2020年03月07日




 DSC_0063 (1)




 快晴です。しかし夕方から雨になるそうです。以前からの疑問なんですが、お天気が悪くなる前は凄くいい天気が多いです。高気圧の端っこあたりはそうなるんでしょうか?



 
 DSC_0057




見にくいんですが、アオサギです。姿は優美ですが、声の悪い鳥です。ところで、今年の桜は早そうです。友人との花見も早くなりそうです。東京の上野公園は自粛しろとか言われているようです。花見なんて屋外でそうぎゅうぎゅう詰めでするものでも無いのになあと思います。あちこちで色々な公演が中止になり花見もダメなんて、窮屈な話しです。戦前の軍国主義が席捲し始めた頃はこんな感じだったんでしょうか。とにかく早く終息して欲しいですね。

(12:11)

2020年03月06日




 DSC_0078




 今日はいい天気です。梅が満開ですが周りには花びらも落ちだしました。あっと言う間に散ってしまうんでしょう。



 DSC_0074



花の色は うつりにけりな いたずらに わが身世にふる ながめせしまに  小野小町
絶世の美女も老いには勝てないという世の無常を感じさせます。



  

DSC_0076




若い時分はその特権を意識しません。歳を経てその価値が分かりますが、その時にはもう遅いです。
人生、難しいですね。

(15:29)

2020年03月05日




68ce2348e679d4be9f6f3cdaf472a9b8




 さっきフェイスブックを見るとびわ湖ホールからの告知がありました。中止になった神々の黄昏を無観客で上演してストリーミング配信するそうです。時間もお金もかけて準備した公園です。こういう形でも発表できるのはいい事なんでしょう。オーケストラや歌手の方はどうなんでしょう?やっぱり力は入らないでしょうね。無料らしいので有難く見させてもらいます。   

(08:53)

2020年03月04日





 DSC_0059




 丸テーブルです。木地締め(漆をテレピン油で薄めたものを塗る工程です。)をして丸一日乾燥させてから600番のペーパーで研ぎます。この時に凹みや傷が無いか確認します。



DSC_0058



こういう入り組んだ形のものは研ぎにくいです。砥ぎ残しのないようによく見て、指で触って確かめながら作業を進めます。





DSC_0062




時間のかかる作業ですがここで手を抜くと綺麗に仕上がりません。急がば回れです。

(16:22)

2020年03月03日




 DSC_0111




 庭の白梅がほぼ満開です。




 DSC_0101





DSC_0106



きれいです。



DSC_0094




暖かくて、気持ちのいい一日でした。京北に居る限りは新型肺炎もどこの話かと思います。それにしても卒業式の出来ない子供達が可哀想です。一日も早い終息を願います。
 

(23:17)

2020年03月02日





  DSC_0633




 丸テーブルの木地が完成しました。これから拭き漆です。




  DSC_0631




DSC_0642




 DSC_0644





DSC_0637 - コピー




天板は杢がいいんで楽しみです。

(16:04)

2020年02月29日





 最近の新型肺炎騒ぎで3月7日~8日の公演が中止になりました。一昨々年から始まったびわ湖リングのフィナーレを飾るはずだったんですが・・・残念です。延期では無く中止です。来年の同じ時期に公演するというのも難しいんでしょうか?最近は YOU TUBEでクナッパ―ツブッシュの1951年バイロイトライブを聴いて予習に励んでいたんですが、とにかく残念です。
 




844




この音源、51年の録音にしたら音質がいいです。勿論、モノラルです。第二次大戦後のバイロイト音楽祭が再開された年の記念碑的公演です。1930年代初めからのナチス時代の悪夢のような20年間を体験した人々がどんな気持ちでこの公演を聴いたのか感慨深いものがあります。ワーグナーの音楽はナチスのプロパガンダにも利用されました。音楽に罪はありません。(ちなみに今でもイスラエルではワーグナー作品はほぼ上演されません。)しかし、芸術はそれだけでは存在出来ません。受容する大衆との関係性を意識することも必要なんでしょう。 

(15:25)

2020年02月27日




 DSC_0603




 雪がちらほら降っています。積もるような強さではありません。家に帰るとみぞれになっていました。標高差が100m程あるので工房を出る時は雪でも家に着くと霙(みぞれ)や雨というのは結構あります。




 DSC_0608




工房の裏の白梅です。もう蕾がパンパンです。明日か明後日には咲きそうです。この梅の木、実が小さいです。斜面に生えているので収穫もしにくいんで昨年は収穫しませんでした。枝を剪定したらいいかもしれません。そもそも、自分の樹でも無いので大きなお世話ですが・・・ 

(14:11)

2020年02月26日




  DSC_0600



 お隣の楡の木です。ケヤキの仲間なのでシルエットがケヤキに似ています。成長の早い樹です。ごくたまに材木市で材を見かけますが、あまり人気はありません。




   DSC_0589




こちらは我が家の藪椿です。ぽつぽつと咲いています。それにしてもコロナウイルスには困ったもんです。必要以上にこわがらなくてもいいとは思います。自粛ムードもあって世の中雰囲気が悪いですね。早めの収束を願います。

(15:19)

2020年02月25日



  kitano09-860x573



 
 今日は2月25日です。菅原道真さんの命日だそうです。毎年、北野天満宮では梅花祭がおこなわれています。天満宮のお隣の花街、上七軒のきれいどころのお抹茶のお接待もあるそうです。道真さんと言えば 東風吹かば においおこせよ 梅の花 主なきとて 春なわすれそ という和歌が有名です。若い頃、知人のお姉さんと麻雀卓をたまに囲みました。そのお姉さんが東を引くたびに東風吹かばあと節を付けて言われるので自然に覚えました。そのころは道真さんに関する知識も全くありませんでした。耳から入る事は憶えやすいんですね。上方落語で質屋蔵という噺があります。よく出来た面白い話です。質屋の蔵に幽霊が出るという噂が立ちます。番頭と出入りの手伝いの熊さんが正体を確かめようとします。ところがこの二人、どちらも怖がりでさっぱり役に立ちません。結局大旦那が正体を見に行きます。すると質草の帯と羽織が相撲を取って大暴れしています。見ていると棚の道真さんの掛け軸が勝手に開きます。東風吹かばあ・・と和歌を詠んだ後に一言。借り手に利子を入れよ、このままでは、また流されそうじゃと嘆くのがオチです。




  DSC_0582



こちらは我が家の白梅です。三分咲き位です。桜に比べると地味ですが、しみじみと春を感じさせてくれます。

(18:10)