2018年11月02日



  紅葉4


 ボストン在住の同級生が紅葉の画像を送ってくれました。ボストンから北に250km程のワシントン山の麓のあたりらしいです。二週間前で5℃だそうです。今頃は雪かもしれません。

  
  1紅葉


  6紅葉

なんとなく長野県のような風景です。マウントワシントンリゾートなるホテルやゴルフ場もあって高原リゾートみたいな所なんでしょう。冬は寒そうなんでいわゆる避暑地なのかな?250kmはアメリカではそう遠くもないんでしょう。オクラホマ在住の友人はニューヨークまで作品の搬入で丸二日運転したらしいです。しかもとんぼ返りしたらしいです。丸4日間運転て長距離トラックのドライヴァーです。そう思うと日本は程々の大きさでしかも南北に長いから自然も豊かです。資源は少ないですが・・・


 5紅葉

アメリカ人も紅葉狩りに行くんでしょうか?一度、友人に聞いてみます。

(08:43)

2018年11月01日


  51WSYmQ9zFL._AC_US200_


 今日のNHKFMのクラシックカフェ (午後からの方です。)はロシアの作曲家の特集でした。チャイコフスキーとか色々だったんですが最後がグラズノフのヴァイオリンコンチェルトでした。グラズノフはチャイコフスキーの一世代若い作曲家です。名前は知っていたんですが作品は初めて聴きました。ヴァイオリン独奏はドイツの若い女性奏者、ユリア、フィッシャーです。漆を塗りながら聴きました。一回くらいではなんとも言えませんが聴きやすい曲です。私のような素人でも展開が予想出来ました。悪く言えば凡庸、類型的で二十世紀の作品としたら古臭い印象です。(ファンの方すみません。)交響曲も沢山書いているので色々と聴いてみます。

(22:48)

2018年10月31日


 
  DSC_0097

 ローズウッドのスプーンです。長さ200mmです。ローズウッドは世界三大銘木だそうです。誰が決めたのかは知りませんが・・・ ちなみに残りはマホガニーとブラックウォールナットだそうです。三大なんとかやベストテンなんてランク付けが好きな人が多いですねえ。私自身は余り意味がないなあと思います。ローズも何とかローズが多いです。一番がブラジリアンローズ(今は伐採禁止です。)でしょう。あとインドローズ、マダガスカルローズ、インドネシアかどこかに植林したソノケリン、などなどいっぱいあります。硬くて重いです。これはインドローズです。硬さのわりには加工しやすいです。やはり色はいいですね。独特です。カレーが似合いそうです。ヨーグルトもいいかもしれません。

(15:07)

2018年10月30日


  DSC_0112


 毎日仕事をしているとどうしても端材が出ます。明らかに使えないものはストーブ行きですが中途半端な大きさのものが捨てられなくて残っていきます。そんな端材の整理も兼ねてスプーンを作りました。左からクリ、ローズウッド、ヤマザクラです。ガラス塗料で仕上げています。色も木目も三者三様です。改めていろんな木があるなあと思います。この多様性がいいんです。長い年月の間に進化し、環境に適応してそれぞれの今の姿になっています。大袈裟ですが地球の歴史を感じます。自然の恵みに手を加えて使わせてもらうという素晴らしい仕事をさせてもらっているなあと思います。若い時分は俺が俺がで仕事をしていましたが歳なんでしょう。今は木に感謝しかありません。 

(14:47)

2018年10月29日



  DSC_0011 (3)

高雄の楓です。3日程前の様子です。少しだけですが紅葉しています。


  DSC_0012 (2)


足元をアスファルトで固められて可哀想ですが元気です。

  DSC_0017 (4)


少しだけ紅葉が始まっています。


  DSC_0014 (2)


ここ数日冷え込んできました。すぐに綺麗な姿を見せてくれるでしょう。 
   

(19:53)

2018年10月28日


 DSC_0095


 Alpair10Pのエンクロージャーをお作りします。ユニットの取り付けをご希望なので送っていただきました。10Mのエンクロージャーは何度もお作りしていますがペーパーコーンの10Pは初めてです。

 DSC_0089


少し青みがかった色です。実はAlpairシリーズのペーパーコーンは聴いた事がありません。メタルとの違いはどうなんでしょう? この10Pはすべてセットしてすぐお聴きいただける状態でお送りします。完成後に試聴は小ますが、お預かりしているユニットなのでごく短時間小音量でしか聴けません。音調まではわからないでしょう。

 DSC_0082 (1)

エンクロージャーは15Lほどのバスレフです。Fbは50Hzくらいです。ヤマザクラ材でお作りします。  

(19:33)

2018年10月27日


  DSC_0054

  
  庭の椿の実です。直径20mmくらいです。けっこう地面にも落ちていました。


  DSC_0057


押さえると弾力があります。椿の実と言えば椿油です。かっては女性の髪につけたりしていたようです。鉋や鑿の刃の錆止めにも使います。私の母方の祖父が大工でした。今思えば田舎の半農半大工のようなものでしたが・・竹の節の部分を6~7cmに切った筒にウエスを詰めて椿油を垂らしたもので刃の手入れをしていました。80過ぎで引退した後道具を一式貰ったんですが、それは失くしてしまいました。ノギスと鑿数本と面取り鉋は未だに使っています。今、思い出しましたが千代鶴の鉋もありました。どこかにあるはずです。で、実です。部屋の中に置いていたら自然に爆ぜていました。二つに割って中を見ると黒いものが二つ入っていました。

  DSC_0063


これを絞って油を取るんでしょうか?わかりません。

  DSC_0068


いままで、気にも留めなかったんですが何でも解体すると面白いもんです。子供の頃なんでもばらして母親によく怒られたのを思い出しました。

  

 

(16:36)

2018年10月26日


  DSC_0036 (1)


 昨夜の月です。午前0時過ぎなので日付は26日ですが・・・満月の翌日で十六夜(いざよい)の月と呼ぶらしいです。なかなか雅な言葉です。


   DSC_0033 (2)

手振れでハートのように見えます。いい歳のおっさんには似合いませんが家の住所の恋月ですね。

(15:39)

2018年10月25日


  DSC_0025 (3)


 昨日、大阪まで行く途中の楓です。工房の裏を流れている細野川です。4~5km下流の長野という集落の楓です。川の堰堤から生えています。手前側が上流です。ちょうど岩に守られてここまで大きくなれたんでしょう。

  DSC_0026 (3)

細野川沿いの国道を下ると神吉という集落に出ます。山中ですがちょっとした盆地です。田圃も多く、見るからにいい土地なんで神吉になったのかなと勝手に思っています。大阪に出る時にはいつもこの道を通るんですがこの楓から少し下ると通行止めになっています。手前に土砂崩れで通行止めと看板があったんですが通れるやろと高をくくって行ってみたんですが無理でした。台風24号の影響ですがいったい、いつになったら復旧するのか・・困ったもんです。 

  DSC_0023 (3)


このあたり蛍の名所です。乱舞が見られます。

  DSC_0024 (4)

京都の街中に比べるとだいぶ寒いので紅葉も早いです。今年も楽しませてもらいます。

(13:58)

2018年10月24日


  DSC_0009 (5)
 

 家の近くのユズリハの実です。うかつにも初めて見ました。綺麗な色です。美味しそうですが毒があるそうです。
 
  DSC_0003 (4)


案外毒のある実が多いですね。というか進化の過程で有毒の実のほうが残りやすかった結果なのかな・・今でも進化論の適者生存は正しいんでしょうか?それとも何か新しい考え方が出てきているんでしょうか?

(00:06)