2017年05月07日


 DSC_0002

庭の山椒の若葉です。きれいです。残念ながら実の成らない樹です。オスの樹ということなんでしょうか?

DSC_0004

ちょうど真ん中に花が付いています。

DSC_0005

筍のお供にぴったりです。

DSC_0006

今年も山椒鍋を楽しみました。美味しかったですよ。





(15:50)

2017年05月01日


 DSC_0022 (5)

庭の皐月が咲きだしました。何という種類か知りませんが色が派手すぎてあまり好きではありません。それでも
毎年咲くので切るわけにもいきません。

DSC_0023 (5)

DSC_0029 (6)

庭木も自分で買ってきて植えたものは思い入れもありますが、元からあったものにはイマイチ感情移入出来ません。先月買った八重桜の苗木を植えこむのが今から楽しみです。



(14:57)

2017年04月27日


414bbd8AqIL__SX310_BO1,204,203,200_

今年は応仁の乱が始まって550年とかで関係の本が色々でているようです。中学、高校の歴史で習いましたが
山名氏と細川氏が東西にわかれて戦ったくらいの理解でした。珍しく歴史関係でベストセラーになったのと新聞の書評欄で見て読んでみようと図書館に予約しました。同じような人が沢山いたようでずいぶんと待たされましたがやっと読みました。登場人物がいっぱいでなかなか複雑です。要するに有力大名の跡継ぎ問題と室町将軍家の跡継ぎ問題が絡まり、それぞれの思惑とで気がついたら11年も戦争してしまったという事です。絶対的な権力者がおらず、時の将軍足利義政もみんな自分の言うことを聞かないもんだから文化に入れあげてしまったのも理由の一つでしょう。京都の住人にしたら大迷惑だったでしょう。結果的にはほぼ丸焼けですから・・・
筆者は込み入った話をわかりやすく書いてくれて面白く読めました。お勧めです。



(01:00)

2017年04月21日



 DSC_0021 (3)

庭の躑躅が咲いてきました。春爛漫です。とは言え、ここ二三日は肌寒い日が続いています。

 DSC_0019 (3)

 ここ最近、花の記事ばかりですが仕事もしています。今はサイドボードを作っています。花好きのご隠居と間違われたらいけないので・・・念のため。

 DSC_0017 (3)

 サイドボードの画像が早くアップ出来るよう頑張ります。


(14:15)

2017年04月20日


DSC_0032 (1)

高雄の躑躅です。山一面に咲いて見事です。京都から周山街道を京北方面に走って、高尾パークウェイの入り口を過ぎて、神護寺に下る参道を過ぎすぐのバス専用駐車場からよく見えます。

DSC_0002 (5)

杉と躑躅の対比がいいですね。

DSC_0007 (5)

例年、今頃楽しませて貰っています。躑躅は花が長いのでもう少しは大丈夫でしょう。

DSC_0008 (5)

四季折々、色んな姿で楽しませてくれる自然に感謝です。



(01:06)

2017年04月17日


DSC_0014 (3)

魚ヶ淵の桜が満開です。早朝に撮った画像なので色がイマイチきれいに出ていません。
元々、この桜は少しくすんだような色ですが・・・

DSC_0015 (3)

ちょうど満開です。今日の雨風で散らなければもう少し楽しめそうです。

DSC_0011 (3)

隣に染井吉野があります。枝垂れ一本のほうがいいと思いますが、樹の形の違いが際立ってこれはこれでいいかもしれません。枝垂れは下に入ると花のドームのようできれいです。

DSC_0005 (3)

花が滝のように流れています。なんだかんだ言っても桜はいいですね。


(19:58)


 ご近所の枝垂れ桜が咲き始めました。

DSC_0006 (2) - コピー

この樹は少し赤みがかった花が咲きます。そんなには大きな樹ではないのですが可憐な感じで好きな樹です。

DSC_0002 (3) - コピー

まだ、ほとんど蕾です。一分咲きくらいですね。

DSC_0005 (2) - コピー

この樹のある家は売り家で前が府道になっています。結構なスピードで車が走っていくので気に留めている人もほとんどいません。少し可哀そうな気もしますが、当の桜は毎年、律儀に咲いて楽しませてくれます。
出来ることなら家の庭に移植したいくらいです。

DSC_0007 (3) - コピー

一週間後くらいが満開でしょう。楽しみです。


(00:44)

2017年04月15日


 DSC_0026 (1) - コピー

 庭の白椿が満開です。1月の大雪で屋根から落ちてきた雪の下敷きになって全体が傾いています。一部、枝が折れたので添え木をしてガムテープでぐるぐる巻きにしました。それでも折れた枝の先にも花が咲いてなんとか回復しているようです。

DSC_0031 (2) - コピー

白い椿は咲いた直後が一番きれいですね。すぐに茶色の斑点が入ってしまいます。

DSC_0020 (2) - コピー

もっといろいろな種類を植えたいですね。いっぱいあるみたいです。


DSC_0021 (2) - コピー

この椿が咲いて、コブシが咲くと京北も春本番です。背伸びして体を伸ばしたい気分です。


(15:53)

2017年04月14日


 京北、魚ヶ淵の枝垂れ桜の様子です。やはり京都中心部に比べるとだいぶ遅いです。

DSC_0058

なかなか立派な枝垂れです。

DSC_0073

この桜上桂川に架かっている吊り橋のたもとにあります。昨年は吊り橋の基礎が流されたとかで立ち入り禁止でしたが今年は渡れます。
DSC_0069

DSC_0062

DSC_0061

DSC_0060

DSC_0076

DSC_0065

不便なところにあるので、見に来られる方もまばらですがこの時期京北に来られることがあれば是非お立ち寄りください。静かにお花見ができます。



(01:18)

2017年04月04日


DSC_0004 (2)

 今日は暖かい一日でした。わりと寒い日が多かったので梅の花も長持ちしてくれましたが
流石に散り始めました。これはこれで風情があります。どんな花でも散るからいいんですね。
桜でもあっと言う間に散るからいいんでしょう。百日紅なんて熱い盛りに延々と咲いているので
あまり好きになれません。

DSC_0002 (2)

少し散りだすと花びらの下の紅い部分が見えだして艶めかしいです。

DSC_0003

今朝のテレビで醍醐寺の枝垂れ桜が五分咲きなんて言ってましたが京北の桜は当分咲きそうにありません。
田舎に住んでいると地元の花が遅いので長い期間お花見が楽しめます。

DSC_0005 (1)

週末は友人と玉川(木津川市)でお花見です。雨が心配ですがちょうど満開くらいでしょう。
人出が多いでしょうが仕方ありませんね。


(23:59)