2018年07月27日


 DSC_0012 (1)

 取っ手をお作りしました。ヤマザクラ材です。W120H290 D25です。ガラス塗料仕上げです。
ラーメン屋さんのドア用です。女性にも来ていただけるおしゃれなラーメン屋さんです。
数日前にアップしたブラックウォールナットの取っ手の居酒屋さんの2階です。

 DSC_0013 (1)

やはりスチールのドアにボルトで取り付けます。
初めて取っ手をお作りしましたが取り付けをどうするかいろいろと考えました。普段と違う仕事は面白いですね。と言いつつ、暑い盛りに取り付けに行ったんでバテました。

(17:39)

2018年07月26日


 DSC_0015 (1)

 あの豪雨が嘘のように澄み切った上桂川です。鮎師もちらほらと見かけます。こんな日に川に入っての釣りは最高でしょう。(本当は冷たかったりして‥)  

 DSC_0017 (1)

自然は色々な貌を見せてくれますね。所詮、人間の考えなどしれてます。
 DSC_0020 (1)

川遊びなんて何十年もしていませんが足を浸けると気持ちよさそうです。子供なら可愛いけどおっさんがしてると何か探し物でもしてるんかと思われそうです。

(17:26)

 DSC_0033 (2)

 昨日の落日です。午後から雲が出てきました。今日も曇りがちです。暑さも少しはましです。先週土曜日、ドア の取っ手の取り付けに大阪での現場仕事に行ってきました。一日屋外での仕事で(大阪の最高気温は36度でした。現場は都心の西本町だったので体感温度はもっと高かったようです。)バテました。そのせいか翌日、食あたりを起こしてしまいました。冷麺の卵焼きが悪かったかなあ。本調子では無いんですが、まあなんとか回復してきました。暑い時分に無理は禁物ですね。皆さんもご自愛ください。

(14:06)

2018年07月25日


 DSC_0009 (1)

 居酒屋のドアの取っ手をお作りしました。ブラックウォールナット材です。W140H180D30です。実はこのお店のカウンターやテーブルもブラックウォールナットでお作りしました。スチールのドアに取り付けます。

 DSC_0010 (1)

8mmのボルトでしっかり固定します。8月末、オープンだそうです。美味しいお酒を飲ませてくれるでしょう。
 

(17:11)

2018年07月24日


 45470_main

 もう20年以上前になりますが、納品で長崎まで行きました。大阪芸大の建築の先生の設計の海の見える別荘でした。現地の工務店の社長さんに卓袱料理を御馳走になりました。味はよく覚えていませんが、中華と和食のミックスだったような記憶があります。で、大阪芸大の先生は帰られたんですが、私は2~3日遊んで帰ることにしました。レンタカーを借りて天草、熊本、阿蘇、大分と回って帰りました。天草の鄙びた港でフェリーを待っている時、岸壁から釣り糸を垂れている人の姿がありました。平日、昼日中からのんびりと釣りをしているとは暢気な人もいるなあと思いよく見ると何か見たことのある顔です。 あ、常田さんやと思い少しだけお話しました。内容は忘れました。天草の鄙びた港の昼下がり、たしか季節は夏でした。時間の止まったような景色と、釣りをしている常田さんのキャラクターがぴったりフィットして印象に残りました。つい、最近訃報に接してその記憶が蘇ってきました。景色や食事もいいんですが、旅の楽しさは人との出会いに尽きます。ご冥福をお祈りします。


(14:05)

2018年07月23日


 DSC_0005 (1)

 毎日、暑いですね。昨日の夕方、工房を出ると雲が輝いているように見えました。デューラーの木版画のような空です。早速パチリとしました。それにしても京都は毎日38度越えです。夕立もありません。もう笑うしかありません。 

(13:43)

2018年07月20日


 DSC_0083


 庭の茗荷です。もう実?は出来てるんでしょうか?一度、見ないと・・・実というか花なんでしょう。素麺には最高です。

 DSC_0085

畳一畳程ですが結構取れます。収穫して一分後には食べられるんですから贅沢と言えば贅沢です。
狭い庭ですが梅やら山椒やらミョウガやら楽しませてもらっています。 

(15:37)

2018年07月19日


 店村さんはN響におられました。(N響アワーでよくお見掛けしました。)その後、京響でソロヴィオリスト をされています。日本のトップクラスの奏者です。
この曲、どちらかと言うとチェロで演奏されるようです。私も昨年、青山記念館でマリオ、ブルネロの演奏を聴きました。ヴィオラの演奏に慣れてしまったからなのかすごくいいなあとまでは思いませんでした。前の方のマリオさんに近い席だったので充分楽しめましたが・・・

15079045_1167908133246664_2030588895704285923_n

余り室内楽は聞かないんですがたまにはいいですね。そして青山記念館バロックザールですが、室内楽専用のこじんまりしたすごくいいホールです。是非、一度足を運んでみてください。
                      


(15:58)

2018年07月18日


 Arpeggione_Henning_Aschauer_1968

 このギターのような楽器、アルぺジョーネと言います。6弦です。ヴァイオリンやチェロのように弓で弾きます。1820年代にウィーン で発明されたそうです。シューベルトがどうやら発明者から委嘱されてアルぺジョーネソナタを作曲したようです。ところが、この楽器あまりと言うか殆ど普及しなかったようです。楽器も曲も忘れ去られていたんですが、シューベルトの没後だいぶたって再び脚光を浴びたときにはアルぺジョーネ奏者がいないという数奇な運命をたどった曲です。まあ無い楽器では演奏出来ないんでチェロやヴィオラ用に編曲した曲を今日我々が楽しんでいるというわけです。で、昨日、NHKFMのベストオブクラシックを聴いていると、なんと珍しい本来のアルぺジョーネを使った演奏でした。名前は失念しましたがフランスのチェリストが弾いていました。だいぶ練習したんでしょうか?この曲は好きな曲の一つです。まだクラシックをそんなに聴きこんでいなかったころ、大学の先輩でずいぶんお世話になった方に店村真積さんのヴィオラのプライベートコンサートに連れて行って貰いました。数メートルの距離での生演奏というなんとも贅沢な時間でした。その時のプログラムの中にこの曲が入っていました。CDも買って愛聴盤です。

100000009002877725_10204
先輩の友人がミラノに留学していた時に店村さんと知り合ったとかでご縁が出来たようです。

続く

 



(23:51)

2018年07月17日


 DSC_0004

 上桂川もほぼ平常に戻りました。鮎師もちらほら見かけます。あの濁流の中でもどこかにいたんですね。てっきり下流まで流されてしまったと思いました。

 DSC_0003


岩の影にでも潜んでいたんでしょうか?逞しいもんです。逆境でもじっと耐えて復活する。それでも最後は釣られてしまう。ちょっと悲しい気もします。来年は鮎釣りに挑戦します。 

(14:58)