2020年03月16日




 DSC_0105






 夜来の寒さで今朝はうっすらと雪化粧です。明日は天気が回復して明後日からは四月の陽気らしいです。今冬、最後の雪かもしれません。







DSC_0109






DSC_0107

  


梅も散っています。桜と交代です。今年は年中行事の友人とのお花見はどうなるんでしょう?コロナでわかりません。屋外だし、ぎゅうぎゅう詰めでするわけでも無いので大丈夫だと思いますが、世間の自粛ムードがねえ・・・幹事さんに一任なのでどうでしょうか?

(14:23)

2020年03月15日



  51k7cov6KJL._SX339_BO1,204,203,200_
 



 今、読んでいる本です。中国東北部(いわゆる満州、内モンゴル)を舞台にしたロシア、清、日本の利権争いを鉄道を通して描いています。更に英、仏、米もなにかとちょっかいを出してきます。日清戦争、日露戦争、満州事変、日中戦争、太平洋戦争と長々と戦争が続きました。むき出しの帝国主義のぶつかり合いです。満州事変に関する本は何冊か読みましたが、その以前のロシアが鉄道を中心に進出していた事などはこの本でよく解りました。日本は日露戦争に勝利して賠償として南満州鉄道を得ます。考えてみたら、鉄道がそこに自然にあるはずもなく誰かが何かの目的で作った訳です。ロシアにしたら苦労して敷設した鉄道をぶんどられたのは腹に据えかねたでしょう。清は清でロシアとの不平等条約で長年苦しめられました。日本は日本で国際社会から満州、中国から手を引けといわれても無視を続け孤立化し挙句の果ては成算の無い戦争に突入しました。とどのつまりは無条件降伏です。明治維新からの積年の矛盾を敗戦、占領で一気にリセットしたようなもんです。私は将来の為には過去に学ぶべきだと思います。そのためには特に東アジアの近現代史は大事です。ところがなかなか学校では教えてもらえません。この本は満州の通史として優れていると思います。東アジアの近現代史に興味のある方は是非ご一読ください。

(18:39)

2020年03月14日




 DSC_0072 (1)




 庭の藪椿が 次々と開花しています。




 DSC_0071 (2)




この椿の樹はすごく大きいので相当の数の花が咲きます。花が咲けば実もなります。今年は実を集めて椿油を作っても面白いかもしれません。何か簡単に絞れる方法があるのでしょうか?

(23:29)

2020年03月13日




DSC_0100



 家の裏手にある梅がやっと開花しました。そう陽当たりが悪くも無いんですが開花が遅いです。




DSC_0097




大器晩成です。



DSC_0092




世の中は気が滅入るような話題が多いですが花は季節を裏切りません。どんな事にも終わりはあります。元気出していきましょう。  

(14:49)

2020年03月12日




 DSC_0071 (2)




 

 庭の藪椿がつぎつぎ咲き出しました。





 DSC_0068 (2)




地面に落ちた花もあちこちあります。もののあわれを感じます。 

(16:53)

2020年03月11日




 DSC_0062 (1)



 所用で周山まで出かけました。なんと弓削川の堤防の桜が開花していました。ニュースでも今年の桜は早いと盛んに言っていますが、まさか周山で開花しているとは・・・びっくりです。









DSC_0065 



後ろの建物は







  

(14:39)

2020年03月10日




 DSC_0063




 重宝に使っていたリョービのミニサンダーが突然死しました。うんともすんとも言いません。一応、ばらしてみたんですが断線している所も無さそうです。修理に出す事も考えましたがすぐに使いたかったのとサンドペーパーを付けるパッドもへたっているので買い替えました。実際、修理は時間もかかるし費用も案外高くつきます。今や便利な世の中でアマゾンでポチっとすれば翌日の午前中には手元に届きます。(実際に翌日午前中に届きました)私が駆け出しの頃は大阪の日本橋の工具屋さんまで出かけてましたから隔世の感です。まあそれはそれで楽しかったし、お目当てのもの以外でこんなモノもあるのかとかいい面も沢山ありました。時間はかかりましたが・・・京北のような田舎暮らしの身にはポチれば明日届くのは有難い限りです。



 
 DSC_0065




ペーパーを取り付けた状態です。パッドが楕円を描いて(オービタル)振動します。新品はメカニカルノイズも小さいし手に来る振動も少ないので快適になりました。早く傷む位仕事が出来たらいいですが、その前に体が傷みそうなのでボツボツやります。
 

(16:59)



  IMG_4088
 


 以前にSCANSPEAKの5cm用にエンクロージャーをお作りした方からメールを頂きました。実はつい最近にも103-A用のエンクロージャーをお作りしました。画像の大きい方です。何でも、友人の方と103-Aと105WKのトレード中とかで今は105WKが付いています。小編成やJAZZには105WKのほうがいいとおっしゃっています。




FF105WK_01




FOSTEX FE-105WKです。コーン紙の色が独特です。私は嫌いではありませんが、好みの分かれる所かもしれません。私はWKシリーズは未聴です。雑誌の制作記事ではWKをウーファーに使ったものを散見しました。低域の馬力があるのかもしれません。メールを送っていただいた方はWKが結構、気に入られた様です。





DSC_0078





こちらのブラックウォールナット材も気に入られたようです。いずれこの板を2枚に割ってフロントバッフルにした105-WK用の大き目のエンクロージャーをという御希望のようです。103シリーズはフレームが一緒なので103-Aも取り付けられるしたまには取り替えて何てこともお考えなのかもしれません。アンプに接続して音出しの瞬間のワクワク感はたまらないものがあります。オーディオ趣味は楽しいですね。








(11:21)

2020年03月09日




 DSC_0056 (1)



 暖かい日になりました。この陽気で梅が本当に満開です。 





DSC_0058 (1)





明日は雨になるそうです。散り始めるでしょう。





DSC_0057




テレビも新聞も連日連夜コロナウイルスのニュースばかりで嫌になります。困ったもんです。私のように田舎住まいで一人で仕事が出来る人間はいいんですが、会社員の方は大変そうです。通勤もリスクがあります。昨日、電話でお話した会社員の方はテレワークになったそうです。それでも会議などコミュニケーションをとるのはなかなか難しいと嘆いておられました。早期の終息を願うばかりです。

(16:39)

2020年03月08日




 びわ湖ホールの神々の黄昏 を見ました。公演は中止になったんですが、急遽無観客で行ってYOU TUBEでのライブヴューイングを行う事になりました。公演が迫っての中止だったんで準備万端ととのっていたんでしょう。配信ででも見られたのは良かったんですが、やっぱり劇場で観たかったなあと何回も思いました。



DSC_0076 (1)




DSC_0068 (1)





DSC_0081 (2)





DSC_0066 (1)





このオペラ、とにかく長いんで観る方も大変です。1時から30分の休憩を2回挟んで終わったのは7時前でした。劇場だと椅子に掛けてそんなに体も動かさないし疲れます。唯一、ライブヴューイングでよかったのはコーヒーを飲んだり、かりんとうをかじりながら見られる事です。




DSC_0067 (1)



ニーベルングの指輪は一応、主役はジークフリートとブリュンヒルデです。しかし神々の黄昏はハーゲンを中心に物語が進みます。こいつがなかなかの悪人です。指輪を自分のモノにするために悪だくみを企て、とうとうジークフリートを殺してしまいます。今回はジークフリートとブリュンヒルデは海外の歌手でしたが、ハーゲンは日本人の妻屋さんが演じていました。この人、190cmちかい長身で舞台映えします。バリトンの声もいいです。以前に、魔弾の射手の隠者、アイーダの司祭長を聴きました。ハーゲンもよかったです。上の画像の右端の人です。ジークフリートのテノールは大したことなく、ブリュンヒルデのソプラノはまあまあでした。ライブヴューイング自体はカメラ一台で舞台全体を映し、ズームも場面転換もありませんでした。あまり凝ったカメラワークで気が散らずこれはこれでいいなと思いました。ただ残念な事に、字幕がありませんでした。3幕の初めに一瞬字幕のプロジェクターが映りこんでいました。画面の端っこにでもなんとか入れられなかったんでしょうか?終演後のカーテンコールもありました。思わず画面に向かって思い切り拍手してしまいました。まあ欲を言えばきりがありませんが、こんな形でも公演が観られたのは良かったと思います。関係者のみなさんには感謝しかありません。とにかく新型コロナウイルスが早く終息して欲しいです。皆さんも免疫力をアップして乗り切りましょう。(画像はパソコンの画面を写したものです)

(17:35)