2012年07月

2012年07月30日

倉敷のギャラリーの庭のツリーハウスです。

kurasiki 002

作られてからだいぶ経っているようです。
すごい大木のもっと高い所に作ってみたい・・・・
そこから下界を眺めながらビール飲んだら気持ちいいだろうな。


(22:30)

2012年07月29日

倉敷に日帰りで行ってきました。同行した友人の
姪御さんのマスカット農園に遊びに行きました。
ハウス栽培です。

kurasiki 030


kurasiki 032


中は葡萄の樹が1メーター50センチくらいの高さで水平に枝が伸びてい
ます。マスカットの実に当たらないよう中腰で歩かないといけません。


kurasiki 037


kurasiki 040


なかなか壮観です。腰が痛くなりますが・・・・

kurasiki 021


実際に実が成っているのは初めてみました。これからお盆前くらいが
最盛期だそうです。


kurasiki 024


早朝に収穫しないといけないそうです。たくさん試食させてもらいました。


kurasiki 035


ここだけの話ですがワインも作っているそうです。(酒税法違反)
9月にはヌーボーを送ってもらいます。




(22:30)

2012年07月28日

お隣の家庭菜園のカボチャが元気です。
やけくそみたいに茂っています。

かぼちゃ 005


大きい実をもらいました。黄色の素朴な花です。


かぼちゃ 002

実はカボチャはそんなには好きではありません。特に煮物は口の中が
もぐもぐする感じが・・・ 女性は好きな人が多いんでしょうか?
芋、蛸、ナンキンは本当なんでしょうか?


(22:30)

2012年07月27日


  お隣のクチナシが満開です。


かぼちゃ 007

姿もいいし香りもいいです。

かぼちゃ 008



かぼちゃ 010


こちらは蕾です。


かぼちゃ 012


かぼちゃ 009


やがてこうなります。


かぼちゃ 013


かぼちゃ 014


諸行無常。枯れて、朽ち果てるから花もいいんですね。虫が寄っています。
自然の循環の中で無駄なものはありません。。きちんと自己完結していま
す。今、現代の科学で完結できない物(核廃棄物)を子孫に押し付けるとい
う発想。僕には理解出来ません。下世話に言わせてもらうと「自分のケツは
自分で拭けよ。」と思います。立派な大学出た賢い人がなんでこんな子供
でも判るまっとうな理屈がわからないのか・・・ おかしいと思いませんか?




(07:47)

2012年07月24日

庭の藪椿の実が熟れてきました。

7月24日夕景 002


つぶしたら椿油が取れるんでしょうか?

7月24日夕景 005


気のせいかもしれないけど触ると油っぽいです。

(20:12)
夕方、工房の裏を散歩しました。夕霧が出ていました。
細野川です。


7月24日夕景 009


上桂川に流れ込んでいます。
田んぼの稲もだいぶ大きくなりました。

7月24日夕景 014


今は水が抜かれています。このむこうは北山杉の林です。


7月24日夕景 011


7月24日夕景 015

手前のネットは猪よけです。


7月24日夕景 016

ヒグラシが鳴いています。私の好きな時間です。



(19:18)

2012年07月19日

去年、植えた半夏生の花が咲きました。

半夏生 001


葉の片側だけが白くなるので半化粧とも書くそうです。
茶花です。地下茎なので増えそうです。

半夏生 004


半夏生 001


横のブルーベリーです。まだ全然熟れてません。

半夏生 006


半夏生 007


食べごろになると鳥が来ます。おこぼれをもらいます。



(09:20)

2012年07月17日

あちらこちらでネムの花が咲いています。
このネムは工房に通う道のそばにあります。


ねむ 002

大きな樹です。満開少しすぎたかな。

ねむ 001


ネムの花は私には南国のイメージですね。日本、固有の樹なんでしょうか。
名前の由来は葉が夜は閉じるからだとききました。

ねむ 007


ねむ 003


ねむ 004


ねむ 005


夏の花ですね。

(14:34)

2012年07月16日

サイドボードをお作りしました。

7月16日 003


L2200 H900 D395   マカバの柾材、拭き漆です。本やオブジェなど
飾られるそうです。木目がキレイと大変気に入っていただけました。

7月16日 005


自分用にこんなサイドボードが欲しいんですが、紺屋の白袴でなかなか
出来ません。オーディオとCDをなんとかしないといけないんですが・・・

(14:55)

7月16日 010

お昼1時頃です。京都は35,1度だそうです。さすがに京北も暑いです。

7月16日 007

空も樹も草も光のなかです。

7月16日 008


7月16日 009

まだ梅雨明けではないそうです。皆さん、ご自愛ください。



(14:47)

2012年07月13日


_SS500_

最近、読んだ本です。オットー、クレンペラーは1920年代から
60年代に活躍したドイツ系ユダヤ人の指揮者です。
往年の巨匠指揮者の一人です。没後40年位経っていますが
今も一定の評価と人気のある指揮者です。年季の入ったクラ
シックファンにはおなじみの名前でしょう。
何枚か写真があって、その一枚にブルーノ、ワルター トスカ
ニーニ エーリヒ、クライバー クレンペラー フルトベングラー
の5人が並んでいるのがあって、ひっくり返りそうになりました。
20年代30年代のドイツやオーストリアの雰囲気がする本です。
私も何枚かCDを持っています。特にマーラーがいいですね。
実際、マーラー本人とも親交があって就職の推薦状も書いて
もらっています。この人は私生活も波乱万丈で、人妻と駆け落
ち騒動、脳腫瘍、大火傷、ひどい骨折と次から次へと起こりま
す。しかし一番はナチスのユダヤ人迫害でアメリカに亡命した
ことでしょうね。戦後もドイツではなくイギリスのオーケストラを
中心に活動しています。ステレオ時代にもまにあって、今も
我々を楽しませてくれます。
もし、タイムマシンがあれば実演を聴いてみたいですね。
お勧めのCDはたくさんありますが、仏EMIのマーラーボックス
が一押しです。まず、安い(安すぎ)録音もいいです。名盤の誉れ高い
「大地の歌」(ウンダーリヒがいいです。)、快演か怪演か?度肝を
抜かれる7番、2番、4番と名演ぞろいです。
HMVで売っています。


143



(19:59)

2012年07月06日

SEAS   FU!0RBをバスレフにしました。

帯 001


これがいいんです。10cmとは思えないパフォーマンスです。データシート
の周波数特性は100Hzからだら下がりになっていますが、低域の量感
も結構なものです。さすがはハイエンドのドライヴァーメーカーです。フレーム
はしっかりしたアルミ製です。、パワーを入れても音が破綻しません。
グルダのベートーヴェンのピアノコンチェルトを聴いたんですがベーゼンド
ルファーの音色をくっきりと再現していました。音が厚いです。

帯 024


W140  H250  D180  ナラ柾材14mmです。サブバッフルは14mmの
ウエンジです。ダクトのチューニングは80Hzくらいです。
SEASのホームページにbrethtaking(息をのむような)とか書いてあった
んで、おおげさなと思いましたが、そう的外れでもないです。
どちらかというとクラシック向きです。デュプレのドヴォルザークのチェロ
コンチェルトではチェロの胴鳴りがリアルです。


帯 021


帯 029

デスクトップやサブシステムにぴったりです。小さい部屋なら充分メインで
いけます。

ご希望のエンクロージャーをお作りします。
お問合せは下記まで
moonlove10000@gmail.com





(18:54)

2012年07月05日

広島のM様のご依頼で582sc用にタモでエンクロージャー
をお作りしました。

タモ  007


デスクトップ用です。サイズのご指定がありW125 H200 D160  ダクトは
80Hzくらいのチューニングです。材はタモ14mmです。
手持ちの582scで試聴しました。低域もけっこうあって穏やかな音調です。
このドライヴァーはコストパフォーマンスが高いですね。

タモ  005


タモ  001

ターミナル、配線材、吸音材をお付けしてお送りしました。
後日、ご使用中の画像をいただきました。


RIMG0162


RIMG0166


RIMG0164


大変、満足されているようでなによりでした。特にうれしかったのは奥様
より高評価をいただけたことです。とかく、オーディオは女性には理解して
もらいにくい物ですから・・・・ 家庭内平和は大事です。

お手持ちのドライヴァーにあわせたエンクロージャーの製作もいたします。
お気軽にメール、または電話でお問い合わせください。無料でお見積もり
いたします。


(13:24)

2012年07月02日

4日ほど前に撮った月です。


帯 008


7時くらいです。山の陰から半月が出てきました。

帯 006


電線と杉と月・・・  今、大飯原発から40kmの京北ではいろいろと考え
させられます。

帯 016


すこしずつ空が暗くなっていきます。 地球の自転を実感します。人間の
時間軸と宇宙のそれとはあまりにもちがいます。刹那の中で喜んだり
悲しんだり、なんとちっぽけで愛おしいのか・・・

人間と宇宙、文明と自然、答えはないんでしょうね。


(23:14)