2015年04月

2015年04月21日


DSC_0031

庭の山梨の花が満開です。白い桜ほどの清楚な花です。あまり日当たりが良くない所にあるので成長しない樹です。実も付くのか付かないのかよくわかりません。

DSC_0002
 
DSC_0006

桜の少し後に咲くようです。肥料を沢山あげれば大きな梨が取れるんでしょうか。
多分無理でしょうが・・・・

DSC_0032



(21:03)

2015年04月19日

家から工房までの途中にある桜並木です。並木と言っても10本くらいのささやかなものですがそれでもなかなか綺麗です。染井吉野ではないので花の時期が遅くて京都の御室桜が散ったあとに開花しました。今がちょうど満開過ぎです。

DSC_0008


DSC_0005

DSC_0010

まだ細い樹ですが私が死んだあとくらいには大きくなっているでしょう。
せいぜい生きているうちに綺麗な花やいい音楽を聴いたり旅行したりしたいものです。

DSC_0007

DSC_0011

DSC_0012

京北の田舎暮らしのいいところは桜を長く楽しめることもあります。

DSC_0013


(14:26)

2015年04月16日

 京都の街中への行き帰りに通る高雄のツツジです。

DSC_0033

早朝で霧っぽくて鮮明ではありませんが山の斜面が一面のツツジで見事です。

DSC_0030

手前はカエデの新緑です。

DSC_0031

春爛漫です。

(20:46)

ダブルバスレフは作ったことがなかったんですがステレオ誌には結構作例もあるし一度チャレンジしようと考えていました。PC用に小型がいいかなと5cmから作ってみました。

DSC_0003

W115 D170 H266です。材は試作用に9mmのシナべニアです。V1が1,5L、V2が1,69L,トータル3,19Lです。5cmのダブルバスレフならいいところでしょう。第一ダクトは18パイで長さ52mm、Fbは116hz、第二ダクトは50パイで長さ9mm(つまり板厚です。)、FBは215hzです。この計算式は小沢先生の式を参考にしました。吸音材はポリエステルを充填しています。ダブルバスレフの理論はしっかり確立していないようなのであまり細かいことにこだわらず作りました。第二ダクトのFbを少しさげてみようと長くしてみました。

DSC_0003

27mmになっています。Fbは170hzくらいのはずです。9mmと聴き比べてもそう差異は感じません。この5cmウッド2Lくらいのバスレフも作りましたがPARCの代表のおっしゃるように音離れのいいドライヴァーですがダブルバスレフでもその美点は変わりませんね。ウッドコーンの色目にあう無垢材でエンクロージャーを作るとよさそうです。



(20:41)
DSC_0028

3日くらいまえの魚ヶ淵の枝垂桜です。今日はもう散っているでしょう。今年も満開を見そびれました。来年はいい天気の日に満開の下で缶ビールでも飲みたいものです。

DSC_0026

幹にも風格があります。

DSC_0025

DSC_0017


DSC_0022




DSC_0015


手前が上桂川に架かっている吊り橋です。そう高くはないんですが欄干が低いので
高い所が苦手な人は怖いかもしれませんね。

DSC_0020

この桜、吊り橋のたもとというロケーションもよくて好きな樹です。皆さんもハイキングがてら来年見に来てください。



(17:41)

2015年04月14日


DSC_0026 - コピー

庭のツツジが満開です。今年はどの花も早く咲いてあっという間に満開になって忙しない感じです。

DSC_0017

ツツジはそんなに華麗な花ではないんですが爽やかな色彩で桜の後にぴったりですね。

DSC_0016 - コピー

どんどん季節が過ぎていきます。仕事ははかどらないんですが・・・・


(20:34)

2015年04月10日


DSC_0003

シナベニヤの9mmの端材が出来たので5cm用のエンクロージャーを作りました。
一度作りたかったダブルバスレフに挑戦です。とりあえずPARCの5cmウッドを仮付けして試聴しました。今まで作ったバスレフより明らかに低域が厚いです。これなら作る値打ちがあるなと思いました。2013年のステレオ8月号の付録SSの5cっも仮付けしてみるつもりです。しばらく聴きながらダクトのチューニング、吸音材の入れ方など検討していきます。箱庭オーディオも面白いですね。

(15:02)

2015年04月07日




庭の椿が満開になりました。忙しさにかまけて3日ほど見ない間に綺麗に咲いてくれました。少しピンクがかった白で清楚な印象です。


DSC_0007 - コピー (2)

品種は知らないんですが園芸種なんでしょう。人間の美に対する執念を感じます。

DSC_0013 - コピー

DSC_0002 - コピー (2)

DSC_0023

蕾もあるのでもう少し楽しめそうです。


(15:10)