2019年12月12日




 DSC_0088



 昨日、お昼過ぎに何か白い綿のようなものが沢山飛んでいました。もしかして雪虫かもとカメラを向けましたが小さすぎて上手く撮れませんでした。オートフォーカスも効かないし、マニュアルでピントを合わせたんですが、何しろ小さくて飛び回るもんだからまともに撮れませんでした。上の画像の左に小さく見えているのがそれです。右の白い丸はピンボケの雪虫です。こいつが飛ぶといよいよ冬らしいです。



 DSC_0100



小さな黒い点がそうです。昨日は比較的暖かくて、しばらく暖かいらしいので雪虫も当てになりません。長期予報は暖冬とか言っていますが、さてどうなる事やら。
 

(00:14)

2019年12月10日




 DSC_0076




 庭の楓の種子です。初めて意識して見ました。ずっとあったんでしょうが見ていませんでした。




 DSC_0073




丸い部分が種子です。羽根状の部分が二枚あります。竹トンボのように風に乗ってなるべく遠くまで種子を運ぶ狙いのようです。





DSC_0070




葉も色褪せてきました。いよいよ冬ですと言いたいところですが、今日から暫く暖かいようです。次の寒さがこたえます。体がついていきません。念のため、昨日インフルエンザの予防接種を受けてきました。あまり人ごみに出ず京北で仕事をする事にします。

(13:53)

2019年12月09日




 DSC_0065




 所用で京都の街中まで出かけました。高雄の市営駐車場の一隅のモミジです。他のモミジはほぼ色褪せるか散っていますが、この樹だけはまだ綺麗な紅葉を見せてくれています。



 DSC_0062



少し色褪せていますね。奥は桜の樹です。



 DSC_0063



あちこちで随分と紅葉を楽しませて貰いました。早く色づく樹、遅く色づく樹、それぞれにいいですね。人間もそれぞれの個性で生きられる社会がいいですね。



  

(14:15)

2019年12月08日




 DSC_0137



 茶托をお作りしました。ケヤキ材です。W150 D110 H11mmです。上の画像は拭き漆1回目です。後3回拭きます。



 DSC_0136 - コピー

 

一回拭いた後に600番のペーパーで研ぎます。こちらは研いだ後です。凹の部分(湯呑を置く円型の部分です。)凹の部分のへりと立ち上がりが研ぎにくいです。私は大型の消しゴムにペーパーを巻いて磨きます。)他の面は小さなサンダーが使えるので楽です。




DSC_0138




長年愛用しているサンダーです。これは二代目です。研磨性能はいいんですが、音がうるさいです。軽くて使いやすいのは美点ですね。




DSC_0133 - コピー




二十枚お作りしました。年配の女性の方のオーダーです。自分が亡くなったら息子と娘に十枚づつのこすそうです。お元気そうなので当分はお使いになって下さい。     」

(14:02)

2019年12月07日




ダウンロード (5)
 



 先日、図書館で目に留まって、借りてきました。実は私は大阪の東淀川区で十一歳まで育ちました。阪急の十三駅から歩いて15分位のところです。北野高校の並びの新北野中学の横を通って小学校に通っていました。新北野中学、北野高校、京大と進学するはずが、11歳の時に父親の仕事の関係で港区に引っ越しました。紆余曲折あって京都芸大に進学しました。ある意味。京大より難しいかもしれません。美術学部の定員は125人でしたから。その頃は学科試験は共通一次やセンターやらは無く、各大学がそれぞれに作っていました。赤本(入試の例題集です。)を見て、ちゃっちゃっとおざなりな勉強をしたような記憶があります。実技のほうに採点の比重が高かったんでしょう。ま、そんな訳で淀川は子供の頃の遊び場でした。今の親なら危ないから行くなと言ったでしょうが、近所の悪童連とよく行きました。塾やらなんやらも無い時代で、学校から家に帰ったら、ランドセルを放り出して日が暮れるまで遊び惚けていました。淀川の堤防はまだコンクリートでは無く草が生えていました。そこを滑って降りたり、釣りをしたり、岸辺の水の中を歩いたり子供には絶好の遊び場でした。脱線しました。この本、縄文時代から現代までの大阪湾と淀川の変遷を分かりやすく解説しています。しかも長くても3ページ程のコラム形式なので大変読みやすいです。大阪や淀川に興味のある方には強くお勧めします。

(00:20)

2019年12月06日







 DSC_0055




 FE-103Aと今年のステレオ誌の付録ユニットOM-MF519を聴き比べてみました。10cmと8cmなので少しクラスが違います。OM-MF519もよく出来たユニットです。取り合えず、手近にあった、ラザレフ指揮、日本フィルのショスタコーヴィッチの交響曲7番を聴きました。中高域はどちらもそう変わりません。ただ低域は当たり前ですが、103Aが圧倒的に豊かです。この曲、一楽章前半に色々な木管楽器が登場します。103Aは各楽器の音色も違いもよく解ります。




DSC_0056




MF519だけ聴くとメタルっぽいとは思いませんでしたが、聴き比べると音にふくよかさがありません。勿論、振動板面積も随分と違います。能率も103Aが高いです。



DSC_0057




エンクロージャーは103Aが7Lほど、MF519は5Lほどです。取り合えず、オーケストラ物は口径が大きい方が有利でしょうね。103Aは一楽章終盤のグランカッサやシンバルも10cmフルレンジとは思えない実体を感じさせます。
結論は103Aの圧勝です。ま、あたりまえですね。価格差十一倍程のユニットを聴き比べるなと言う話しです。MF519もニアフィールドで聴くならいいと思います。トーンコントロール付きのアンプならBASSを持ち上げればいいでしょう。あるいはPTS回路で中高音を減衰させるのもいいでしょう。


  

(14:47)


 
 DSC_0141



 
 工房の横で発見しました。1センチ位の直径の小さな花です。可愛いんですが、目立ちません。色も白です。こんな小さな花でも自然界の生存競争を生き抜いて、今ここにあります。何かあるんでしょう。



 DSC_0142



普段、見落としているものが多いです。丁寧に生きたいものです。 

(13:54)

2019年12月04日




 DSC_0117




 今日の夕方、6時半頃の月です。三日月です。南の空に浮かんでいました。月の満ち欠けは繰り返します。人の一生は何も無い新月から始まって、満月に向かい、やがて、新月で終わります。リピートはありません。実は先の日曜日に大学の同級生の四十九日を兼ねたお別れ会に行って来ました。早すぎるお別れです。昨年の6月に食道癌が見つかったんですが、すでにステージ4で色々と治療したんですが先月に亡くなりました。私も3年前に胃癌と食道癌を手術しました。毎年の健康診断で胃カメラでごく初期の胃癌を見つけてもらいました。胃の手術前の検査で食道にもごく初期の癌があると言われました。幸い、どちらも内視鏡手術で取ってもらいました。食道が一週間、胃が十日の入院でした。周辺の転移も無く、放射線も抗癌剤も無くてすみました。手術自体も手術後も傷みも無く、今は年に1回、内視鏡検査を受けるだけです。その短い入院中に亡くなった彼もお見舞いに来てくれました。たまには、胃カメラ飲めよと強く勧めたんですが、どうやら行って無かったようです。もっと、言えばよかったと悔やまれます。残念でなりません。一緒に酒飲んだり、麻雀したり遊べたのに・・・癌は早期に発見すれば完治する病気です。ご自身の為にも、親戚、友人の為にも健康診断に行ってください。お願いします。

(00:46)

2019年12月02日



 DSC_0099



 お昼前に高雄を通りました。昨日はえらく暖かく天気が下りそうやなあと思ったら案の定雨になりました。皇帝楓もだいぶ散りました。今年は紅葉が長く楽しめたように思います。



  DSC_0104



墨絵のような景色です。明日から寒くなるようです。



 DSC_0098




 昨日、会った久多(左京区ですが雪が多く降ります。随分と前ですが冬に泊まって、一晩で50㎝程積もって車が動かせず難儀しました。)在の友人曰く3日位前にうっすら山が雪化粧したそうです。



 DSC_0101



また、寒い冬がやってきます。寒いのは我慢するので停電だけはご免です。お手柔らかにお願いしたいもんです。

(17:38)

2019年12月01日




 DSC_0068 (1)




 庭のヤツデです。一応花です。形は面白いんですが色が地味でイマイチ映えません。


DSC_0065 (1)



ヤツデと言いますが実際は7枚に分かれています。八が末広がりで縁起がいいのでヤツデになったんでしょうか。それともそこそこ多い数は八にしとけとなったのか・・・まあ大体でいいです。分類学者じゃないんだからね。昔お人は大らかでいいですね。
 

(16:00)