2018年11月15日



 DSC_0075 - コピー


 Alpair10Pのエンクロージャーの制作にかかりました。材はヤマザクラです。長さは七尺(2,1mくらいです。材木の業界ではそこそこの年配の人は今でも尺貫法です。)の九分(27mm)板です。私が駆け出しの頃は尺、分が当たり前でした。体積は立米でしたが年配の方は石を使ってられました。さすがに今の若い人はメートル、センチを使っているようです。私なんかは尺三の六尺、寸五なんて言われたほうが直感的にわかりますが・・ 最近よく使うようになった北米材はフィート、インチなのでややこしいです。


 DSC_0072 (1) - コピー

このヤマザクラは原木で数本買って懇意にしている製材所で挽いてもらいました。広葉樹専門の材木屋さんなら電話一本で人工乾燥済みの板を買えます。ただ原木がバラバラになるので色目や木目がどうしても揃いません。原木一本から取った板なら色も杢もそろいます。手間暇かける値打ちは充分あります。ただ乾燥に時間がかかるのが難点ですが・・

 DSC_0074 - コピー


木工は色々と難しい事が多いですが木取りが一番難しいかもしれません。いかに効率よく必要な寸法の板を取るかを考えます。さらに木目の流れを考えないといけません。強度の必要な部分(椅子の脚など)には木目の通った部分を使います。見た目も大事です。たまにですが、随分と悩む時もあります。まあ最後はえいやっと決めますが。切ってしまうともう繋げないんで考えどころです。


 DSC_0074 - コピー


次は手押しかんな盤と自動かんな盤で板の厚さを揃えます。 続く

(18:00)

2018年11月13日


 DSC_0004 (1)


 高雄の一本楓です。今週末くらいが一番きれいでしょう。

  DSC_0026 (1)


幹も風格があります。モミジは材でもきれいですが狂いやすいのが欠点です。

 DSC_0031 (1)



DSC_0024 (1)


京北はカエデが多いです。気候や土壌が合うのかな。


DSC_0017 (1)



DSC_0001 (1)


この楓は高雄のシンボルツリーとして大事にして欲しいですね。まだまだ元気だし京都の名木百選とかあれば選ばれてもいいと思います。

(20:01)

2018年11月12日



 DSC_0025


 通勤途中の道路沿いの小さな公園のようなスペースに楓や百日紅など植えられています。こちらはヤマモミジです。京北は紅葉もピークを少し超えたようです。


  DSC_0021


樹種が解るプレートがあるのはいいですね。どんな物でも名前が解ると親しみがわくものです。


  DSC_0012

モミジの青葉と紅葉が一緒になっているのは色の対比がきれいですね。


  DSC_0023


家から工房まで3,5kmほどですがそこここに楓があって目を楽しませてくれます。田舎暮らしのいいところです。京都に出る途中にもモミジの名所、高雄があります。京北、高尾、京都の街中と時間差で長い期間紅葉が楽しめます。秋の楽しみです。今は高雄あたりが紅葉にジャストミートです。また、画像をアップいたします。

(17:49)

2018年11月11日



 DSC_0163


 家の近くの杉の木です。今年の猛暑は花粉にはどうだったんでしょう?幸い花粉アレルギーでは無いので気楽なもんです。花粉症の方には切実な問題ですね。昨年、ちょうど杉花粉の頃に耳鼻科にかかりました。甲状腺炎とかいう病気でした。投薬で治りました。何回か通院しましたが朝9時から診察なので早くいったれと8時半頃行くと既に待合室には十数人の方がいらっしゃってびっくりしました。耳鼻科は儲かるなと思わず考えてしまいました。(我ながら浅ましい。反省)


 DSC_0165


この杉の木も手入れされずほったらかしで子孫を増やそうとせっせと花粉を付けているのかもしれません。枝打ちも間伐もしないので杉林の中は薄暗く陰気です。植えた以上は責任を持って欲しいものです。まあ国の林業政策も行き当たりばったりですから。以前にある地域の森林組合長からこのままやと日本の山はえらい事になるでと言われたのを思い出します。

(14:50)

2018年11月10日



  DSC_0138

 ご近所の柿の木です。紅葉と黄葉の中間くらいに色付いています。日当たりがいい場所なので綺麗です。

  DSC_0140




DSC_0139


この柿、実は甘か渋かわかりません。来年、試してみます。若い頃、初めて田舎暮らしをしたとき工房の近くの柿の実をもぎって食べるとこれが渋柿でした。口が曲がるとはこのことかと今でも味を覚えています。大阪生まれで大阪育ちだったので柿の実が生っているのを初めて見て甘か渋かなんて何にも考えずに躊躇なくかぶりついてしまいました。その後、近くに甘柿の木があったので時々は失敬してオヤツがわりに食べていましたが‥売っている柿ほどには甘くはないです。種だらけで食べにくいんですが素朴な甘みで美味しかったです。あの柿の木は今はどうなってるんでしょう?   

(15:22)

2018年11月09日



  DSC_0158


 某神社のお宮参りの記念品に入れる赤ちゃん用のスプーンを作っています。一回、100本お納めしています。材はヤマザクラです。年間500本作ります。大雑把な形までまとめて加工します。


  DSC_0162


ここまで昇降盤(丸のこの刃が上下(昇降)するので この名前になったんでしょう」で加工しています。この後バンドソー(帯鋸)でスプーンの形に切り出します。大方1000本近く作ったんで大分慣れました。可愛い赤ちゃんの為に頑張ります。


(14:03)

2018年11月08日



  DSC_0121


 庭のヤツデです。これで満開です。この花あまり綺麗とか可憐な感じがしません。どちらかというとユーモラスです。なんでかなあとつらつら考えるとわかりました。(私見です) タコを連想する形のせいではないかと・・・


  DSC_0128


葉っぱも大振りです。ヤツデという名前ですが7枚に分かれています。八が末広がりで縁起がいいし七も八も似たようなもんと昔のひとは思ったのかもしれません。


  DSC_0156


ヤツデが咲くとそろそろ寒くなる時期です。一週間の天気予報は暖かいと言ってましたが、どうでしょうか?

(10:20)

2018年11月07日

  

  DSC_0109


 木工教室で黒柿のお茶杓を作っていただきました。大体の形は私がお作りして、仕上げに少し削ってペーパーで滑らかにしてもらいます。こちらで拭き漆を施して後日お渡しします。これは茶道の先生がお作りになられました。ちょうど今、ミホミュージアムで茶杓展開催中ですね。基本は竹を曲げて作るんですが木の物もあります。最近だとチタン製とかもあるようです。


 DSC_0108


作ってみると先端の曲げ具合とか全体のプロポーションとか案外奥が深そうです。随分と前に数年間ですがお稽古に通っていたんですがスキーで足首を痛めて正座がつらくなって離れてしまいました。立礼で教えてくれるならまた行きたいですが無いでしょうね。大体、年配の方は膝を痛めて止められる方も多いです。最近の若い方は生まれてからずっと椅子の生活だろうし(和室の無い家も増えてきました。)立礼を基本にした教室があってもいいように思います。

(10:09)

2018年11月05日


 
   DSC_0088


 10MAOPのその後です。だいぶエージングも進みました。が最近仕事が忙しくなかなかはかどりません。それでも40時間程は進んでいるのでそこそこの音量で楽しんでいます。このドライヴァー、低音もよく出そうなんで大きな音でシンフォニーを聴く日が楽しみです。 

(00:31)

2018年11月03日



  DSC_0082


 11月3日です。文化の日です。いい天気です。この画像はスマホの画像をメールで送ったものです。一眼レフの電池の充電器が見当たらず仕方なしにトライしました。結構きれいに撮れています。ところでスマホは文化的なんでしょうか?確かに便利ですが便利イコール文化ではありません。私の工房はFM電波が弱いので放送を聞くのを諦めていました。スマホに変えて聞けるようになりました。しかも雑音ゼロのクリアーな音です。NHKのクラシックカフェなど楽しんでいます。スマホのおかげです。が、あくまでも便利なツールというだけです。あるラジオ番組で普通の大人は一日80回スマホをチェックしているとか言っていました。若い人のスマホ依存も問題になっているようです。要は使い方です。スマホの奴隷にならないようにしないとあきません。

(18:17)