2019年05月

2019年05月31日



 DSC_0037 (2)




DSC_0038 (3)



 床の間の板を作っています。幅280cm 奥行き80cmの大きな板です。椨(タブ)材です。日本の広葉樹です。クスに少し似ていますが匂いは余りしません。この大きさで一枚板だと材が相当に高価になります。予算の関係で仕事が回ってきました。これだけの長さになると平面をだすのも大変です。画像は部材の捻じれや反りをとって厚みを揃えた状態です。これからドミノと接着剤で矧ぎます。


DSC_0043



DSC_0044 (2)


長円の穴にドミノチップを差し込んで接着していきます。


DSC_0054 (2)


これがチップです。ブナの圧縮材です。ボンドの水分で膨張して強固に繋ぎます。これは50mmx24mmx8mmのチップです。他にもいろんなサイズがあって使い分け出来ます。これのいい所は矧いだ板同士に段が出来ない事です。木工用語で目地が揃うとか言います。



 DSC_0045



ドミノの穴を開ける機械です。ドイツ製です。部品の工作精度が高くしっかりした造りです。どこぞの電動工具メーカー(例えばOキタ)などとは比べ物になりません。その分高価ですが便利さと耐久性を考えたら納得です。 

(15:37)

2019年05月30日



 DSC_0016 (2)


 細野の簡易郵便局に荷物を出しに行きました。帰ろうとドアを開けると八幡宮の新緑が綺麗だったのでパチリとしました。


 DSC_0014 (2)


八幡宮は全国の神社の半数を占めるらしいです。戦さの神様というところが受けたんでしょうか?神仏習合も進めたお宮さんだったようです。南無八幡大菩薩とか言いますね。話は飛びますが大佛次郎の大菩薩峠を以前に読んだんですが話しが脈絡なく続いて果てしも無いので投げ出しました。結局、未完だったようです。もしも興味のある方はどうぞ・・多分、後悔すると思います。私も俺の時間を返せと叫びたくなりました。

(19:01)

2019年05月29日



  DSC_0012 (2)


 庭のヤツデです。常緑で冬も葉が茂っていますが、この時期落葉するようです。


 DSC_0010 (2)



ヤツデは日本原産だそうです。葉っぱは裂けたように分かれています。ヤツデと言うくらいなんで八つに分かれているんかなと数えてみました。7枚が多かったです。7~11に分かれるようです。八は多いという意味らしいです。葉っぱも花もなんとなくユーモラスです。 

(16:43)

2019年05月28日



 夜半から雨になったようです。今日は一日降りそうです。雨もたまにはいいものです。心が落ち着くというか静かに過ごせそうです。お昼過ぎに所用で周山まで行きました。(雨なので車です)帰りに魚ヶ淵を通ると枝垂れ桜の新緑が盛大に茂っていました。



DSC_0008 (2)



DSC_0003 (2)

 

樹勢盛んです。



DSC_0004 (2)



DSC_0007 (2)


上桂川です。画面中央を横切っている黄色い糸が見えるでしょうか?稚鮎の放流を控えて鵜の食害防止に30m間隔位で川を横断するように張ってあります。こんなもので大丈夫なんでしょうか?私は釣りはしないのでよくわかりません。家から川まで2~3分で降りられるので鮎師には天国のようなロケーションなんですが・・・私なら2~3分でスキー場があれば最高です。スキー好きの知人が東京から長野県に移住してあまり行かなくなったと言っていたのを思い出しました。案外そんなものかもしれません。

(15:11)

2019年05月27日




 DSC_0176


 今朝の京北の空です。昨日までより水蒸気が多い感じです。数日続いた猛暑(五月ですが‥)もさすがに終わりそうです。明日は雨らしいので草木も一息つくでしょう。そうなるとまた雑草との闘いです。


 DSC_0170


 画像は午前中ですが午後からは曇ってきました。少し蒸し暑いです。


 DSC_0174


飛行機雲が見えます。いつも思うんですがあの飛行機の中に人間が座っているのが信じられません。理屈は分かっているんですが何か納得できません。いったい百年後はどうなってるんでしょう。スタートレックみたいに転送されていたりして・・・ 

(16:24)

2019年05月25日



  DSC_0145



 
 ヤマザクラでALPAIR10MAOP のエンクロージャーをお作りしました。W216~158 D270 H438
です。上から見て台形になっています。側板間の定在波が起きないためです。板厚は19mmです。内容積は13,8Lです。バスレフダクトは50パイ、チューニング周波数は45HZです。ユニットの取り付けは鬼目ナットです。



  DSC_0131



ヤマザクラは広葉樹のなかでは硬さは中庸から少し硬いほうです。粘りもあり逆目もそうきつくなく、刃物切れもいいので仕事のしやすい材です。私も好きな材です。ただケヤキや栃ほどの大木にならないのであまり広い材は取れません。マックスで50~60㎝位です。このエンクロージャーの材は原木で買った材です。けっこういい材が取れたので重宝しました。残念ながらもうあまり残っていません。また今年の冬に原木を仕入れるつもりです。


  DSC_0138



台形にするのは直方体よりは少し手間ですが、慣れれば何てこともありません。見た目もいいし定在波防止にもなります。


  
  DSC_0150



51WEummxLdL._AC_UL320_



手持ちのMAOPを付けて少し試聴しました。リサ、バティアシュビリのVISIONS OF PROKOFIEVを聴きました。さいきんは昨年のステレオ誌のおまけの8cmのバスレフを聴いていたので10MAOPはさすがに低域が豊かです。冒頭のグランカッサも迫力があります。(大きなマルチにはかないませんが‥)ヴァイオリンコンチェルトもヴァイオリンの響きが豊かで聴きごたえがあります。アンプはラックスマンの真空管アンプキットです。わずか3Wですが全然問題ありません。



  DSC_0155



バナナプラグ対応のターミナルをお付けしました。ご依頼主は音楽関係のお仕事をされていてスタジオモニターとしてお使いになるそうです。いわば音響のプロの方なのでどのような評価を頂けるのか楽しみでもあり怖さもあります。


このエンクロージャーをお作り致します。


 エンクロージャーのみ 58000円

 オプション ターミナル、吸音材の取り付け。(ユニットにファストン端子を差し込んでボルトで固定すればすぐにお聴きになれます。) 5000円

消費税、送料は別途頂きます。
納期は約二か月です。
 lovemoon10001@yahoo.co.jpまでお問合せ下さい。

(17:30)


 ここ数日夏のような陽気ですが、今日は一段と暑いです。まだ五月でこれでは真夏が思いやられます。長期予報はエルニーニョ現象で冷夏とか言っていますがさてどうなりますか・・・


  DSC_0120


この日差しで柿の新緑がきれいに見えます。柿の葉は少し明るい目の緑なので清々しいですね。



  DSC_0123



 足元には蕗が沢山生えています。



  DSC_0124


大きくなりすぎています。


   DSC_0121



明日は京都は34度とか言っていました。熱中症にお気を付けください。私も水分を沢山取るようにします。

(15:13)

2019年05月24日




 DSC_0109



 庭のカエデです。赤い実が付いています。二枚の羽根のようです。真ん中に二個の実があります。ヘリコプターのローターのように回転しながら遠くまで飛んでいくそうです。植物も努力していますね。
翼果と言うそうです。


DSC_0108



DSC_0102

 
赤い色が可愛いですね。
小さな庭ですが四季折々楽しませてもらえます。感謝です。

(14:38)

2019年05月23日



 DSC_0099



 庭のつる桔梗です。地面に添ってつるで増えます。きれいなブルーです。清楚な印象ですがよく増えます。沢山咲いているので見慣れてしまいました。 

(14:28)

2019年05月20日




 350_256-1



 上の画像、ワルキューレの面々です。左から二人目がブリュンヒルデです。という訳で今回はMETのライブヴューイング のお話です。METはアメリカはニューヨークのメトロポリタン歌劇場の略です。ライブヴューイングはオペラの公演を映像化したものです。以前からあるのは知っていたんですが今回は私の好きなワーグナーのワルキューレという事で観に行きました。
早い話がオペラ公演をそのまま映画化したものです。随分と前にドミンゴとリッチャレリのオテロの映画版を見ました。こちらは公演の映像化では無く本当の映画仕立てでなかなかよく出来ていました。冒頭の嵐のシーンなど今でも覚えています。映画版ではライモンディ―のドン、ジョバンニも見ました。こちらもよかったです。オペラ公演の映像はDVDや衛星放送では見たことがありましたが、映画館の大画面で観るのはやはりいいですね。音はいささか人工的ですが仕方ないですね。さて肝心の内容ですが第一幕のジークリンデ、ジークムントどちらもなかなかいいなと思いました。ジークリンデのソプラノはルックスも薄幸の女性っぽくて役にあっていました。ジークムントのテノールは声はいいんですがビヤ樽のような立派なお体でちょっと見た目が・・・春風が吹いて云云かんぬんのアリアもよかったです。それにしても双子の男女が高らかに愛だの結婚だのと歌い上げるのはええんかなあといつも思ってしまいます。で、第二幕、第三幕と続きます。ブリュンヒルデもヴォータンも歌もそこそこでで楽しめました。METのライブヴューイングは初めて観たんですがいいなと思いました。出演者の表情までよく分って劇場とはまた別の物ですね。音響面は善かれ悪しかれ映画です。やはりデジタルっぽいです。
座席も快適でした。これからはいい演目を選んで足を運びたいと思います。        



(17:16)

2019年05月19日



 DSC_0076


 
 お隣の柿の木の新緑がきれいです。この柿は渋です。吊るし柿でも作ればいいんでしょうね。以前借りていた工房の家主さんのおばあさんがよく作っていました。年末に頂くのが楽しみでした。足腰の弱った年寄りにはぴったりの仕事です。歳をとっても出来る事があるのはいいですね。 

(17:03)

2019年05月18日



  DSC_0074



 周山の街外れです。流れているのは上桂川です。見えている橋を通って来ました。伝承によると周山という名前は明智光秀が山城を築いて周山城と名付けたからだそうです。中国の周の武王にちなんでいるとかで立派な名前です。私は周山という名前はなかなかいい名前だと思っています。来年の大河ドラマは明智光秀なんですが周山も何かそれにちなんだイヴェントでもするんでしょうか?それはさておき周山はかっては商店街もあって相当に賑やかだったようです。地場産業の林業も栄えていました。今でも銀行、郵便局、スーパーマーケット、農協、右京警察の支所、区役所の出張所、道の駅、ガソリンスタンド、コンビニ、JRバスの終点と京北地区の中心です。京北は平成の大合併で右京区になったんですがそれ以後高齢化と林業の不振で人口は減少しています。最近役所もようやく移住促進とか言い出しました。遅きに失した感もありますが何もしないよりはましでしょう。



  DSC_0072


魚ヶ淵のつり橋が見えています。画面奥から川沿いの道を走ってきました。一か月後には鮎師の姿も見られるでしょう。



  DSC_0073


道路の上で撮影しました。車の通らない道路は変な感じです。カメラを構えてもつい後ろを振り返ってしまいました。結局小一時間かけて工房に着きました。家の辺りが標高220m程、栗尾峠が421mです。標高差200mを登って降りた勘定です。工房からの帰りはほぼ下りで10分かからず帰りました。ただ途中のダウンヒルが急勾配すぎて爽快というより怖かったです。本当は今日も走りたかったんですが小雨模様で諦めました。またお天気のいい日に走ります。

(15:38)


 DSC_0068



 昨日は絶好の自転車日和でした。昼から工房まで自転車で行きました。魚ヶ淵を通って桂川沿いに周山までたどり着きました。ここまではほぼ平坦な道です。車も通っていません。少しだけ国道162号線を通ります。京北、美山と京都市中心部を結ぶ幹線道路なので結構車も通ります。大きくよけて追い越してくれるドライバーもいれば すぐ横を追い越す人もいます。こんなところにも人柄が出ます。京北トンネルの脇からいよいよ栗尾峠の始まりです。ギアを一番軽くしてゆっくり登りました。トンネル開通までは162号線の難所でした。(特に冬は)


 DSC_0073



今は車は通行禁止です。自転車と人専用です。車と一緒に走らなくていいのは嬉しいですね。



 DSC_0064


途中の展望台から見た周山の街並みです。 続く

(01:01)

2019年05月16日



  DSC_0063 (1)


 
 家から工房の途中にある富士の花です。低い所に咲いているので写真を撮りました。たまに自転車で通うのですが途中が急こう配の坂で息が切れたあたりに咲いていたので撮影を口実に休憩しました。
藤は高い樹に咲いていることが多いので目の前で見られるのは案外少ないです。



  DSC_0050 (1)



藤色は実に爽やかな色でこの季節にぴったりです。道路沿いのあちこちで見かけるのでこの時期 通勤の楽しみです。


  
  DSC_0054 (1)



もう少しのあいだ楽しめそうです。

(19:34)

2019年05月15日



 DSC_0046 (1)
 


 ラックスマンの真空管アンプキットをお譲りします。新品、未開封です。予備機として購入しましたが当分使う予定も無いので・・・価格は定価16200円です。送料はご負担下さい。買いそびれた方はいかがですか?
lovemoon10001@yahoo.co.jpまで

(07:56)


 DSC_0010



 庭の梅です。知らない間に実が大きくなっていました。むっくりと丸くて可愛いですね。



 DSC_0012



肥料もやりませんが毎年毎年律儀に成ってくれます。感謝感謝です。 

(00:12)

2019年05月13日



 DSC_0021



 工房の横手のヤマブキです。小判の色をヤマブキ色とたとえているのを何かで読みました。ようするに黄金色という事でしょう。蒔絵に使う金粉くらいしか見たことがありませんが、もう少し暗めかなと思います。



 DSC_0020



私は白ヤマブキのほうが好みです。造園に詳しい人に聞いた話ではヤマブキは樹形が荒れるらしいです。そう言われれば、枝がアッチャコッチャです。



 DSC_0025


それにしてもここ数日気温が上がりました。半そでのTシャツでもいけそうです。ただ朝晩は案外寒いので服装が難しいですね。明日からは曇りの日が続くようです。


 DSC_0018


夏風邪に気を付けて下さい。 

(15:18)

2019年05月12日



 DSC_0037



 カウンターをお作りしています。長さ3150mm 幅450mm 厚さ36mm L字型です。 
材はタブです。クスに近い感じですが匂いはありません。硬さは中庸です。数年前、懇意にしている製材所から原木で買って製材した材です。椨と書いてタブです。材木市でもめったに見かけません。


 DSC_0038


あまり導管が目立たずおとなしい印象です。よく言えば上品、悪く言えば地味です。多分経年変化でもう少し濃い目の色になりそうです。


 DSC_0040


L字のジョイント部分です。ドミノとウレタン系二液混合接着剤で強固に接合しました。このカウンターはシステムキッチンを囲むように設置されます。朝御飯なんて良さそうです。


(14:01)

2019年05月11日



 DSC_0031


 蓼科から帰ったら前の田圃に苗が整列していました。このあたりは大体ゴールデンウイークに田植えをします。十連休も田植えと畑で終わったなんてぼやいていた人もいました。ほぼ兼業農家なんで仕方がありません。



 DSC_0034


二三日前の京都新聞に田植え機は偉大な発明云云かんぬんと言う記事がありました。確かにぬかるんだ田で中腰の作業は辛かったでしょう。私なんかは一発で腰痛を起こしそうです。


 DSC_0029


穏やかな気候で沢山収穫出来ればいいですね。 

(13:36)

2019年05月10日


 DSC_0014


 庭の皐月が満開です。この色けばけばしくてあまり好きでは無いです。前からある木なので仕方ありません。それにしてもいい天気です。これから梅雨入りまでが一年でも一番気持ちのいい時期でしょう。ところが仕事が立て込んでいてどこにも遊びにいけそうにありません。今週末(もう明日ですね。)には友人達が自転車での びわ湖一周(通称びわいち)に行きます。私も誘われていたんですが来週納品の仕事があって断念しました。残念です。


 DSC_0016


この時期が天気も安定して風も吹かず自転車には最適らしいです。とりあえず家の周りをあちこち走って練習します。秋には昨年行き損ねたしまなみ海道に再チャレンジという話しもあるので・・



(08:53)