2020年10月17日





_DSC9127

 


 予報どおり雨になりました。お天気が良ければ奈良、鵤(いかるが)あたりを自転車で散策する予定でした。残念です。6~7名が参加するはずでした。誰か雨男か雨女がいるのか?もしかして僕・・・
結構納品とか出かけるとなると雨に降られるので・・・





_DSC9126




_DSC9124




日本画のような景色です。絵が先か景色が先か・・・人間の認識は結構いい加減なので、印象に残っている絵に近づけて実景を変換しているかもしれません。何年か先には脳科学が進んで仮想現実ですべて体験出来るようになるかもしれません。生まれてから一生を仮想現実の世界で過ごすなんてSFがあります。考えたら映画も音楽メディアも似たようなもんです。行き着く先がどうなるのか誰にもわかりません。



(14:54)

2020年10月16日






_DSC9116
  



 朝は曇っていましたが、お昼前からお日様が顔を出してくれました。今日は何がなんでも晴れてくれないと困るのでほっと胸をなでおろしました。




_DSC9114






と言うのもサイアノタイプの作品作りが出来るのが今日しかないのです。太陽光線を感光させての作品作りです。明日は雨の予報なのでもう今日しかありません。昨日もトライしたんですが何故かうまくいきませんでした。





_DSC9119





ガラスにマジックインクで描画して感光紙の上に重ねます。1時間程太陽光線に当てます。後は水洗いして乾燥させて出来上がりです。感光紙と原版がずれると駄目なので終わるまで仕上がりがわかりません。お盆のワークショップではきれいに感光してくれましたが、陽光が弱くなっているみたいでイマイチな仕上がりです。後は水洗いして終わりです。どんな作品が出来るかこうご期待です。




(17:45)

2020年10月15日






DSC_1820





 ステレオ誌の今年の付録スピーカーと昨年版とを聴き比べました。6cmと8cmなのでクラスが違うので比較してどうよとも思いますが、暇つぶしにどうぞ・・・





DSC_1821



今年の6cm、何か違和感があったんですが、昨年版と見比べて今気が付きました。フレームの形が違います。今までのマークオーディオのユニットはすべて丸型でした。今年板は四角の変形です。小型のエンクロージャーに取り付ける時には左右の幅が狭くなります。小型化を強調したかったんでしょうか?普通に考えれば8cm、8cmときたら次は10cmかなと思っていましたが、6cmと聞いて何やとは思いました。このユニット、6cmと謳っていますが実質は7cmです。振動板面積も24cm2,28cm2とそこまで差がありません。振動板の素材はアルミマグネシウム合金です。発表されていませんが多分同じ素材でしょう。最低共振周波数は4が97,5Hzと驚異的に低いです。519は106,3Hzです。ちなみに一昨年のMF-5は124,5Hzです。元々マークオーディオのユニットは口径の割りにはFsが低いです。Xmax( one way)が4mmと大きいので低音が出やすいんでしょう。519は3,5mmとこちらも結構大きいです。





DSC_1823



今回の比較ですがエンクロージャーの容積がかなり違います。MF-4(以下、4と表記します)は2Lほど、MF-519は5Lほどです。一般的には低音再生にはハコが大きい方が有利です。小さい4にはハンディが大きいですね。更にエージングも進んでいないので不利です。そういう訳であくまでも参考です。

   続く

(09:15)

2020年10月14日





DSC_1844




 午後からいい天気になりました。





 DSC_1835





DSC_1836





DSC_1833




まだ一部ですが紅葉が始まっています。




DSC_1837




青葉のほうが多いです。





DSC_1834




昼間は結構暑いんですが朝晩は冷えます。皆様、風邪などひかぬようご自愛下さい。

(16:09)

2020年10月12日



 

DSC_1810

 

 
 台風14号も熱帯低気圧に変わり。空気が入れ替わったようです。上の画像はお昼過ぎの西の空です。





DSC_1812




湿度が低くて快適です。




DSC_1817





DSC_1816




明日もいい天気らしいです。







(17:31)




  41fPNVE35GL._SY346_



 昭和史に関する著作が多い半藤一利さんと元外交官の佐藤優さんの共著です。昭和史に関するあれこれを対談されています。佐藤さんがロシアが専門の外交官だったのでロシア関係の話題が多いです。ロシア人の領土や国境に関する考え方を佐藤さんがわかりやすく語られていて興味深かったです。昭和史に関心のある方は是非ご一読下さい。読みやすく分かりやすくていい本です。
 

(00:10)

2020年10月10日






_DSC9063




 台風14号は南よりのコースをとって雨も風も大したことはありませんでした。お昼過ぎには青空も見えたんですがまた曇ってきました。




_DSC9061





_DSC9064




なかなかスカッと晴れてくれません。




_DSC9054





_DSC9058






_DSC9055




薄です。

_DSC9059




山椒の実です。熟れるときれいな朱色になります。食べるとどんな味がするんでしょう。鳥も食べないところを見ると美味しくないんでしょうね。人間は色々なモノを食べています。うっかり毒のある物を口にして死んだ人も多かったんでしょう。安全に暮らせるのも先人のおかげです。自然にも先人にも感謝です。








(15:49)

2020年10月09日






_DSC8913
 




 バイトと言えばアルバイトです。(そういえばバイト君とかいう漫画もありました。)こちらは木工旋盤の道具です。長さ40cm位です。木製の柄を右手(右利きの場合です)で持って、金属の刃を材に当てて削っていきます。バイトは日本でしか通用しない言い方です。語源はオランダ語かドイツ語か諸説あるようです。まあミシンとかと一緒です。メリケン粉とかもそうですね。私の母親は使っていましたね。脱線しました。





_DSC8916




取りあえず基本的な8本セットを買いました。今はどうか知りませんが、かっての日本の轆轤職人は刃物も自分で鍛造していたようです。先端がJの字のように曲がった刃物で削ります。鉤バイトと呼びます。学生の頃木曽の木地屋さんで使わせて貰いましたが材に食い込んでいく感じで難しいなあと思いました。このセットは刃の部分がハイス製です。ハイスピードスチールの略で普通の鋼より硬くて減りにくいです。硬さ故に研ぎにくいです。最近はダイヤモンド砥石(工業用ダイヤモンドの粒子を鉄製の板の上に付けてあります)で研げるようになりました。





_DSC8912




よく使う2本です。木工旋盤での仕事は見ている間に形が変わるので面白いです。ボツボツ腕を上げて色々なモノにチャレンジしていきます。

(09:10)

2020年10月07日





_DSC9031




 午前中の空です。鱗雲だと憶えていましたが、鰯雲、鯖雲とも言うそうです。





_DSC9045





天喜が良かったので工房の近くを少し散歩しました。栗の実です。肝心の実はありませんでした。何か動物が食べたんでしょう。




_DSC9043


 

毎年、取ったろと思うんですが忘れてしまいます。




_DSC9047





栗の木です。立派なもんですが材として見ると全然細くて使い物になりません。材木市で細いなあとか曲がってるやんとか文句ばっかり言ってるとバチが当たりそうです。




_DSC9044




明日から雨模様です。台風14号の影響です。大した事が無ければいいんですが・・・

(17:03)

2020年10月06日





 _DSC9012
 



 今日は曇っています。台風の影響もあるんでしょうか。





_DSC8996






_DSC8999





_DSC9002





_DSC9008




庭の柿の木の落葉です。


秋風や 柿の葉落とし 色散らす  謙二




(13:48)