2014年09月

2014年09月25日

 DSC_0187
 
家の前の田んぼです。4~5日前に刈り取られました。コンバインでするんで早いものです。次の日にはトラクターで耕していました。米価は安いのに機械代も大変でしょう。兼業農家の方と話すと米を買うほうがよっぽど安いとおっしゃられます。
日本人のDNAで先祖代々の田を荒らす訳にはいけないという気持ちだけで米作りを
続けられているんでしょうね。私の住んでいる中山間地は田んぼ一枚が狭いし大規模化にも限度があるのでいずれ耕作放棄地が増えるでしょうね。そこに持ってきて、
最近の獣害の多さには目に余る物があります。家の横や庭にも鹿や猪が出没します。自家用に畑をしている年寄りも嘆いています。
都会の人にも関心を持ってもらいたいですね。
DSC_0186

また寒い冬が来ます。いっそ冬眠でもしたら楽なんでしょうが悲しいかな人間なんで
寒くてもあくせく働かないといけません。

(01:45)

2014年09月24日

 15時間ほど色々なCDを聴いて少しはエージングが進んだようです。エンクロージャーのボンドも乾燥が進んだと思います。

DSC_0171

低音が最初よりは出だしました。とはいっても8cmですからしれてますが・・・
試しにウーファーに1,5mHのコイルを入れましたがさすがに容量が大きすぎたようで何ともしけた音になってしまいました。計算すると800Hz位から減衰するようです。
入れるならステレオ誌の記事のように0,3くらいでしょう。

DSC_0183

トウィーターのコンデンサーも変えたいんですが、付属の物でもギリギリで収まっているのでトウィータースタンドを作り直すか、ウーファー部の内部に収まるようにするかですね。ネットワークをやりだすとキリが無いんですが面白いですね。もうすぐ発売されるムックのチャンデバも買うんでしょうね。しかし最近の付録はすごいですね。
来年はどんなユニットになるんでしょう。まさか3WAYなんてことは無いでしょうね。

参考価格 32000円 (ターミナル、吸音材、内部配線はお付けいたします。ユニットは付きません。)
お問い合わせはmoonlove10000@gmail.com までお願いいたします。

(14:10)

2014年09月23日

 DSC_0161

FOSTEXの限定ユニット、FE103-SOLのエンクロージャーをお作りしました。
発売されているのは知っていたんですが、実物を聴く機会も無くそのうちに完売に
なってしまいました。このブログを見られた方からメールを頂いて、SOL用のエンクロージャーのオーダーを頂きました。
いろいろと相談のすえ、内容積7L弱のバスレフでお作りすることになりました。
ところが、SOLが完売でやっと今月半ばにユニットが届いてようやく完成させました。

DSC_0159

W165 D234 H340 、単純な内容積は6,9Lくらいですが、補強材、ユニット
バスレフダクト部などで実効内容積は6,4Lほどです。
天地板、側板、裏板はアメリカンブラックチェリーの20mm、バッフルはヤマザクラの
23mmです。SOLのフレームのカッパー色とサクラ材の色が実によくあっていますね。

DSC_0157

ドライヴァーは座グリをして3mmほど沈めて取り付けてあります。
仕上げはワトコオイルです。バスレフダクトは40パイで90HZくらいのチューニングです。

DSC_0154

ターミナルはFOSTEXです。

DSC_0151

吸音材は天地、裏板、側板の片側に粗毛フェルトを張り込みました。
少し試聴したんですが中高音の純度が高く、精細な印象でした。低域はもう少しあったらいいなと思いましたが、エージングが進めば鳴り出すでしょう。
このユニット結構気に入りました。FOSのFEシリーズはルックスがイマイチなのと
ハイ上がりというイメージがあって今まで敬遠していたんですが、これは欲しくなりました。コストパフォーマンス高いですね。50周年記念モデルでコストかけたんでしょう。もう少し高くてもいいからフレームをもう少し頑張って欲しかったですね。カッパー色は雑誌で見てピンと来なかったんですが実物は案外いいです。サクラとは色調が似ているのでよく合うと思いました。ブラックウォルナットも合いそうです。
このエンクロージャーをお作りいたします。
ターミナル、吸音材セット済み、
42000円(税別、送料別)

お問合せは下記までお願いいたします。
moonlove10000@gmial.com 

(13:36)

2014年09月22日

 DSC_0180

材はアメリカンブラックチェリーです。トウィーターは別体にしました。ウーファーとの
アライメントが調節出来ます。

DSC_0183

ウーファー部はW120 D160 H250です。トウィター部はW90 D30 H68です。
最近はブラックチェリーやブラックウォルナットなど北米材を使うことが多くなりましたねえ。ブラックチェリーはほどほどの硬さでエンクロージャーの材にも向いていそうです。木目もキレイだし使い込めば色も濃くなっていきます。



(08:17)

2014年09月21日

 今年のステレオ誌8月号の付録はFOSTEXの2WAYでした。
発売日に入手していたんですが、なんやかんやと忙しくて時々眺めるくらいでした。
ようやく、3Lくらいのバスレフに仕立ててみました。トゥイーターはアライメントが調整
しやすいように別の箱で上に乗せる形式です。

DSC_0176

とりあえずエージング中ですが、見かけのチープさにしたらまともな音です。というか
結構いいのでびっくりしました。FOSTEXさん、Scan Speakに負けじと頑張りましたねえ。

(09:34)

2014年09月10日

 DSC_0151

 家の前の田んぼの稲が実ってきました。
今年は雨が多くて出来はどうなんでしょう?
工房の裏で稲作をしている知人は猪に入られて最悪だと嘆いていました。
こちらはしっかりした金網で囲われているので大丈夫みたいです。

DSC_0146

お米は美味しいんですが、パンも食べるし麺類も食べるんでねえ。
TPPで安い米が入ってくるなんて後ろ向きの姿勢でなく、安全ですごく美味しい
米を世界中に輸出するなんて面白いですね。
専業農家の皆さん頑張って下さい。

(19:17)

2014年09月09日

 DSC_0142

 ブルーベリーの実が熟れています。おおかたヒヨに食べられておこぼれ頂戴です。
特に手入れもしていないし少しでも食べられたらそれでいいかと・・・








(15:33)

2014年09月03日

 例年、8月は木工ワークショップで3週間ほど長野の蓼科に滞在します。
避暑気分でいいですねとよく言われるんですが、実際は休みも無いし結構疲れます。ま、涼しいのは事実です。ところが今年は雨が多かったですねえ。避暑地らしい
からっと晴れて、乾いた快適な日はほとんど無かったですね。
夜は涼しいを通り越して寒い日も多かったです。京北の自宅も台風と豪雨で2度も
避難勧告が出ました。幸か不幸か不在でしたが、隣人の電話で多分大丈夫とは聞いていましたが、ドキドキもので帰りました。家はなんともなかったんですが、カビだらけでした。

DSC_0014

長野県に多いカラマツ林です。

DSC_0017

これは霧の朝です。雨が多くて霧もよく出ました。

DSC_0016

DSC_0018

カラマツは針葉樹ですが黄葉して落葉します。「カラマツの林を出てカラマツの林に入る」云々という詩が教科書に載ってましたね。多分中学生だったのでカラマツそのものを見たことも無かったのでよくわかりませんでしたね。ただ林を出て林に入るという
表現が印象に残って今も覚えています。


(13:24)
 
DSC_0133

 神戸の竹中大工道具博物館がリニューアルされて10月にオープンします。
関西の木工家の椅子が10点ほど置かれます。実際に座れますし販売もされる
予定です。
これはクラシックな雰囲気の椅子をイメージして作りました。
W660 D520 H1020 トネリコとブナ材です。拭き漆仕上げです。

DSC_0128

DSC_0135

今月下旬に内覧会があります。今から楽しみです。



(08:25)