2019年03月

2019年03月08日



  DSC_0050


 今朝の京北です。昨夜、雨が雪に変わったようです。お水取りの間に必ず寒い日があると言われていますね。まだ3月初旬ですから当たり前と言えば当たり前です。


  DSC_0051


家の周りでも2~3cm積もりましたが昼までには溶けました。もう夏タイヤに変えても良さそうです。


  
 

(16:06)

2019年03月06日


 DSC_0020


 ステレオ誌の付録、FOSTEXのサブウーファー用チャンネルデバイダーのウッドケースをお作りしました。W132mm h43mm d62mmです。ブラックウォールナット材です。前面からスライドさせてセットします。


 DSC_0015


実はサブウーファーが用意出来ていないので実際には使用していません。25cmくらいのドライヴァーで作りたいと色々と物色中です。本業の合間なので何時の事やらわかりません。


 DSC_0002


そういう訳でケースが音質面に効果があるのかはまだ実証できません。


 DSC_0008


見た目は確実にワンランクアップします。

このケース、複数個制作したのでお譲りします。

6800円(税、送料込み)です。

 

(14:52)

2019年03月04日

 DSC_0080
 

   朗音 ラックスマン真空管アンプキットの真空管を交換しました。上の画像の左がそもそもの付属品です。中国製です。右がエレクトロハーモニックスです。ロシア製です。真空管には疎いんですがエレハモのほうが作りが良さそうに思います。最近は中国製のクオリティーも上がってきているとは思うんですが・・・

 DSC_0085


で、換装しての印象ですが音の輪郭がすっきりしたように感じました。各楽器の定位もよくなったように思います。ちなみに試聴CDはクレンペラー指揮、フィルハーモニアオーケストラのワーグナー管弦楽曲集のリヱンティ序曲で聴き比べました。このオペラ、殆ど上演されませんが序曲だけは演奏されるようです。クレンペラーももっとワーグナーのオペラ全曲盤を残してくれたらよかったのになあと思います。ニーベルングの指輪全曲盤があれば名盤になっていたかもしれません。フルトベングラーももうちょっと長生きしてくれたらステレオの音のいいのが残っていたかもしれません。モノラルの酷い音質でも有難がたがって聴いているんですから・・・こんなことくどくど書いても仕方がありませんが・・
エレハモの12AU7/ECC82ですがヨドバシのネット通販で2千円ちょっとで買えました。このくらいのコストなら変える値打ちはありそうです。まあ球転がしは程々にします。ハマるときりがなさそうですから・・・
 



(17:12)

  DSC_0073


 川向うの山です。昨日来の雨が上がって霧がかかっています。今週は雨が多いそうです。


  DSC_0075


春に三日の晴れ無しということででしょう。


  DSC_0072


当たり前のように四季が移ろいます。日本のいい所ですね。 

(16:48)

2019年03月02日



 DSC_0065


 3月2日の朝です。朝霧が出ています。


 DSC_0064


二月堂のお水取りも始まりました。今冬は雪らしい雪も降らず、💤寒さも彼岸まで大したことがありませんでした。寒がりの私は有難かったです。数日前の京都新聞によると京都の丹後では雪が降らなくてスキー場が一日も営業出来ずにシーズン終了とか出ていました。色々な消費(衣類、暖房器具など)も少なかったでしょうし、鹿や猪が越冬しやすくて個体数が増えるとか、渇水の心配とか暖かくてよかったねと単純な話でも無さそうです。同じ新聞には今年もエルニーニョ現象で猛暑になるとか書いてありました。どうなることやら・・・

(09:00)

2019年03月01日



 DSC_0048


 エレクトロハーモニックスの12AU7が届きました。ヨドバシのネット通販サイトで求めました。郵便局の方が薄っぺらい小型の封筒を持ってこられました。紙にエアーキャップが一枚ついているだけの物でした。真空管というデリケートな物の梱包としたら簡素すぎます。多分、発送係の方は真空管の何たるかも知らず機械的に梱包したんでしょう。一応ヨドバシにはクレームを言うつもりです。
考えたら世間一般での真空管の認知度がどうなんでしょうね。ある程度の年齢より上の方にはなじみもあるでしょうが、若い方にしたらそれって何ですか?てなもんでしょうね。


 DSC_0052


見た感じですが、付属の中国製よりは作りも良さそうです。脚も曲がったりせず綺麗に揃っています。
明日、アンプに実装したインプレッションをアップします。

(14:05)