2016年09月

2016年09月02日


DSC_0003

Alpair7用のバスレフエンクロージャーです。栗材です。いい木目です。W197~152 D258 H323 内容積10L
ダクトは40パイ、長さ35mm Fbは80Hzくらいです。低域をあまり下まで欲張らず量感重視のチューニングです。オイル仕上げです。

DSC_0012

上からの画像です。定在波をなくすために台形にしました。吸音材は5面に粗毛フェルトを張り込んであります。
長方体よりは手間なんですが今後は台形にしていきたいと思います。

DSC_0015

実はこのドライヴァー、クライアントの方のものです。おろしたてなのでごく小音量で試聴しました。
繊細でクリアな音ですが何分エージングもできていないので低域の厚みなんかはよくわかりませんでした。
ただ素性はよさそうです。

DSC_0009

栗は中庸の硬さで仕事もし易いし木目もきれいなので好きな材です。音響的にもあまり硬い材よりは柔らかい印象です。(あくまで私見ですが・・)

次作では天地方向も平行面が無いエンクロージャーに挑戦します。

このエンクロージャーをお作りいたします。
50000円 (税、送料別) 納期 およそ1か月
lovemoon10001@yahoo.co.jp  までお問合せください。


(14:27)

DSC_0025

家の前の田んぼの稲です、実るほど首を垂れる稲穂かな。本当に垂れていますね。
今週末は雨らしいのでその次の週末が刈り取りかな。

DSC_0022

このあたりは幸いに台風もあまり来ないし大水も出ないので稲作にはいいところです。
ただ中山間地で小さい田が多いので効率は悪いですね。
地元の人も本当は作りたくなさそうです。機械代、肥料代、など考えると買うほうが安いとぼやいています。

DSC_0020

景観や環境に対する価値もありますが、それに対してはだれもお金を払ってくれません。
これでTPPに入ればどうなるんでしょう。
DSC_0021

DSC_0020

たまにはそんなことも考えながら御飯をいただきましょう。

(14:24)

2016年09月01日


DSC_0105

花で楽しませてくれたネムですがすっかり葉も枯れて実が出来ています。まるで豆ですね。
多分不味いんでしょう。

DSC_0103

あでやかな花の姿からは想像もつかない地味な姿です。

DSC_0101

DSC_0039

こちらは花の姿です。
どんな美人も容色衰えて最後は白骨になってしまう・・・・ とはわかっていても美人には弱いですね。





(13:32)