2018年04月

2018年04月30日



 4L

 Mark audioのAlpair10MAOPが限定で発売中です。ノーマルの10もいいドライヴァーです。たまたま以前エンクロージャーをお作りした方から小家具のオーダーを頂きました。そのメールの最後に10のMAOPが気になっているとお書きでした。早速コイズミ無線のHPを見ると予約受付中とありました。ペアで59000円とけっこうなお値段です。実はMAOPシリーズは聴いたことがないので一度は聴いてみたいなとかねがね思っていました。手持ちのノーマル10もコーンが少しへこんだりフレームも傷んでいるので買い替えようかとも考えていました。予算は大幅にオーバーですが208-SOLのクーポンもあるし予約しました。本当は208-SOLのエンクロージャーを先に作りたいんですが何しろ大きいので億劫です。10なら18Lほどのバスレフでいいかなと考えています。ダクトは50Hz位ですかね。定在波を減らせるように台形断面がよさそうです。制作記などまたアップいたします。
 

(11:59)

2018年04月29日


 DSC_0080 (2)

 庭の皐月が満開です。少し色目がけばけばしい印象であまり好きではありませんでした。
それでも毎年見ているうちにこちらに耐性が備わってきたのかこれはこれでいいかと思うようになってきました。

 DSC_0082 (1)

まあ一本だけなので許せます。考えるに少し彩度の低い色の花が私の好みのようです。

 DSC_0081 (3)

 花は年に一度だけ咲くのがいいですね。季節の移ろいが感じられます。

(23:25)

2018年04月28日


 DSC_0064 (5)

 工房の裏の田圃です。水が張られています。 このあたりはGWに田植えが行われます。

 DSC_0062 (5)


水を入れています。周りの支柱は電気柵です。猪や鹿が入らないようにこのあたりの田や畑の周りには必ず張ってあります。景観は良くないけど仕方がありません。

 DSC_0063 (5)


中山間部で効率の悪いコメ作りしか出来ないし、獣害はひどいし、米作りも大変です。本音はもうやめたいでしょう。そんな中でも減農薬や有機で頑張っておられる農家や農事法人もあります。皆さん、価格だけで判断せず真面目な農家を応援してください。



(03:10)

2018年04月24日


 31164154_377499172764802_4199209866264313856_n

 大阪淀屋橋のギャラリー、コーイチファインアートでの漆四人展もいよいよ今週末までです。もっとも日曜日(29日)もオーナーは午後から出てこられるので見て頂けます。私も1時位からは在廊いたします。あと26日(木」の2時くらいからも在廊いたします。上の椅子は背と座が栗、脚はブナ材です。ザックリした感じに仕上げました。数年すれば漆が透けて栗の杢がきれいに見えるでしょう。

 31206214_377498569431529_8774151919783378944_n

こちらはちいさなベンチです。座、背はトネリコ、背のスピンドル(丸棒)、脚はブナです。このタイプはいままでに沢山作ってきました。あまり意識したことは無かったんですが、ウインザーチェアの影響をうけていますね。昨年、長野でウインザ―チェア展を観たあとに作ったので 余計そうかもしれません。小ぶりで(W850mmくらい)可愛いベンチです。


31130992_377499189431467_2112120515077341184_n

井川さんの作品です。乾漆です。


31171128_377499166098136_2845790028330696704_n


こちらは下條さんの作品です。やはり乾漆です。


31224279_377498599431526_1180204030224236544_n


伊藤さんの根来塗です。


31124640_377499206098132_960365304544755712_n


栗材のテーブルの天板です。少し前の作品なので漆が透けて木目がよく見えます。

一口に漆と言ってもいろいろな使い方や技法があります。一度に漆の様々な面が見られる面白い展覧会です。是非お越し下さい。最後に入場無料です。何か買わないと帰してもらえないようなこともありません。

(14:49)

2018年04月23日


 DSC_0042 (7)

高雄の一本楓です。新緑がきれいです。紅葉より好きですね。清々しいですね。

 DSC_0044 (6)

小さな紅い花が咲くんですが余り目立ちません。

 DSC_0040 (7)


DSC_0047 (6)


まだまだ元気です。この楓を見習って私も頑張ります。
 

(16:20)

2018年04月22日


DSC_0027 (8)


 工房のある京北細野町界隈 の最後の桜です。八重で少し赤っぽい色です。昨日響と汗ばむような陽気でした。この桜が散るころには初夏を思わせる陽気になるでしょう。


DSC_0030 (7)


八重は花の構造が複雑な分開花が遅いと何かの本で読みました。桜にも本当に色々な種類があります。

DSC_0034 (7)


DSC_0033 (7)


DSC_0031 (7)


DSC_0032 (7)


一か月近くあちらこちらの桜で楽しませてもらいました。今年は家の周りに鹿よけの柵を巡らせて桜の苗木を植える予定です。



(20:50)

2018年04月21日

DSC_0063 (4)


 家から工房に通う途中に細野川を渡ります。堤防の土手にささやかな桜並木があります。
染井吉野では無く様々な種類のヤマザクラが植えられています。おかげでこの時期に花見を楽しめます。

DSC_0061 (4)

桜も随分と種類があります。何でもいろいろが面白いですね。

(00:42)

2018年04月16日


 DSC_0015 (8)


 コウイチ・ファインアーツでの漆ー春の4人展が始まりました。私と京都芸大の漆工科の後輩お二人、井川さん、下條さん、根来塗の再興に取り組んでおられる伊藤さんとのグループ展です。

 DSC_0020 (8)

  井川さんのパネル作品です。

 DSC_0024 (8)

伊藤さんの根来塗です。

 DSC_0029 (5)

下條さんの作品です。

 DSC_0032 (5)


 DSC_0027 (6)


 私の小品です。漆というくくりですが随分と傾向の違う作品が揃いました。是非お越しください。
私は明日17日(火)午後、21日(土)午後、在廊しております。  

(15:06)

2018年04月15日



   DSC_0016 (3)
 
 藪椿が沢山咲いていますが落花も多いです。樹上で咲き誇っている姿も美しいですが地上で朽ち果てていく姿にも美しさを感じます。人間も青年、壮年、老年を経てそして死んでゆきます。最近アンチエージングだの美魔女だの歳を重ねる事を否定的にみる風潮が盛んですね。時の流れに逆らわず自然が一番だと思います。まあ最近は自然に亡くなるのも大変ですが・・・

(11:11)

2018年04月14日



 30656845_360575194460174_2483938518246621184_n

 大阪の画廊での漆がテーマの展覧会に出品いたします。大学の後輩お二人と根来塗の復活に取り組んでおられる方との四人展です。私はスツール、ベンチなど出品しています。ぜひお越しください。17日(火)21日午後(土)は在廊いたします。

 DSC_0001 (10)

 会場 コウイチ・ファインアーツ
    06-6444-1237
 会期 2018年 4月14日(土)~28日(土)
    11:00~18:00 日曜日休み

  地下鉄肥後橋駅より徒歩3分 淀屋橋駅より徒歩5分
  ローソン(江戸堀1丁目店)の北となり 喫茶山登寿の2階
 

(15:41)

  DSC_0002 (8)

 庭の躑躅が満開です。ありふれた躑躅ですが毎年綺麗に咲いて楽しませてくれます。

 DSC_0004 (3)


 DSC_0003 (8)


 DSC_0001 (8)

 もう四月も半ばです。この間正月だったのにもう三分の一過ぎそうです。ぼやぼやしていられません、とは言っても無理の効く歳でもないしボツボツするしかありません。

 DSC_0006 (8)

  
 有難い事にバックオーダーがたまっています。一つ一つ丁寧にこなしていくだけです。お待ちの皆様、気長にお願いいたします。

(14:25)

2018年04月13日


 DSC_0086 (1) - コピー

 昨日は椅子展の会場当番でした。途切れる事無く来場者が来られて賑わっていました。出品者の竹田さんの教え子の京都教育大の 皆さんも来てくださいました。

 DSC_0085 (1) - コピー

 この展覧会は椅子に触れることも座ることも出来ます。それもあってか皆さん在廊時間が長いような気がします。今日を含めてあと3日です。椅子に興味のある方は是非おいでください。

(14:29)

2018年04月12日


DSC_0049

 響は会場当番で一日在廊します。お待ちしております。
 

(08:36)

 DSC_0073 (1)

 ブラックウオルナット材でカウンターを作っています。長さ3600mm、幅600mmです。無節の良材です。立ち木の時には枝下の長い立派な樹だったでしょう。
プレーナーをかけて、削った面を見ていたら何か光るものがあります。

 DSC_0081 (1)

どうも散弾のようです。長く木工をしていますが、滅多にありません。金にあたったんだから、宝くじでも買いましょう。

 DSC_0078

ブラックウオルナットはクルミの一種です。クルミの樹は日本にもありますが黒い色のものはありません。世界三大銘木らしいです。材は中庸の硬さで仕事はしやすいですね。私自身はもう少し硬めがすきですが・・アメリカのどこに生えていたのか知りません。はるばる極東の島国のお店のカウンターになるのがいいのか悪いのか・・人間のエゴを感じるのは木工家としたらどうなんでしょうか?



(08:23)

2018年04月11日


 DSC_0072 (1)

 
 家の近くの枝垂れ桜です。仕事場に通う道沿いにあります。あまり大きくは無いんですが少しピンクがかったきれいな色で毎日出かけるたびに目 を楽しませてくれます。

  DSC_0069 (1)

 DSC_0066 (2)

 京都の町中ではもう桜も終わったようですが京北は今が満開少し過ぎたあたりです。田舎住まいは時間差で桜が楽しめます。

 DSC_0064 (1)

 枝垂れはいいですね。華やかです。

 DSC_0062 (1)

 今月は仕事が忙しいのとグループ展が二つと忙しいんですが桜に和ませてもらいました。
また、来年です。

(08:19)

2018年04月09日


DSC_0023 (3)

 庭の白椿です。忙しさにかまけて昨日まで開花しているのに気が付きませんでした。

DSC_0024 (3)

 こちらは蕾です。昨日は肌寒い一日でした。椅子展の懇親会で三条木屋町あたりを深夜2時頃に後にしたんですが寒くて風邪ひきそうでした。季節も行きつ戻りつです。明日からは暖かくなるそうなんでほっとしています。
 

(00:45)

2018年04月07日

 
 きょうと椅子展の出品作集です。


DSC_0091

 杉の積層材を曲げています。きれいなフォルムです。


DSC_0090

 スツールです。左がブラックウオルナット材、右がホワイトアッシュ材。軽いです。


DSC_0086


DSC_0085

 背はナラ材、他はタブ材、拭き漆です。


DSC_0079



DSC_0076


鉄成分で染めています。ヤマザクラ材です。


DSC_0074


DSC_0072


DSC_0071


DSC_0069


DSC_0068


DSC_0067

ナラ材です。


DSC_0066

拭き漆仕上げです。


DSC_0065


DSC_0064


DSC_0063

DSC_0062

子供用です。

DSC_0061

DSC_0059

DSC_0058

DSC_0057

DSC_0056

DSC_0055

DSC_0054

DSC_0077


様々な椅子が展示されています。すべて座れます。4がつ15日まで開催しています。
詳細はきょうと椅子展のHPでご覧ください。













(09:57)

 DSC_0053

 一昨日、椅子展の会場当番で終日在廊しました。50人弱の来場者がありました。ゆっくりと色々な椅子に実際にすわっていただけました。
  
DSC_0077

 私の作品です。ブラックウオルナット材に拭き漆仕上げです。W750 D490 H1750 SH450です。タイトルはKURIKARAです。剣のイメージに合うタイトルがいいなと思って付けました。不動明王が左手に持っておられる剣から連想しました。何か剣に炎のように見えるものが巻き付いています。それを倶利伽羅竜王と言うそうです。そこから名付けました。悪を懲らしめる破邪の剣です。

DSC_0050



(01:03)

2018年04月05日


 DSC_0013 (1)

 高雄のつつじです。周山街道脇の駐車場からよく見えます。今年は開花が早いですね。山の斜面一面の花できれいです。手前の桜と一緒に撮りました。

  DSC_0008 (1)


 DSC_0006 (1)

 手前の樹は一本楓です。葉が出てきました。
 
 DSC_0012 (1)

 毎年、思わず車を止めてしまいます。家からこんな景色が見られたらいいでしょうね。

(01:03)

2018年04月03日


DSC_0005 - コピー

 昨日(2日)の4時頃です。今年はこの桜も早いですね。実は日曜日に嵐山で花見をしたんですが、とんでもない人出でした。渡月橋などは歩くのもままならないラッシュアワー状態でした。それに比べりゃ静かなもんです。カップルが一組花見をしていました。後、近所のカップル(多分八十代)?が家の縁側に座って桜を眺めていました。ものも言わず笑いもせず置物のように黙然と眺めている様子がなにか可笑しくて思わず笑ってしまいました。

DSC_0009 - コピー

この桜は上桂川の岸辺にあります。すぐ前に吊り橋があります。数年前の大水で傷んで通行禁止になっていたんですが今年は渡れるようになっていました。

DSC_0017

手前の鳥居状のものが吊り橋です。橋の上から見るのも風情があります。

DSC_0008 - コピー

懸崖造りと言うんでしょうか川に向かって枝垂れて見事です。

DSC_0010 - コピー


DSC_0017

 DSC_0018


DSC_0016 - コピー

 吊り橋の上から撮りました。下流に向かっています。夏には鮎師で賑わいますが今は人影もありません。


DSC_0020


DSC_0023


DSC_0024


DSC_0026


DSC_0027


DSC_0028



DSC_0031


今日も暖かかったので二~三日で満開近くなりそうです。そのあとは雨になりそうなので花見の方は明日、明後日がいいでしょう。ドライブがてらもいいし、JRバスで最寄りの停留所からウォーキングがてらぶらぶら来るのもいいですよ。周山街道のファミリーマートでビール買ってプチお花見も楽しそうです。俗塵を離れ山里で静かに優雅に桜を愛でるのもいいですよ。

(19:55)