

2019年12月31日




 今年もあと8時間程で終わりです。一年間、私の拙い文章と画像にお付き合い下さり、心からお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。来年も宜しくお願い致します。



DSC_0091



庭の藪椿の蕾です。植物はきちんと準備をしています。私も来年は準備を大切にしたいと思います。(あくまで願望です)

では、皆様

 よいお年をお迎えください。

(16:08)


  DSC_0058 (2)



  先日、アマゾンで買ったデジタルアンプをスマホとブルートゥースで接続して音楽を楽しんでいます。木屑だらけの工房で使っています。設定も簡単でした。ノイズ無しで色々なラジオ番組やYouTubeの音楽が聴けるので満足です。画像は1951年のバイロイトでの神々の黄昏を聴いています。指揮はクナッパーツブッシュです。51年の録音にもかかわらず結構いい音質でびっくりしました。バイロイト音楽祭が再開された記念の公演の記録です。



 4d146cee




EMIとデッカとの間の権利関係など様々な大人の事情で50年後に発売されたという曰く付きのCDです。そもそも私がワーグナーを聴きだしたきっかけがクナッパーツブッシュでした。日曜日の午前中に諸石幸男さんが解説をされていたFM番組でクナのワーグナーを取り上げていました。それまでにも、勿論ワーグナーは知っていました。が、長い、重い、暗いの三冠王くらいの認識で自分からは聴きませんでした。ところが、これは凄い音楽やなあと教えられた次第です。早速、ベームの全曲盤(CD14枚です)を買って、25連のCDチェンジャーで毎日通して聴きました。それから坂道を転がるようにワーグナー沼にはまり込んでしまいました。今では首までどっぷり浸かっています。



DSC_0060 (2)




このデジタルアンプ、音質はまあまあですが、何といってもお安いのがいいです。4000円程です。
ただ、一点不満なのは電話がかかってきてもわかりません。まずは通話の為の道具なので考え物です。対策として一時間に一回位着信記録をチェックしていますが、何か対策はあるんでしょうか?


 

(15:16)

2019年12月30日



DSC_0073



 今年も押し詰まってきました。今日は30日です。雨模様で暖かい年の瀬です。
正月や 冥土の旅の 一里塚 めでたくもあり めでたくも無し
子供の時分は正月にはどこもかしこもお休みでした。最近は元旦から空いているお店も多く普段と変わりません。すべての面で季節感が希薄になってきました。



DSC_0077




最近導入した18~200mmレンズで撮りました。200mmの望遠です。手振れ補正が付いているので手持ちでシャッタースピード125位ですがブレていません。オートフォーカスと手振れ補正機構で若干重いレンズですが使えます。
  

(15:29)

2019年12月28日




DSC_0058 (1)




 工房の裏のススキです。まだ枯れません。逆光できれいだったので撮影しました。



 DSC_0061 (1)



レンズをNikon純正に変えました。オートフォーカスに手振れ補正付きなので簡単に撮れます。フィルム時代からは隔世の感があります。何十枚も、バシャバシャ撮って、いいのを選ぶんで楽なもんです。なんでも簡単になります。写真もスマホで撮るのが当たり前になりました。私はやっぱりファインダーを覗いて撮りたいので一眼レフを使っています。スマホで手を伸ばして撮るのにどうしても違和感があります。何年かしたらそういえば一眼レフなんて昔あったなあと言われるんでしょうね。

(12:02)

2019年12月26日




  DSC_0055 (2)



 昨日の夕方の西の空です。京北のあたり航空機の航路になっているようです。夕方は東から西に向かって飛んでいる飛行機をよく見かけます。あの中に人間が座っていると思うと不思議な気がします。理屈では当たり前なんですが・・・


 

DSC_0057 (2)




飛行機雲の痕跡ですね。





DSC_0058



昨日の夕景でした。今日は雨模様です。まだ、暖かいです。クリスマス寒波は来ませんでした。スキーによく行っていた頃は正月の天気や降雪が気になりました。最近、ご無沙汰です。ここ数年はある神社のお手伝いに行きます。そういう意味でやはり正月の天気は気になります。お天気になるといいんですが・・・

(16:21)

2019年12月25日




 DSC_0236



 いい天気です。朝は冷え込んで霜で真っ白でしたが、日中は暖かくて穏やかです。



  DSC_0229




お隣の柿です。渋柿ですが甘くなっているかもしれません。



 DSC_0227



やはりお隣の春楡(ハルニレ)です。たまーに材木市でニレを見かけますが狂いやすいので安いです。色もくすんだ感じであまりぱっとしません。ケヤキの仲間なので大きくなります。



DSC_0226



今年も後一週間です。仕事納めまで頑張ります。
 

(15:12)