2011年01月

2011年01月29日

広渡さんの設計した家のオープンハウスに家具を置かせて
もらいました。

広渡作品 くろんど池 001


















傾斜地に建っています。真ん中がエントランスです。平屋に見えますが
実際は2階部分です。

広渡作品 くろんど池 002


















エントランスから1階のリビングを見ています。ダイニングテーブルと椅子
が見えます。くるみ材のオイル仕上げです。テーブルはW1950 D750
H710 椅子はW450 D520 H750 SH430です。床のタイル、鉄
の階段とのコントラストがあって木の素材感がいっそう引き立っています。
広渡作品 くろんど池 011


















1階、バルコニーから見たダイニングセットです。
テーブルの脚は内側に納まっているので足が自由になります。
6人でも充分な大きさです。
広渡作品 くろんど池 015









































キッチンです。ゆったりしたスペースです。

広渡作品 くろんど池 010


















和室です。畳の部屋も欲しいですね。

広渡作品 くろんど池 006








































ベンチです。座板は楠の一枚板、背と脚はくるみです。W1950 D540
H730 SH430です。3人ゆったり座れます。4人でも大丈夫でしょう。
横になって昼寝もできます。お施主さんはバイクマニアだそうで、この部屋
はバイクが並ぶそうです。ご自身で整備もなさるそうです。
そのために天井にホイストがついています。BMWがお好きだそうです。

広渡作品 くろんど池 004








































2階の寝室です。東南に窓があるので朝日とともに目覚めますね。
窓際のコンソールテーブルは栗のオイル仕上げ、W500 D350 H900
です。お花を飾るといいでしょうね。手前のスツールは座が楠、脚は栗
背は黒檀です。W400 D400 H530です。3本脚のおおぶりなものです。
広渡作品 くろんど池 016


















まわりは樹木にかこまれた自然の豊かなところです。
リビングルームから好きなバイクを眺めながら暮らす・・ 最高の贅沢
です。

(20:44)

2011年01月28日

小ぶりなベンチを作りました。

ベンチ 006


















くるみ材のオイル仕上げです。W960 D420 H660です。座は一枚板
です。ころんとしたかわいい感じです。

ベンチ 003


















脚は丸ホゾで十字に楔が入っています。

ベンチ 002


















背のスポークです。座の裏まで貫通させて楔でしめています。
旋盤がないので一本ずつ手ガンナで削ってます。木殺しも充分してるので
緩んでくることはないはずです。

ベンチ 005


















座面の奥行きが少し短いので女性向きかもしれません。美人姉妹が座ると
絵になりそうです。

       

(14:02)

2011年01月23日

1月26日、奈良市高山で広渡さんの設計された家のオープンハウス
があります。くろんど池の近くです。家具を数点展示させてもらいます。

小 017








































この三兄弟も展示します。
興味のある方は広渡建築設計事務所のホームページをご覧下さい。
私も午後は居るつもりです。
広渡さんとは建築家フォーラムでご一緒させてもらってます。
いつもにこにこされていて穏やかな方です。ブルックナーがお好きなので
お会いすると音楽談義で話が弾みます。

(15:02)
小椅子を3脚作りました。

小 017








































材は胡桃です。オイル仕上げです。W380 D430 H850.670.580
です。もちろん座れますが、玄関に置いて花器をおいたりいろいろと
楽しめると思います。高さを変えて3脚作りました。

小 036








































一番、低いバージョンです。

小 034








































後ろに見えているのは横切り盤です。材を乗せた台がレールの上を
スライドします。キャビネット作りで板を直角に切るのに不可欠な機械です。

小 001








































中のバージョンです。

小 018









































小 020








































高いバージョンです。

小 024


















背と座の接合部です。背を2ミリ掘り込んで座板を嵌めています。手間が
かかるんですが、木がやせても隙間が出来ません。木工で隙間があるのが
一番みっともないので接合部は気を使いますね。まあ昔からあるテクニックで
専門用語では「大入れ」と言います。

小 032


















この三角形のパーツも大入れにしています。座がねじれないよう6ミリ
くらい入っています。

小 030


















前脚も大入れです。

小 028


















前脚の座との接合部です。直径30ミリの丸ホゾです。真ん中に硬い材で
楔を入れています。
木工で接合部に隙間があったり、鉋がきれいにかかっていないというのは
論外ですね。あるピアニストが語っていたんですが、上手に弾けてあたりまえ、
その先が難しいと・・・ 技術とセンス、両方必要です。木工は難しいでしょう
とよく言われます。いつも答えるのは10年もしたらただ作ることは上手
になります。それよりセンスを磨く事が大事ですと。本を読んだり、音楽を
聴いたり、旅行したり、人間の幅を拡げないと・・・・ 

(13:41)

2011年01月20日

最近作ったかんざしです。材はローズウッドです。あわびを象嵌しています。
すこしアールをつけています。くるみオイルで拭いています。なめても
大丈夫です。長さが18センチくらいです。ローズは色がなんともいえず
いいです。

ca167947.jpg
裏側です。ローズウッドもいろいろ種類があります。ブラジリアンローズが
本物ですが色や雰囲気の似た木をナントカローズとか呼んだりよくわかりません。
ただ、木にも流行があって一昔前はバーズアイメープルが流行りました。
いまはブラックウオルナットが人気あるみたいですね。私はそれぞれの材に
いいところがあると思うのであまり好き嫌いなく使うほうだと思います。
ローズウッドは貴重な材なのでこんな小物しか作れません。


ceb785fa.jpg

今日のBGM

        MAHLER SYMPHONY NO1

        CONCERTGEBOUWORKEST AMSTERDAM

        LEONARD BERNSTEIN

バーンスタインのコンセルトヘボウとのライブ盤です。
濃い演奏ですね。1番は人気があって沢山CDがでています。
実は初めて買ったクラシックのCDがこの曲でした。
訳もわからずに買ったのがコリン、デービスとバイエルンでした。
笑いますね。いまなら絶対買わないでしょう。
最近、マーラーよく聞いています。去年、今年とメモリアルイヤー
という訳でもないんですが・・・・

(14:03)

2011年01月16日

昨夜から雪になりました。朝20センチくらい積もりました。e9f1e954.jpg






















家の前の道路です。
67a46dd1.jpg




































根雪になりそうです。

9a598f9f.jpg




































新雪状態でスキー出来そうです。各地のスキー場も降りすぎで困ってるかも
しれません。ゲレンデの整備が大変だし、なによりお客さんが来にくくなります。
今夜から明日にかけてまだまだ降りそうです。周山街道を通られる方は
気をつけてください。四駆、スタッドレスでないと厳しいかもしれません。



(15:54)

2011年01月14日

京都のえべっさんに行って来ました。四条大和大路下がったところにあります。祇園にも近い繁華街です。

えべっさん 003


















10日の10時くらいです。えびすさんの誕生日らしいです。寒かったんですが結構人が出ていました。

えべっさん 004


















いかにも儲かりそうな色です。

えべっさん 007


















福娘さんです。福笹に福俵、熊手、千両箱、鯛、福箕、御札、宝船
小判などを付けてもらいます。(有料)

えべっさん 009

















こちらは完成品の福箕です。福娘さんがカメラを向けるとにっこりしてくれました。可愛いですね。

えべっさん 012








































天井から吊るす吉兆です。
福笹、吉兆も結構高いんですがみなさん並んで買われていました。
私も経験していますが、一度買い出すとやめにくいんですよねー。
よければお礼もこめて、悪ければ願望をこめて・・・
余談ですが、えべっさんは耳が遠いそうです。お参りの最後に板壁を
叩いて願い事を聞いてもらいます。
とにかく、今年こそ景気がよくなるといいですね。

(07:59)

2011年01月12日

家具 232


















欅の置床です。W1600 D400 H60とかなり大きいです。右端に白く
見えるのは白蝶貝の象嵌です。拭き漆仕上げです。
兜を飾りたいという方に買っていただきました。
最近は床の間のない家が多いのでお花や焼き物など飾りたいとき重宝
するかもしれません。
木目のカーブに合わせて前面をカーブさせました。直径1メーター位の
原木から取った材です。柾目で40センチの幅をとるためにはそれぐらい太い
木でないと取れません。木工のプロの人がこれを見て感心していました。
材の形からデザインが決まった作品です。木工の醍醐味ですね。
木は天然素材です。長さは比較的融通がききますが、幅は制約が多い
です。その中で木の形と木目を見ながらデザインを考えます。難しいけれど
楽しい時間です。一度切るとどうしようもないんで迷うときもありますね。
もちろん経済性も考えないといけません。
この材は買ったときにカーブした置床にしようと考えました。出来上がりの
イメージがありましたね。そういうときはいい物になることが多いようです。
数年前の作品ですが、久しぶりに画像をみて、また置床作りたくなりました。

     BGM

     シューベルト ピアノ五重奏曲 イ長調D.667 ます

    ウイーン八重奏団のメンバー
   ピアノ サー、クリフォード、カーソン

   古い録音ですが(多分60年代)、音はそれほど悪くありません。
   アナログぽくていいです。
   演奏もウィーンの名手ぞろいで楽しめます。ポピュラーな曲ですが
   私も好きです。

(09:03)

2011年01月07日

年始の雪 002








































また、雪が積もりました。15センチくらいです。天気は回復してよく晴れています。

年始の雪 004


















上桂川をはさんで家の向かいの弓槻の集落です。

年始の雪 003


















年始の雪 023


















やはり弓槻の集落です。

年始の雪 007








































家です。建具を木製に変えたいですね。

年始の雪 008








































裏の杉林です。シュトーレンみたいです。

年始の雪 009


















裏の雑木です。

年始の雪 012


















年始の雪 018



















上桂川の対岸から撮りました。日本画みたいですね。

年始の雪 020








































手前が上桂川です。夏の釣り師の賑わいがうそみたいです。
四季があるのはいいですね。年中、暑いとか寒いでは面白くないです。


年始の雪 016









































弓槻大橋から撮った城山? 明智光秀の山城があったそうです。
上桂川が手前にみえます。今回の雪は京都市が除雪のブルを出したので
道路は雪がほとんどなく安全でした。こんなときこそ行政に働いてもらわないと。
年末はほったらかしでしたが・・・・

今日のBGM

         BEETHOVEN  SYMPHONIE no.5

         Wiener Philharmoniker

         CARLOS KLEIBER

クライバーの快演です。クライバーとウイーンフィルには悔しい思い出が
あります。日本公演のチケットをなんとか取ったんですが、クライバーが
キャンセルして聴けませんでした。その後日本に来ることなく亡くなりました。
この5番もすごい演奏ですが最近もうすこし緩い演奏でもいいかなと思い出しました。
歳かなあー。



(13:56)

2011年01月04日

 みなさん、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
京北は大晦日の雪が残っています。

雪 001


















あまり日が照らなくてなかなか溶けません。京都に出る周山街道は道路
には雪はありません。が、路側の雪が昼間溶けて夜から早朝に凍結します。
特に北側で日の当たらないところが凍結しやすいのです。気をつけないと
本当に危ないです。笠トンネルを出た下り坂は要注意です。

雪 002









































屋根の雪です。時々どーんと大きな音を立てて落ちてきます。
当たると痛いです。

雪 002









































家の周りは結構雪だらけです。

雪 010









































それでも、庭の藪椿のつぼみが膨らんできています。自然はすごいなー
と思います。

雪 005









































花粉症の人は見るのもおぞましい杉花粉です。今年は昨年の猛暑で
多いらしいので今から対策をされたほうがいいですよ。ただ、杉には杉の
言い分があって、まず戦後拡大造林でどこもかしこも杉を植林した結果
明らかに杉林が多すぎです。それらが樹として元気な時期になってます。
更に手入れされずに放置されて劣悪な環境にある樹が子孫を残そうと
花粉をたくさん付けるということもあるそうです。結局は人間の活動の
結果が自然界にも影響を与えているんですね。花粉症の人には申し訳ないけれど
自業自得ですね。

今日のBGM
         Brahms
         Violin Concerto

         Jascha Heifetz
         chicago symphony orchestra
         Fritz Reiner

言わずとしれた、ハイフェッツの名盤です。ハイフェッツが颯爽と弾いて
います。かっこいいの一言ですね。

(13:34)