2010年11月27日

家の近くの八幡さんのいちょうの木です。
黄葉が見事です。直径が70センチくらいです。
元気な樹です。



弓槻町 八幡社のいちょう 012

 そう大きな神社ではないけれど、地域のシンボルです。
やはり神社には樹が似合います。私はあまり信仰心はありませんが、
自然崇拝は人間としてあたりまえだと思います。
神道の八百万の神というのはいいですね。キリスト教のような一神教は
自然を人と対峙するもの、征服するものととらえがちです。
梅原猛先生は西洋の一神教の時代は終わった。日本的(神道的)
な自然観がこれからは必要だとおっしゃていますが、ほんとうに
そうだと思います。


弓槻町 八幡社のいちょう 001


弓槻町 八幡社のいちょう 004

いちょうは材にすると、白とベージュの間くらいの色です。
比重は広葉樹の中では軽いほうです。
軟らかすぎて家具にはむきません。まないたにするといいそうです。
油分があって水切れがいいそうです。プロの板前さんは無地(節や
傷が無いことです。)の大きなものを好むそうです。
実は私も長さ3メーター、幅50センチ、厚さ6センチの板(ばん)を持って
ます。ただ小節が多いのでまないたにはどうですかね。

弓槻町 八幡社のいちょう 007


仕事柄かもしれませんが、樹を見るのが大好きです。
こんな立派な樹は切ったらあかんとか言いながら材になったら
嬉々として使ってるんだから、我ながら勝手なもんです。
マタギが熊を一番よく知っていて、もしかしたら一番愛しているのかも
しれませんね。

弓槻町 八幡社のいちょう 010


 今日のBGM

 wagner  
siegfried

staatkapelle dresden
marek janowski


(11:14)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by おなか   2010年11月29日 21:33
ケンちゃん、ブログの文章はセンター揃えより頭揃えの方が読みやすいと思うんですが、、、
ゴメンナサイの余計なお世話

コメントする

名前
URL
 
  絵文字