2016年05月

2016年05月24日


DSC_0409

大栃を見に行った朽木の同じ谷筋の少し下のほうに生えていたカツラの樹です。カツラは沢筋に多い樹です。
材は柔らくて家具材にはあまり向きません。かっては将棋盤や碁盤のカヤの代用品によく使われて
いました。引き出しの中板にもよく使われていましたね。

DSC_0410

葉が丸くてかわいいですよ。


(20:45)

2016年05月19日


先週、滋賀県の朽木村(今は高島市朽木です。)に大栃を見にいきました。
例によって朽木も高齢化で栃の実を取らなくなったそうです。そこに材木業者がトチノキを売らないかと
持ちかけてきたそうです。実も取らないしまあいいかと一本5万円で売ることになったそうです。実際、60本くらいは伐採されたそうです。太さ1mほどの栃ですから岐阜の銘木市場あたりでは結構な金額で売れたと思います。さすがに地元の人で県庁の自然保護課のひとが中心になって伐採を止めたそうです。30本分の契約を破棄するのに和解金を1000万円はらったそうです。和解金は寄付を募ってすぐ集まったそうです。30x5万円ではなくそこから得られる利益を補償しろというのが業者の主張だったらしいです。伐採した栃も高く売れる部分をヘリで搬出してあとは山にほったらかしだったそうだから程度の悪い業者です。

DSC_0389

幹回り6,5m(直径2mくらい)枝下で4mくらいある堂々たる大栃です。樹齢400年ほどらしいです。かって材木市で幅1mを超えるような栃の板を何枚も買った身としては言いにくいんですがあえてもう切るなと言いたいです。あまりにも多くの大樹が切られてきました。きちんと管理して更新可能な範囲で活用すべきでしょう。
そして樹の寿命に見合った価値のあるモノを作らないといけません。(価格の話ではありません)

DSC_0401

DSC_0393

DSC_0398


木工に携わる人は一度は見てもらいたい樹ですね。



(19:12)

DSC_0031

子供用の椅子をお作りしました。座はトネリコ、脚はブナです。オイル仕上げです。

DSC_0034

子供さんが座ってる姿を想像すると微笑ましいですね。

DSC_0033

この椅子に座る時期はわずかでしょうが・・・・

(10:02)

2016年05月18日

DSC_0019

床几をお作りしました。W480mm  D480mm H430mmです。材は強度のあるブナ材です。オイル仕上げです。
いままで沢山椅子を作りましたがこの形式は初めてです。

DSC_0017

クライアントは女性でお孫さんの運動会を腰掛けて見たいというご希望でした。
色々と考えたんですが、軽さと座りやすさでこの形になりました。

DSC_0022

DSC_0025

折り畳んだ状態です。
座は生成りの牛革です。使い込めばいい色と風合いになるでしょう。
N様、運動会楽しんでくださいね。



(20:01)

2016年05月16日

DSC_0382

今年も梅の実が出来てきました。去年より多いような気がします。

DSC_0379

こういう成りものがあるのは嬉しいですね。花で楽しませてもらい、実が出来てきたと喜び
収穫して食するんですから有り難いことです。


(13:47)

2016年05月15日

随分、更新していませんでした。季節は進んでいます。

DSC_0368

庭の山椒が茂ってきました。花も終わりました。

DSC_0365 - コピー - コピー

残念ながらこの樹は実が成りません。緑が綺麗なんで見て楽しみます。

DSC_0369 - コピー - コピー



(20:58)