2017年08月

2017年08月26日



DSC_0009 (2)
 
長野市にウィンザーチェア展を観に行きましたが会場の信濃美術館が善光寺のすぐそばでした。時間があったので善光寺にお参りしました。お盆最中の日曜日で結構な人出でした。三門に登るのも胎内巡り(本堂の下の真っ暗な通路をくぐります。)も行列がすごく諦めました。

DSC_0008 (2)

帰洛して何気なくテレビを見ていると善光寺の盆踊りがどうとか言っていました。この櫓と提灯も写っていました。長野では河内音頭や江州音頭では無いんでしょうね。次回は人の少ない時期にゆっくり行きたいものです。


(01:13)

2017年08月24日


先日の蓼科出張の帰りに長野市に回ってウィンザーチェア展を観てきました。

DSC_0007 (2)
 
会場の信濃美術館です、1966年完成のモダニズムのなかなかいい建築です。ところが今年の10月から取り壊して建て直すそうです。保存の動きも無かったようですね。この年代の建築が一番冷遇されているかもしれません。で、展覧会ですが2部構成で1部はかなり大きな部屋にウインザーチェアがずらりと並んでいました。私は17世紀の初期のものが面白かったですね。稚拙ですが味があって李朝家具に通ずる雰囲気があります。時代を経るにしたがって技術的にもデザイン的にも洗練されていきます。

DSC_0022 (2)


DSC_0023 (3)

私もスピンドル(背中の丸棒)の椅子を沢山作ってきました。改めて自らの仕事を振り返り、今後のヒントも戴けた展覧会でした。






(08:15)

2017年08月21日


DSC_0030 (2) - コピー

去年まで無かった紅い花が庭のあちこちに咲きだしました。はじめはヒオウギかと思いましたが、色目がヒオウギより褪せた感じで葉や茎の様子も違います。

DSC_0026 (2)

 
鳥が種を運んできたのか何かわかりません。この時期花といえば百日紅くらいなので目を楽しませてくれる花が増えるのは嬉しいですね。どなたか名前をご教示ください。

(16:17)

2017年08月20日


DSC_0032 (2)


家の前の田圃です。だいぶ実って首を垂れてきました。朝晩の風も涼しく感じられます。
暑いのはイヤなんですが夏の終わりはなにか淋しい感じもします。子供の時分の遊び惚けた夏休みが終わる寂しさの記憶が心のどこかにあるのかもしれません。

DSC_0035 (1)

 
今年の稲の出来はどうなんでしょうか?TPPとかで安いコメが海外から入ってくるとかなんとかいろんな事を聞きます。素人考えですが米も大量に安く作る時代は終わって高付加価値のものにシフトする時代のように思います。海外に打って出る位の気概を持ってほしいですね。

DSC_0031 (2)

拡がる稲田を見ていると美しいと思います。日本人の原風景です。いつまでも続いて欲しいですね。

(08:53)

2017年08月10日


久しぶりのブログ更新です。仕事が忙しくて失礼しました。
今、長野県の蓼科に滞在しています。休暇ならいいんですが、残念ながら仕事です。

DSC_0027

これは今朝の10時頃の外の気温です。昨日は東京が37度、京都も多分36度くらいでしょう。
標高1300mmくらい所に滞在しているので涼しいです。

DSC_0022
 

カラマツ林です。関西では見かけませんね。長野県あたりではずいぶんと植林したようです。この樹は旋回しながら成長するので角材や板材を取ってもプロペラ状にひねるしヤニがきついので用材としての価値がありませんでした。最近は熱処理でヤニを抜いて、集成して建築材や土木材に使えるようになったようです。そんなこと最初から分かっていたはずなのに、やたらめったら植林したのか不思議です。


DSC_0023 (1)

秋の黄葉したカラマツ林は見事ですが、それだけではねえ・・・
三好達治だったかうろ覚えですが「カラマツの林を出でてカラマツの林に入る・・なんちゃらという
詩が教科書に載っていたような記憶があります。


DSC_0019

遠景に八ヶ岳が見えるんですが画像ではうっすらとしか見えませんね。


DSC_0020


DSC_0025 (1)



DSC_0024 (1)

画像だけでも信州の高原の涼しさを感じてください。私も日曜日には暑い暑い京都に孵ります。
皆さん、くれぐれも熱中症にお気を付けください。無理は禁物です。

(10:57)