2016年09月

2016年09月30日


DSC_0012 (6)

零余子(ムカゴ、こんな字を書くんですね。)が出来てきました。早速30粒ほど取って、電子レンジで調理(と言うかスイッチを押すだけです。)しました。お酒のおつまみに最高ですね。禁酒中なのでただ食べただけです。あっという間に食べてしまいました。今年こそ零余子御飯を食べたいですね。



(16:46)

2016年09月28日


DSC_0008 (5)

FE83-Solと103Solを聴き比べました。83Solは5,1L、103は7Lです。どちらもバスレフです。やはり低域は103が分厚いですね。(あくまで83との比較です。エージングの差もありますが現時点での話です。)中音域、高音域は遜色ない印象ですね。価格差が1000円ほどなのでどちらがいいかとなると悩ましいですね。エンクロージャーを少しでもコンパクトにしたければ83でしょう。低音は期待できませんが・・・ デスクトップにはこちらでしょうね。ダブルバスレフやバックロードにするとエンクロージャーが大きくなるので103でいいやんとなりそうです。もう少し安価なら83を積極的に選ぶ選択肢もありですね。(多分製造コストは大してちがわないのかもしれません。)いっそ5cmとか6cmのほうが103と棲み分けしやすかったと思います。内容積小さめのダブルバスレフかバックロードを考えてみましょうか。

DSC_0015 (5)

あくまでも趣味の世界なんで8cmでも大きなエンクロージャーを作るのもありだと思います。上のクラスがあることが、ある意味制限になって色々と考えるのも面白いですね。


(18:21)

2016年09月27日


DSC_0005 (6)

2016,9,26、午後5時半くらいの西の空です。なかなかスカッと晴れないですね。

DSC_0001 (6)

馬齢を重ねて夕空を眺めているといろいろと考えることもあります。本当なら一句ひねりたいところですが
何も思い浮かびません。

DSC_0004 (6)

考えても仕方のない事は考えず仕事を頑張ります。


(15:48)

2016年09月26日


DSC_0022 (4)

少しはエージングが進んだと思うので改めてのインプレッションです。低域も最初よりは出てきました。それでもハイ上がりな印象ですね。ただ中音域はクリアで素晴らしいですね。輪郭のしっかりした音です。なにか低域を増強する方法を考えないといけません。ただ103Solがあるのであまりおおきなハコにするのも馬鹿らしいです。
せいぜい4~5Lくらいに抑えたいです。バスレフでイコライザー回路〈PTS回路〉を入れるのもありでしょう。ダブルバスレフで7~8Lなら許せるかもしれません。バックロード、共鳴管はどうしても大きくなってしまうので8cmの意味がなくなるような気もします。103Solとの価格差もわずかなので悩ましいですね。
一つ言えるのは8cmフルレンジとしたら出色のドライヴァーですね。FOSTEXも出す順番を間違ったかもしれませんね。



(15:52)

2016年09月25日


DSC_0019 (3)

工房の裏を散歩中に見かけた小さな花です。ブログを初めてからあちこちよく見るようになりました。ぼーっとして見過ごしているものが何と多い事か。



(14:15)

2016年09月23日

DSC_0013 (3)

タデです。別名、アカマンマ。昔は女の子がままごとで遊んだんでしょう。田舎なら珍しくも無い雑草ですね。不便な所ですが日々自然を感じられるのはうれしいですね。



DSC_0015 (3)

 蓼噛んで ひとりこらえる 思い哉  正岡子規









(16:18)

2016年09月22日


DSC_0028 (2)

 今年最後のブルーベリーの実です。我が家のブルーベリーは実が熟するのが遅くて9月に入って熟れてきました。わずかな量ですが楽しませてもらいました。少し肥料でもあげればもっと甘くなるんでしょうか。

DSC_0026 (3)




(16:44)

2016年09月21日


DSC_0022 (4)

FE-83 Solが手元に届きました。早速5,4Lのバスレフエンクロージャーで試聴しました。H315 D189 W128 内容積は5,1L ダクトは30パイ 長さ48mm、Fbは80Hzくらいです。5面に粗毛フェルトを張り込んであります。まだエージングが十分では無いので第一印象です。まずいつもの「ツァラトゥストラはかく語りき」です。冒頭の映画「2001年、宇宙の旅」で使われた部分です。ティンパニーの強打、けっこうな迫力です。パイプオルガンの低音はさすがにあまり聞こえません。弦楽器の表現もいいですね。お次はピアノです。メジューエワさんのライブ盤です。このCD録音がいいのでチェックにはピッタリです。弦の共鳴も美しく再現しています。フルオーケストラよりはピアノソロや室内楽、ボーカルものがよさそうです。

DSC_0019 (4)

フロントバッフルは11mmのブラックウォルナット、他は10mmのアルダー材です。8cmくらいのドライヴァーにはあまり分厚くて強固なハコよりは薄目でハコ鳴りもあるほうがいいように思います。

DSC_0021 (4)

このドライヴァー、103Solがあるのでどうかなと思ったんですがこれはこれでいいですね。低域はあまり欲張らず一本使いで素直にバスレフがいいように思います。が、人間欲深いのでこれでもう少し低域があればと思って、バックロードやダブルバスレフ、共鳴管などと考えてしまいます。ただあまり大きなエンクロージャーにするなら103Solでいいわけです。色気を出さず5Lくらいのバスレフで制動の効いた音を楽しむのが王道かもしれません。あるいは10Lくらいまでの小型のバックロードなんかは試してみる価値はあるかもしれません。
このエンクロージャーをお分けします。バナナプラグ対応、大型ターミナル、取り付け済み、配線済み、ユニットをとりつければすぐ聴けます。
35000円(税別 送料別)です。
試聴可能です。(送料はご負担ください)
お問合せ下記までお願いします。

lovemoon10001@yahoo.co.jp




(17:18)

musicfes33


先日、京都の秋音楽祭のオープニングコンサートを聴きました。シューマンのヴァイオリンコンチェルトとマーラーの1番でした。ヴァイオリンのソロは三浦文彰さん、指揮は下野さんでした。シューマンはあまり聴かないんで、ヴァイオリンコンチェルトも初めて聴きました。いまいち印象に残らない曲でした。私はブラームスかベートーヴェンが好きですね。どうせならベートーヴェン聴きたかったですね。チャイコフスキーもメンデルスゾーンも何回か聴いているので・・・後半はマーラーの1番でした。クラシックを聴きだして訳も分からずに初めて買ったCDがマーラーの1番でした。確かデーヴィス指揮のバイエルン放送交響楽団でした。(今思えば渋い選択ですね。)
前から5番めの席だったので大音量のオーケストラサウンドを堪能しました。CDもいいんですがマーラーは実演がいいですね。1番は若いころの作品で後期の交響曲ほど深刻ぶらずにあっけらかんとした感じで楽しく聴けました。下野さんもケレン味たっぷりの指揮ぶりでフィナーレでは金管を立ち上がらせて盛り上げてくれました。最近、健康上の問題があっていろいろと考えることが多かったんですが頑張らなあかんなと元気づけられました。本当にクラシックファンでよかったなと思います。沢山の人に聴いてほしいなと思います。


(00:34)

2016年09月18日


DSC_0009 (3)

この間まで青かった栗の実が茶色くなってはぜていました。

DSC_0007 (3)

実がありますね。小さいです。美味しそうには見えません。

DSC_0005 (3)

何か動物が食べればいいんですが・・・・



(17:57)


DSC_0030

家の前からの景色です。秋天と書きましたが、結構な暑さです。秋雨前線で雨が多いという天気予報でしたが
ここ数日は晴れ間も多かったです。

DSC_0024 (3)

雲の形が面白いですねえ。

DSC_0025 (3)

台風16号のあとには本格的に秋になるんでしょうか?



(00:00)

2016年09月16日

169

ノイホルトの指輪全曲盤をいただきました。以前から存在は知っていたんですが買うほどのものでは無いなあと思っていました。私がワーグナー好きと知っている友人からのプレゼントです。とりあえず聴いてみるかとワルキューレを聴きました。演奏も歌手陣も悪くはありません。録音もまあまあです。リングを初めて聴く人にはいいかもしれません。安いし。ただ京風というか薄味でクナッパーツブッシュやフルトヴェングラーのような音楽の躍動感には乏しいです。一回聴けば充分ですね。


(13:30)

2016年09月15日


DSC_0016 (2)

小さな花です。名前も知りません。1センチくらいです。なにか健気に見えます。派手な花もいいけど道端の野草も気を付けてみたいものです。
DSC_0012 (2)



(16:09)

2016年09月12日


DSC_0005 (2)


ケヤキです。直径50cmくらいです。ケヤキはバブルの頃くらいまでは唯一無二の銘木で材木市でも高かったですね。それが今ではあまり人気のない材になってしまいました。材としたら木目もきれいだし硬さも程々で乾燥すれば狂いも少なくていいんですがねえ。


DSC_0022 (2)


木工家の悲しい性?で立ち木を見てもどう製材するか考えてしまいます。このケヤキは曲がりが大きいので曲がった材しか取れませんね。


DSC_0023 (2)


DSC_0006 (2)


あと50年もすれば大きな樹になるでしょう。私は確かめることもできませんが・・・





(15:26)

2016年09月11日


DSC_0021 (2)

ススキが出てきました。例年、いつの間にかあちこちで見かけます。
地味なんだけど秋を感じさせてくれますね。

DSC_0010 (2)

DSC_0009 (2)

あっという間に秋らしくなりました。日々、目的を持って生きなければ人生の秋も終わってしまうと思うんですが
ついついダラダラしてしまいますね。


(22:20)

清滝川の近くまで行く機会がありました。

DSC_0025 (2)

京北から周山街道沿いに高雄まで流れています。一見すると水はきれいに見えますがどうでしょうか。

DSC_0026 (2)

残暑が厳しいので水遊びすれば子供たちは喜びそうです。

DSC_0004 (2)



(22:08)

2016年09月07日


無題

マリアカラスのオペラアリア集を知人からいただきました。このアルバム、リマスターが上手で古い録音ですが結構聴きやすい音で楽しめました。それにしてもカラスはやっぱりすごいなあと思いますね。すごい美声では無いんですがとにかくドラマチックです。思うに1950年代は二次大戦が終わって10年そこそこです。現代に較べれば、人の生き死にが身近に存在した体験が当たり前の時代です。実際カラスもアメリカ生まれですが母に連れられてギリシャに帰ってドイツ軍の占領やその後の内戦を経験しています。
音はいまいちでも50年代、60年代のオペラ録音がいまでも一定の人気があるのはそんなリアリティーと平和になって音楽を自由にできる喜びのようなものを感じられるからだと思いますね。
このアルバムでのベストはトスカの「歌に生き恋に生き」です。53年スカラ座オケ、サーバタ指揮です。後年のプレートルとのステレオ録音より声が若くて素晴らしいです。しばらくは愛聴盤になりそうです。

(10:30)

2016年09月06日

 
野間の森 ミギワに行って来ました。 大阪の能勢にあるおしゃれなカフェです。
実はガーデンデザイナーの杉景さんが運営されています。
私もカウンターなどお作りしました。外観や料理の写真を撮り忘れてしまいました。
お庭の花を少し撮ったのでアップします。

DSC_0018 (1)


DSC_0014 (1)


DSC_0010 (1)


DSC_0011 (1)

名前を知らない花もあります。と言うか、ほとんどの植物の名前を知りません。
知らなくてもいいんですが名前がわかるというのは大事なことかもしれません。


(14:59)

2016年09月05日

 
DSC_0028

亀岡の平の沢池の蓮です。今年は花の盛りのころ横を通ったんですが、あいにくとカメラを持っていなくて
撮影しそこねました。で、昨日横を通ったんですが当然花など一つもなく花のあとのシャワーヘッドのようなものを見ただけでした。

DSC_0025 (1)

DSC_0027 (1)

来年はきれいな蓮の花をアップします。すみません。

(15:57)

2016年09月04日


能勢に行ってきました。野間の森でランチをいただきました。その前に野間の大ケヤキを見てきました。

DSC_0006 (1)

幹回り12m、樹齢推定1000年(ちょっと水増しかも)のケヤキです。
昨年に続いて来ました。とにかく迫力のある樹です

DSC_0004 (1)

葉も茂って元気そうです。ここまで大きくなると伐るなんてとんでもない事で手を合わせて拝みたいような存在です。

DSC_0007 (1)

DSC_0008 (1)

DSC_0003 (1)

車でないと行きにくい所ですが一見の価値はあります。



(20:12)