2017年09月

2017年09月29日


昨日、工房の裏を少し散歩しました。何本か栗の木があります。

 DSC_0090
 
お隣の亀岡市あたりでは栗畑もあちこちありますが京北では見ませんね。丹波栗は結構有名ですが京北もそう気候が違うとも思えないけれどこちらでは見かけません。

DSC_0086

素手で取ろうとしたんですがトゲが痛くて無理でした。


DSC_0087

毎年、食べようと思うんですが取り忘れます。まあ動物が食べているようなんでいいかと・・・
秋は過ごしやすいし、いい季節なんですが後に控えている冬の寒さを思うと気が滅入ります。
DSC_0092

来年こそ食べたいですね。

(08:18)

2017年09月16日


台風が来るようです。それもあってか家の前の 田圃も昨日稲刈りを終えました。

DSC_0015

昔は大勢の手作業で大変だったでしょうね。そういう作業を通して村落共同体の繋がりが出来たかもしれません。稲作は弥生時代から営々と続いています。良きにつけ悪しきにつけ「和を以て貴しとなす」日本人のメンタリティーの元になったかもしれませんね。今はコンバインであっという間に刈ってしまいます。


DSC_0013

昨日あたりからめっきり涼しくなりました。夜は毛布に布団を被ってます。ちょっと前まで暑かったんですがもう秋ですね。少しは仕事もしやすくなりそうです。

(08:32)

2017年09月12日


DSC_0005
 
家の前の田圃です。もうパンパンに実っています。


DSC_0002

今週末くらいには稲刈りでしょう。今年の出来はどうなんでしょうか?考えたら日本人は弥生時代から二千年程稲の出来に一喜一憂してきたのでしょう。日本人の生き方のベースに稲作とそれが出来る土地があります。今は米が不作でもあまり深刻な影響はありませんが、昔は死活問題です。

DSC_0001


DSC_0003


そこそこ長く生きていろんな物を食べましたが結局炊き立てのご飯が一番おいしいですね。
稲作がいつまでも続いて欲しいものです。

(16:18)

2017年09月11日


 恒例のFOSTEXの限定ユニット、今年は208-SOLだそうです。
多分SOLシリーズだとは思っていましたが20cmとは意外でした。
16cmかなあと思い込んでいたんですが・・・

FE208-Sol_980_480 (1)
 例によって仕上げはきれいですね。実物は見ていませんがなかなか立派そうです。
ただ、自作派には16cmのほうがエンクロージャーも作りやすいと思います。
それでなくても、バックロードは大きな箱になるので設置の問題(空間的にも家庭内平和的にも)もあります。実際20cmのバックロードで朗々と鳴らせる環境に恵まれた方は案外少ないかもしれません。限定300台だそうです。
同時にスーパーツゥイーターも限定で発売されるそうです。


T90A-Super_980_480

両方揃えるとなかなかの金額になります。幸いネットワークはそんなに複雑ではありませんが・・
ま、とりあえず208だけで聴くのもありでしょう。
大型バックロードファンには楽しみでしょうね。

(08:08)

2017年09月05日



20170903_094810 (1)
 
先週末に知人のヨットに乗せてもらいました。堺の出島にあるヨットハーバーに停泊してあります。
全長9mくらいだと思います。一応、定員は7名だそうです。初日はヨット上で宴会して、2日目に大阪湾まで連れて行ってもらいました。天気も良くて波も穏やかでした。途中、オーナーが帆を張るとき風上に向かうように舵を取る大役?を仰せつかりました。マストのてっぺんの風向計(風見鶏みたいなもんです。)を見ながら艇の向きを合わせます。大阪湾に出て少し先まで行って引き返しました。ま、実際は殆どエンジンでの航行でした。沖で少し帆走しました。風の力と人力だけで進むのは難しいけれど面白そうです。若ければはまりそうだなと思いました。自然相手のスポーツは面白いですね。その分リスクもありますが・・・


(08:45)