2017年02月06日


 庭の梅の蕾が膨らんできました。

DSC_0009


紅梅らしく色付いています。ここしばらく寒い日が多かったので開花はどうでしょうか?
あちこちから開花のニュースを聞きますが京北ではまだ先の話です。
もう少し我慢です。



(00:20)

2017年02月01日



 DSC_0003

やっと地面が見えてきました。大雪から10日程になります。晴天の日が少なかったせいもあるんでしょうが
溶けないもんです。ただ今夜はまた雪になりそうです。まあ積もっても数センチでしょう。

DSC_0002

今回の雪では建物の被害は無かったんですが、椿の枝が折れたりハクチョウゲが倒れたり庭木が数本傷みました。周辺では農業用のビニールハウスがつぶされたり杉が倒れたりと結構な被害のようで我が家の被害などたいしたことはありませんが・・

DSC_0001

それにしても豪雪地域の方は大変だなあと改めて思いました。スキーで長野県によく行きましたが、こちらは「わー、雪あるある」と気楽なもんです。地元の方の苦労には思いが至りませんでした。スキーで頭がいっぱいだったんですね。物事にはいい面と悪い面があるとわかりませんでしたね。反省です。



(16:41)

2017年01月31日



 41+bYGBq5GL__SX298_BO1,204,203,200_

神護寺を再興した僧、文覚の本を読みました。なkなか激しい人だったようです。後白河法皇に荘園の寄進を頼みに行ってあかんと言われて怒りにまかせて罵詈雑言を浴びせて、伊豆に配流になります。ところがそこで源頼朝と知り合うから人生何が幸いするかわかりません。打倒平家を目指す後白河と頼朝の間でいろいろと働きます。頼朝をパトロンにして神護寺や東寺、高野山などの修復に尽力しました。もともとが北面の武士で口が悪かったようで佐渡にも流され、最後は対馬に流される途中で鎮西で死んだとされています。
人の奥さんに横恋慕して旦那と間違ってその人を殺したので出家したというのは平家物語の脚色だそうです。
話としては面白いですね。私が住んでいる宇津郷は源氏の所領だったのが平家の荘園になり、文覚が後白河に頼んで神護寺領になったようです。もっとも頼朝が馬から落ちて死んでから(武士としてはかっこ悪い死に方ですね。しかも止まっている馬からですから)後ろ盾を失って朝廷や公家さんの荘園になったようです。
平安末期から鎌倉初期の動乱の時代に似合う人ですね。


(17:50)

2017年01月28日


 大雪から10日ほど経ちました。今日はいい天気ですが、積もった雪がなかなか溶けません。
DSC_0033 (2)

雪庇になってます。こんなのに当たったら大変です。

DSC_0038 (2)

工房の裏です。まだ30cmほど積もっています。溶けないもんですね。

DSC_0035 (2)

DSC_0037 (2)

まあ道路は普通に通れますが(歩道は雪だらけです。)雪景色もいささか飽きてきました。

DSC_0039 (2)

よく晴れました。長靴で少し散歩しました。

DSC_0043 (2)

やはり、歩きにくいですね。スノーシューが欲しくなりました。

DSC_0047 (2)

春までにはまだまだ寒いだろうし、雪も降るでしょう。我慢、我慢ですね。


(17:56)

2017年01月25日


 昨日は雪が降ったりやんだりでしたが、ようやく太陽が顔を出してくれました。
長い寒波も去ったようです。今回は停電あり通行止めありでえらい目にあいました。

DSC_0026 (2)

やれやれです。家は建物の被害は無かったんですが、にわの白椿が屋根から落ちてきた雪の下敷きになって
枝が折れそうです。


DSC_0018 (2)

添木して治療してやります。

DSC_0019 (2)


それでも、蕾が膨らんでいます。早く椿が咲くころになってほしいです。





(14:35)

2017年01月20日


DSC_0003 (4)

 今日の工房の裏の様子です。寒いので雪がなかなかとけません。天気も時々少し青空が見えるくらいではっきりしません。今夜はまた雪になりそうです。

DSC_0002 (4)

細野川です。

DSC_0005 (4)

獣害防止の電気柵が倒れています。雪の被害も何やかやでけっこうな額になるんでしょうね。
停電の休業補償してもらいたいくらいですが無理ですね。

DSC_0006 (4)

仕方が無いので雪景色を愛でましょう。



(15:48)

2017年01月19日



 images


ベルリオーズの幻想交響曲をちゃんと聴きました。このCDだいぶ前に買ったんですが、1回聴いてほったらかしになっていました。どちらかというと独墺系の曲が好きなのでフランスというだけで敬遠していた面もあります。
何の気なしに聴くとけっこう面白い曲でなかなかいいなあと思いました。バーンスタインが最初のサイケデリック音楽だと言っていたのもうなずけます。嘘か真かアヘンを吸いながら作曲したとか・・・
ベルリオーズはエキセントリックな人で自分を裏切った母子を女中に変装して殺そうとしたり(未遂です)
いろいろとエピソードに事欠かない人だったようです。まあ、ロマン主義時代の人は激情にかられてとんでもない事をしでかしたようですが・・・ この盤はアンセルメ指揮、スイスロマンド管弦楽団です。67年録音ですが、エッジの効いたいい演奏です。録音もいいです。あと、カラヤン、ベルリンフィルのCDも持っていますが、どこにあるのやら・・・・探すより買うほうが早そうです。
今年はオーディオラックを作ってCDも整理したいものです。


(18:28)


 先日の雪の中、梅の蕾が健気にも膨らんできました。

DSC_0024 (1)


この梅が咲くころには少しは暖かくなっているでしょう。

DSC_0022 (1)

それにしても停電には参りました。家のあたり、数十軒だけがなかなか復旧しませんでした。送電線の関係で最後になったようです。少し雪が多いと毎度停電するので地下化するとか何か対策を考えてもらいたいですね。
まあ、愚痴を言っても始まらないので休んだ分を取り戻すよう仕事を頑張ります。



(13:20)

2017年01月18日


 雪で倒木が続出したようです。おかげで家は月曜の夜から今日の夕方まで停電しました。
まあ天災だからしかたがないんでしょうが困ったもんです。近所の独居老人は介護施設に一時避難しました。
あちこちの道路も倒木や土砂崩れ、除雪が間に合わないなどで通行止めになっています。家と工房の間の府道も通行止めです。迂回路もありますが20分ほどかかります。(本来は5分くらいです。)
今日になっても家の周りの雪はたいして解けていません。そこに屋根から落ちる雪もあるのでえらい事になっています。

DSC_0060

椿が埋まってしまいました。掘り出すのに一汗かきました。

DSC_0058

家の前です。

DSC_0065

上桂川です。下流を見ています。

DSC_0068

こちらは上流側です。

DSC_0070

霧が出ていました。また金曜日あたり雪らしいですがお手柔らかにお願いしたいもんです。



(23:46)

2017年01月16日



昨日来の雪がようやくやみました。今回は長く降り続きました。昨夜11時くらいから今日のお昼過ぎまで停電していました。まあ両方の雪かきや隣家に来たヘルパーさんの軽自動車を雪から脱出させたりでけっこうな時間を取られたのでちょうどよかったです。運動にもなりました。それにしても雪かきは重労働です。

DSC_0032 (1)

杉の樹が電線に乗っています。雪は見た目よりも重いですね。こんな状態に京北であちこちなったようで
復旧に時間がかかったようです。


DSC_0027 (1)

家と工房の間の峠です。両側が杉林でこのあたりが倒木が多いですね。

DSC_0039 (1)

家の前の道路です。除雪してくれました。それはいいんですが横にかいた雪が高さ1mくらいのちょっとした壁になって、それをどけるのに小一時間かかりました。一汗かきました。

DSC_0034 (1)

ようやく、青空ものぞいてきました。やれやれです。まだ、降っている地域の方にお見舞い申し上げます。
雪下ろしには注意なさってください。



(14:39)