2010年11月07日

昨日、建築家の菅家克子さんが設計された、賃貸マンション
(14戸)のオープンハウスに行って来ました。大阪の東住吉の湯里
という下町にあります。コートハウスで中庭には、しゃら、やまぼうし
ざいふりぼく、秋楡、マルメロなど樹がたくさん植わってて、テーブル
とベンチもあります。

オープンハウス 湯里 012
外観です。3階建てです。コンクリート打ちっぱなしです。
枕木で囲って樹が植えられています。それにしても、電柱
が邪魔ですね。

オープンハウス 湯里 008

向かって右側の棟です。左側がエントランスです。

オープンハウス 湯里 007


向かって左側の棟です。エントランスが右側に見えています。

オープンハウス 湯里 005

中庭です。外部と遮断された落ち着ける空間です。イタリアで見た
コートハウスを思い出しました。

オープンハウス 湯里 011


右端が菅家さんです。中央がやはり建築家の広渡さん、左側に奥様の
早苗さんです。御二人で建築設計事務所をされてます。
菅家さんと広渡さんは古い知り合いだそうです。
御二人とも、施主さんの意向に合った、住みやすい住宅を設計されます。
しかも、自らのデザインポリシーを持っておられます。
私の尊敬している建築家です。

オープンハウス 湯里 003

ダイニングセットを展示させていただいてます。
  胡桃材のオイル仕上げです。
テーブルはW1950D760H720
椅子はW450D500H740SH430
ベンチはW1850D530H730SH430
胡桃は広葉樹材のなかでは少し柔らかい材です。
やさしい雰囲気ですね。



(01:57)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字