2019年11月30日




 DSC_0059 (3)
 



 庭の楓の紅葉ももう終わりそうです。朝晩も冷え込んできました。明日からは12月ですから、当たり前と言えば当たり前ですね。




 DSC_0056 (2)



色褪せて、やがて葉を落とします。人間ならそれで終わりですが楓は来春には再び芽吹きます。不老不死は一番の願望でしょう。実際、アンチエージングたら美魔女たら巷間けたたましいです。あまり無理な事はせず自然に老いるのがいいように思いますが・・・

(16:42)



 DSC_0069 (1)



 ようやく103Aのエンクロージャーを作りました。材はアルダーです。北米材です。硬さは中庸で、導管の目立たない大人しい上品な印象です。思うにエンクロージャーには余り硬い材は向いていないようです。栗、ブラックウォールナット、ヤマザクラ、アルダーなどがいいようです。




 DSC_0083 (1)



W169 H407 D183 板厚は18mmです。内容積は7,25Lです。ダクトの部材やユニット、吸音材などの分を引いて7Lほどです。バスレフダクトは40パイで長さ63mmです。無垢材の削り出しです。Fbは75Hzです。吸音材は梳毛フェルトを側面、天地面、背面に張っています。ダークウォールナットのワトコオイルを2回塗っています。フロントバッフルの木目が揃うように木取りしました。ルックスもいいです。




 DSC_0080 (1)



ターミナルはブラックウォールナット材に取り付けています。
早速、手近にあったラザレフ指揮、新日本フィルのショスタコーヴィッチの7番を聴きました。第一楽章の第二主題(戦争のテーマです。コマーシャルに使われてイメージが悪いです。)の木管のソロがきれいです。一楽章終盤に向かっての進軍を思わせる部分のグランカッサやゴングも迫力があります。10cmのフルレンジ一発にしたらこれ以上は望めません。各楽器の音色もよく聴きとれます。まあ値段だけの事はあります。103ーSolの中低域にかけての線の細さが解消されています。10cmクラスの最強ユニット決定です。値段も最強ですが・・・




DSC_0070 (1)



いいユニットですね。もう少しお安ければ1ペア買い増したいくらいです。2発使いなんてのもよさそうですが、それなら2WAY作れよという話しです。一発でバスレフ、それが王道ですね。


このエンクロージャーをお譲りいたします。(ユニットは付属いたしません)


48000円(消費税、送料は別途いただきます。)です。
お問い合わせは下記まで

lovemoon10001@yahoo.co.jp


(15:51)



  DSC_0121 (1)



 昨日、所用で亀岡まで出かけました。帰りに平の沢池というため池の横を通ります。上、中、下と三つの池(霜は道路で分断されています。東の方は蓮の花が綺麗です。)の総称です。中池のほとりには野鳥観察スペースがあります。この時期から水を抜き出すようで逃げ場のない魚を狙って沢山の野鳥が集まっていました。



 DSC_0092



 アオサギのようです。


 
 DSC_0084




 DSC_0107



水鳥も沢山いました。姿が可愛いですね。残念乍ら鳥には疎いのでなにが何やらさっぱり分かりません。詳しい方と来ないとあきません。



 DSC_0120 (1)



左手には岸辺があって鳥が集まっていました。北側の道路沿いに駐車場とトイレがあります。たまにはのんびり野鳥観察もいいもんです。

 

(01:46)

2019年11月28日




 DSC_0543



 10年近く前にお作りしたヤマザクラのテーブルの天板を補修しました。名古屋市内にお住まいの方で、三河安城の別件と合わせて尾張、三河出張となりました。新名神が四日市まで開通していましたが、知らずに東名阪に乗ってしまいました。新名神との合流の渋滞も無く快適でした。
テーブルのほうは日焼けしてヤマザクラがいい雰囲気になっていました。このままでもいいなと思いましたが、サンダーで研磨して液化ガラス塗料で仕上げました。




 DSC_0545



ボッシュのサンダーです。以前はリョービを使っていました。本体は金属製で音も静かでした。長く愛用していたんですが数年前に動かなくなりました。すでに生産中止で修理も出来ないと言われました。仕方が無いのでボッシュにしました。研磨の性能はまずまずですが、音が大きいのとペーパーの取り付けがややしにくい事、コードが短い(1,5m程しかありません。せめて3mくらいにはしてほしいですね。コストダウンか知りませんが使い勝手が悪いです。)のが不満です。メーカーには使い手の立場で製品を作ってもらいたいですね。自戒を込めて思います。今風に言えばユーザーファーストですかね。お客様は出来上がったテーブルを見られて新品みたいと喜んでおられました。当分は気持ちよく使って頂けるでしょう。T様、ありがとうございました。


  

(13:20)

2019年11月27日


DSC_0054 (2) - コピー



 小野郷の岩戸落葉神社の大イチョウです。



DSC_0068




イチョウは柔らかい材で家具には使いません。まな板には珍重されています。無節で幅広の板はプロの料理人が欲しがるようです。いい具合の柔らかさで包丁を痛めないらしいです。適度の油分で自然に乾くのもいいらしいです。材木市では余り見かけませんね。無節の幅広材以外は安いです。



DSC_0070




 DSC_0059 (2) - コピー




DSC_0064




DSC_0066





ここまでの画像は23日に撮影しました。晴天でイチョウの黄葉と青空のコントラストがきれいでした。



DSC_0076



こちらは今日(27日)の画像です。だいぶ落葉しています。

DSC_0079






DSC_0081





境内は落葉の絨毯です。今年は一番いい時期に見られました。夜間のライトアップもされているようです。興味の有る方は来年どうぞ。JRバス周山線の小野郷の停留所から徒歩2分なので車に乗らない方も容易に来られます。

(13:34)

2019年11月25日




 DSC_0045 (1)



 高雄で一番目立つ楓です。周山街道沿いの駐車場の奥の独立樹です。真っ赤に紅葉して見事な姿です。この画像は一昨日に撮りました。今朝も横を通ったんですが更に赤みが増しているように感じました。この樹を見ていてふと帝王とか皇帝とかいう言葉が浮かんできました。




 DSC_0046 (1)




大好きなベートーヴェンのピアノコンチェルトの5番を聴きながらこの樹を見たら気持ちいいだろうなあと思います。そこでこの楓を高雄の皇帝と名付けました。曲の堂々として、しかも軽やかな颯爽さがぴったりだと思います。




 DSC_0047 (1)



この日は雲一つない晴天でした。一日、いい気分でした。人間たわいもないものですね。



  DSC_0048



足元をアスファルトで固められているのが痛々しいですが、樹勢盛んです。長生きしてもらいたいですね。

(16:57)

2019年11月24日




  DSC_0541



 今日は朝から京博に行って来ました。8時40分頃に着いたんですが、既に入場待ちの行列が40m程出来ていました。開場が9時半だったので結構待ちました。最近は9時半開場で18時までになったようです。最初は柿本人麻呂の画やらなんやらが展示してありました。まあ歌聖という繋がりのようです。2Fに降りるといよいよ佐竹本 です。まあ画のほうはこんなもんかと思いました。(実は平面より立体作品のほうが好きです。)大名家が明治維新後に落魄して売りに出された上下二巻の絵巻物がそのままでは高すぎて売れないのでバラバラにされました。切断と言われていますが実際は料紙のつなぎ目を剥がしたようです。三十六枚に分割されて籤引きで所有者を決めたと言う、今なら重文級の美術品になんちゅう事をするねんという話しです。戦前の実業家が茶道に凝って財力にものを言わせて大名物を競って蒐集していた時代の話しです。人気のあった女性を描いたものは今のお金で一億円程の値が付いたようです。ちなみに僧侶姿が一番人気が無かったそうです。財界や骨董屋の大立者達が目の色変えて、大枚はたいて取り合ったという人間の業と言うか欲と言うかその部分が面白いですね。




DSCPDC_0003_BURST20191124110



会場の知新館です。今日が会期の最終日でした。




9318cae86bce58e82ba6daf0488fcc25--heian-era-tenth



小野小町さんです。残念乍ら前期だけの展示で見られませんでした。お顔を隠しているのでどんな美貌か想像を掻き立てられる所が憎いですね。

絵巻の冒頭に住吉大明神の絵があります。歌道の神様らしいです。この住吉大明神が出てくる講談があります。三十六歌仙ではありませんが西行さんが主人公の面白い話しです。落語もあるんですが、松之丞さん曰く「講談を聴くと為になる。落語を聴くと駄目になる。」そうなので本日は講談をどうぞ・・



(14:20)

2019年11月23日




 DSC_0054 (1)



 今朝は濃い朝霧でした。ドローンで見れば雲海でしょう。放射冷却のきつい日に出るようです。



 DSC_0055 (1)



川向こうの杉林です。日本画に出てきそうな風景です。風景を見て絵画を思い出す時があります。人間の感覚の中で順番が逆転しています。風景が絵画を模倣しています。面白いですね。



 
 DSC_0057




真ん中の杉の木に撮りが止まっています。トンビかなあ。




 DSC_0058 (1)



30~40分後です。すっかり霧が晴れました。絶好の行楽日和です。今日は午後から京都市内中心部に出かけます。高雄は避けて京見峠周りで行きます。
  

(09:59)

2019年11月22日




 74912298_2490229947730764_637833021759684608_o



 今日は大阪に出かけます。歯科に行ってその後に東北の手仕事展を観に行きます。震災復興の応援として友人達が始めた展覧会です。22日~24日 11;00~18;30 大阪市北区天神橋3-5-10 Atelier CK   お問合せは 090-2353-7780 所さんまで 素朴な作品です。

(09:01)

2019年11月21日




 DSC_0036 (1)



 家の楓です。余り大きくはありませんが紅葉しています。この時期、あちこち紅葉だらけです。



 DSC_0038 (1)



ここ数日、秋が深まって朝晩はストーブを焚いています。週末からは暖かくなるそうですが、寒い冬ももうすぐです。二人展が終わって気が緩んだのか風邪をひきました。熱は無いんですが喉と鼻がおかしいです。某医院に行きましたが喉の奥を見ただけで聴診器を当てるでも無く、体温を測るでも無く、あっさりしたもんです。まあ、いいんですが聴診器ぐらい当てりゃあいいのにと思いました。その代わりかどうか分かりませんが、五種類も薬を出してくれました。余り気が進みませんでしたが、早く治したいので一応飲んでいます。ご自愛ください。



  

(15:27)