2019年03月

2019年03月31日



 DSC_0052 (5)



 高山寺の駐車場のヤマザクラです。昨日ですが、三分咲きくらいです。今日はよく晴れましたが、風が吹いて花冷えです。



 DSC_0048 (3)



私は染井吉野よりはヤマザクラが好きですね。どこもかしこも染井吉野だらけで食傷気味と言うのもあります。





 DSC_0053 (4)


 
今週は少し寒い日が続くそうです。週末のお花見はどうなるか・・・ちょうどいい頃かと思いますが、夜の飲み会がメインのようなもんだから雨にならなければいいです。



 DSC_0054 (3)


(15:55)

2019年03月29日



   DSC_0046 (1)


 今朝、高雄の一本楓の前を通りがかりました。もう、芽吹き始めているかなと近くまで行ってみました。

   

   DSC_0042 (3)



遠くからでも少し赤く見えていましたが、やはり芽吹き出していました。



   DSC_0044 (1)



ここ数日、花冷えで明日のお花見も一週間延期になりました。今年は八幡市の背割堤です。初めて行くので楽しみですがえらい人出かもしれません。ほどほどの人混みは仕方ないでしょうが、あまり多いとねえ・・・ま、その時はさっさと河岸を変えてどこぞの居酒屋で友人の桜色の顔を肴に一杯やります。

(19:13)

2019年03月28日



  DSC_0032 (3)


 庭の梅が散ってきました。咲いてから案外寒い日も多かったので長持ちしたようです。



  DSC_0031 (2)


大方一か月近く楽しませて貰いました。実が付いて大きくなる様子も楽しみです。しかも最後は食べられるという本当にありがたい樹です。



  DSC_0030 (3)



幹に大きな穴があります。塞ぐがないとといけないかなあと専門家に聞くと最近は塞がないほうがいいと言われているそうです。長生きして欲しいですね。 

(15:42)

2019年03月27日



  DSC_0262


 今日は暖かい一日でした。そんな陽気に誘われて上桂川沿いに日吉ダムまでサイクリングに出かけました。右岸(上流から見て右側が右岸、反対が左岸です。)を快調に進んだんですが土砂崩れで通れません。大きな流木も沢山ありました。昨年、九月からほったらかしのようです。



   DSC_0251



ひどい状態です。復旧までまだまだかかりそうです。


  DSC_0249



結局、この地点で引き返しました。自転車を担げば越えられそうでしたが無理しませんでした。本日は11kmくらい走りました。

(23:57)

2019年03月26日


 今日、工房のある京北細野町の簡易郵便局に行きました。荷物を出して、何気なく前の八幡神社を見ると柵のように板が置かれています。


  DSC_0024 (1)


長年、雨風にさらされたようでいい感じに風化しています。


  DSC_0025 (1)



  
DSC_0026 (2)


  
   DSC_0027 (2)  



  DSC_0028 (1)



元々はこの木の柵だったんでしょう。後ろにコンクリ―トの支柱と鉄パイプで新しい柵をつくったようです。木のほうは撤去するのが邪魔くさくてそのまま残したようです。この板で置き床とか作ると良さそうです。細野の自治会長さんにお願いしてもいいかもしれません。

                                                            


(15:57)

2019年03月25日



 DSC_0010


 今朝庭に出ると獣の足跡が・・・鹿ですね。結構深く掘れています。裏の山から駆け下りてきたようです。通り抜けるだけなら結構なんですが庭木の新芽を食べるのだけは勘弁してほしいです。お隣さんは昨年、とうとう庭全体を電気柵で囲われました。という事はますますこちらにくるという事ですね。もう半ば諦めていますがお手柔らかにお願いしたいものです。 

(17:59)

2019年03月24日


 先日、ステレオ誌の付録でサブウーファー用チャンネルディバイダーを購入しました。で、サブウーファーを作りたいんですが、まずはユニット選びからです。コイズミ無線のHPを見ると色々なメーカーのウーファーが百花繚乱状態です。そこそこ大きな口径がいいなあと思っています。ローコストで良さそうなのを物色するとVISATONというドイツのメーカーの25cm に目が留まりました。


 139260358


メーカーのHPを見ると50LのバスレフでFbが38Hzになっています。ザックリ計算すると高さ700mm幅300mm奥行き400mmで50Lそこそこです。大きいちゃ大きいですがなんとか置けそうです、本当は300mmのユニットで30Hzくらいまで行きたいところですがエンクロージャーがとんでもない事になりそうです。とりあえず、色々と妄想で楽しみます。(作るより楽しいですね。)


(10:11)

2019年03月23日


 
 一昨年、昨年と四月に開催した京都椅子展ですが今年は秋に開催されます。今回は画廊ではなく建仁寺の塔頭、両足院での展示です。10月19日~21日の三日間です。


  1ea843d2301af31edb4ab50557308a89



 建仁寺と言えば禅宗の名刹です。純和風の会場で数々の椅子がどのように見えるのか今から楽しみです。 

(12:39)

2019年03月22日




  DSC_0026 (1)



 今朝、高雄を通ると気の早い躑躅が咲いていました。満開になると見事です。二週間後くらいですかね。もう黄砂が飛んでいるんでしょうか?今日は霞んだ空です。花粉やら黄砂やら色んな物が飛んでいます。アレルギーのある方は大変ですね。お見舞い申し上げます。
 

(15:58)

2019年03月21日


  DSC_0003



 庭の藪椿が次々と咲きだしました。ありふれた藪椿ですが、自宅の庭で咲いてくれると可愛いもんです。


  DSC_0016 (2)


  
  DSC_0008 (3)



それにしても時間の流れが速いです。今年ももうすぐ四分の一が終わります。ボーッと生きてんじゃねーよ。と言われそうです。



  DSC_0014 (2)



 この間、咲きだしたと思ったらもう散り始めています。


  DSC_0012 (2)



諸行無常です。とりあえず、今日一日を頑張りましょう。 

(15:15)

2019年03月20日




  DSC_0029 (2)



 昨日は初めての石版画展の初日でした。3時間程在廊しました。ぽつぽつと見に来られる方がいらっしゃいました。私は4時頃失礼しました。その後オープニングパーティーは楽しかったようです。


  
  DSC_0034 (2)



 私の本職の家具の展示です。


  DSC_0038 (1)



サイドテーブルです。天板は栃材、他はブナ材です。脚部に栃を使うのは強度が少し不足です。まあ使って使えない事はありませんが・・


  DSC_0039 (1)



 DSC_0033 (2)



 DSC_0031 (1)



 DSC_0030 (2)



24日午後5時までです。
   

(15:32)

2019年03月19日



   DSC_0006 (1)



 昨日、リトグラフ展とご案内しましたが、初めての石版画展というタイトルでした。会場は京都納品河原町通りの四条と三条の真ん中位の蛸薬師通りの西南角のギャラリーマロニエの5Fです。1階はソフトバンクのお店です。



   DSC_0013 (1)



桜には少し早いですが京都に来られてお時間あればお寄り下さい。入場無料です。
今日の午後5時からオープニングパーティーです。私は所用で参加できませんが・・・ 

(10:00)

2019年03月18日



  DSC_0231



 昨日はリトグラフのグループ展の搬入でした。火曜日から日曜日まで京都のギャラリーマロニエで開催されます。陶芸家や日本画家、金工家など美術、工芸家のリトグラフと本業の作品を並べて展示します。私は本職のほうはアームチェアとサイドテーブルを 出品します。


  DSC_0234 (1)


こちらがリトグラフです。額も作りました。スポルテッドの栃材です。スポルテッドは要するに菌やカビに侵されて黒や茶色いシミが出来ることです。その部分は材が柔らかくなっているので強度の必要なものには(椅子の脚など)使えません。かっては日本では使いませんでした。ところが、アメリカの木工に関する書物などには以前からスポルテッドの材の作品も結構載っていました。アメリカ人はこんな材も使うんやと思っていました。最近では日本でもスポルテッドという言葉も市民権を得たようです。各務原の市の売り子のおっちゃんもスポルテッドなんて言っています。どちらかというと若い人のほうが抵抗なく受け入れているようです。年配の銘木屋さんなどはあんな腐った材なんてという感じでしょう。で、たまたま工房に転がっていた傷んだ栃を使ってやれと思い立って額にしてみました。あまり手に触れず見るだけのような額なんかにはいいかもしれません。侘び寂びというか自然を感じられて案外いいなと思いました。ストーブで燃やそうかと思った物がまさかの復活です。



  DSC_0237



こちらが石版です。けっこうな重さです。ま、石ですから・・・今回のリトグラフ制作はまず石版を砥石と金剛砂で磨くところからでした。明日、会場に行くので会場風景や場所、時間など詳細をアップいたします。


(10:21)

2019年03月16日


 DSC_0028


 
 DSC_0033 (1)



 DSC_0027



DSC_0034 (1)


 今週の水曜日に岐阜銘木協同組合に行って来ました。ほぼ10年ぶり位です。今年になって各務原の平野木材さんの市には毎月出かけています。材木の在庫は結構あるんですが、今人気のあるブラックウォールナット材を求めて通いました。それに染織をしている知人の朴ノ木探しのお手伝いです。古い時代の染色の再現をされています。二枚の版木に布を挟んで染めるんですがその版木が朴ノ木だそうです。1800mmX310mmの無節のきれいな材という条件がなかなかハードルが高くて知り合いの材木屋さんにもあちこちお願いしていたんですが簡単には見つかりそうにありませんでした。原木(いわゆる丸太です)も買ったんですが製材してみると節が出てきて使えません。朴ノ木なんてどちらかと言えばマイナーな材なので簡単に見つかって安く買えるだろうと高をくくっていました。ところが、いざ探すと案外と難しくて 安請け合いした手前、どうしたものかと思っていました。今回の平野の市でも板になった物も数枚出品されていましたがワレや節で使えません。原木もよさそうなのが数本出品されていましたが、いいのは日本刀の鞘屋さんが高値で買うそうでセリで頑張らないと買えないと市場の方に言われました。何でも最近はロシアマフィアが買いにくるそうで高い日本刀もよく売れているそうです。原木は挽いてみないとわからないので製材品のいいのがあれば一番なんですが・・・
で、当日、平野で出会った旧知の材木屋さんから岐阜の市に朴ノ木のいい板が数枚出てるという耳寄りな話を聞きました。市で会う人会う人にいい朴ノ木無いかと声をかけていたのを覚えていてくれたようです。岐阜銘協の市日は14日なのでもし良ければ代理で競り落としてくれるかなとお願いすると快諾してくれました。


DSC_0030 (1)


上の画像の5枚並んでいるのが朴ノ木です。見ると確かに無地(材木業界用語でワレや節の無いきれいな状態を指します)でサイズもほぼベストに近い材でした。これならいいと指値(この金額までなら競って下さいという価格です。)を伝えて帰りました。
翌日の昼前に買えたと電話を貰いました。しかも指値よりだいぶ安く買えたので、私も面目を保てました。その染織家には以前にお世話になっていたので義理を果たせました。途絶えてしまった染色の技法の復元という地味な仕事です。お金にもなりません。それでも、今やっておかないと本当に分からなくなってしまうからと努力されています。材の乾燥、模様の彫りとまだまだ数年はかかります。幸い、木の事は分かるので今後もお手伝い出来ればいいなと考えています。

(12:33)


  DSC_0215


 家から車で5分程の桂川沿いの枝垂れ桜です。夕日をバックに雰囲気がよかったのでスマホで撮影しました。今年は桜の開花予想も早いですね。京北は市内中心部と比べるとだいぶ遅いです。ここ2~3年、この桜の満開を見損ねているので今年は自転車で来てゆっくりと見たいものです。


  DSC_0228



 

(00:13)

2019年03月14日



  DSC_0042


 今朝、外を見るとうっすらと雪が積もっていました。昼までには溶けそうです。昨日は岐阜の材木市に行ってきたんですが帰路の湖北あたりは風もきつく吹雪いていました。猫の目のようにお天気が変わる一日でした。家に着いた頃はよく晴れて冷え込みそうでしたが雪になるとは思いませんでした。


  DSC_0047


今冬は京北は雪が少なかったんですが、丹後あたりも随分と少なかったようです。


  DSC_0039


暖かい日が続いたんで寒の戻りはキツイですね。皆さん、ご自愛下さい。
 

(09:01)

2019年03月13日



  DSC_0083 (1)


 ミズナラ材でサイドテーブルをお作りしました。実はこの材は長野県、茅野市産です。三井の森と言う別荘地にお住まいの方の庭のミズナラでした。家のそばで大きくなり過ぎたようです。数年前に伐採して厚さ12cm程に製材して貰ったそうです。引き取りにお伺いしたらガレージに桟積みしてありました。幸い酷い腐れもなく充分使えそうだったので京都まで持ち帰りました。懇意にしている製材所で30mmの厚さの柾板に製材してもらいました。板目に挽けば幅広の板が取れますがひどく反るのは明らかです。ロシア産や道産にくらべたら目も荒いしまだまだ若い樹なので暴れないようにゆっくり乾燥させました。人間と同じで若い樹は材にしたら反りや捻じれ、割れも入りやすいので取り扱い注意です。結構目の荒い木でした。


  DSC_0109


ご依頼主様のご希望は自分用のソファーに合わせたサイドテーブルという事で色々とデザインを考えました。
何か動物が四本脚で踏ん張っているような、少しユーモラスな形が出来ました。私自身は結構気に入っています。


  DSC_0098


まだ、沢山の材が残っています。ご依頼主様(シニアの女性です。)の娘婿さんがオーディオマニアでオーディオ用のサイドボードをお作りする予定です。先日、わざわざ打ち合わせに工房まで足を運んで下さいました。クラシックがお好きな方(学生の頃は大学オケでパーカッション担当だったそうです。)で最近凝っているショスタコーヴィッチの話で盛り上がりました。私も大好きなのでつい話しに熱中してしまいました。勿論、打ち合わせもちゃんとしました。
おっと、忘れていました。W600 D440 H450です。拭き漆仕上げです。庭の邪魔物がこんな家具になったと喜んで頂けました。M様、ありがとうございました。

  
 

(00:13)

2019年03月11日



  DSC_0023


 W104 H250 D180mmです。内容積は2,3Lほどです。材はヤマザクラです。液化ガラス塗料仕上げです。この塗料はガラスの成分である石英を液化したものです。アルコール系の溶剤なので乾燥も早いし使いやすい塗料です。欠点は価格です。1Lで1万円ちょっとと高価です。



  DSC_0037



ご依頼主様からは大変満足しているとのメールをいただきました。食品を製造する機械の設計に携わっておられる方です。メールに添付された図面も本格的なものでした。随分とお忙しそうで、こんな人達が日本の産業を支えているんだなあと思いました。奥様に怒られるかと危惧されておられたんですが何も言われなかったそうです。K様、ありがとうございました。


  
  DSC_0068



PARCのユニットは比較的エージングは早く出来ると思います。エンクロージャーの接着剤が完全に乾いてユニットも鳴り出せばもっと良くなると思います。




  

(16:02)

2019年03月10日


  DSC_0033


 PARCオーディオの5cmウッドコーンのエンクロージャーをお作りしました。このユニット、ひと頃は結構好きで小型のバスレフやら共鳴管やら数点作りました。最近は色々なユニットが矢継ぎ早に出るのでほぼ忘れたようになっていました。昨年末に当ブログの読者の方から小型のバスレフのオーダーを頂きました。色々とご相談を重ねました。最終的に2,5Lのスリットバスレフに決定しました。そして、内部に制動板を2枚入れたいというご提案がありました。ダブルバスレフとも言えそうです。

DSC_0070



箱の剛性アップにもなっています。完成後に試聴したところでは普通のバスレフより低域が豊かな印象です。PARCの小径フルレンジは口径のわりには低域が良く出る印象でしたがダブルバスレフと相まって5cmとは思えない豊かな低音を聞かせてくれました。おろしたてのユニットで小音量での試聴でしたがエージング後が楽しみです。
  

続く
 

(19:00)

2019年03月09日



  DSC_0017


 今朝は氷点下まで冷え込みました。放射冷却とかいう現象です。日中は快晴になりました。庭の梅も満開です。


  DSC_0001


明日は雨だそうです。何とかと春の空です 。


  DSC_0011



  DSC_0004


 
  DSC_0019


今年は桜も早いそうです。恒例の花見は今年はどこに行くんでしょうか?楽しみです。

(16:48)