2019年09月

2019年09月29日




  145128662



 FOSTEXから限定ユニットが出ます。FE103Aです。コーン紙はSOLシリーズと同じ 二層沙紙だそうです。フレームはシルバー色です。ブラックウォールナットが合いそうです。



alnico_mag-300x300



アルニコマグネットです。マグネットをカバーするU字型のフレームがレトロでかっこいいですね。



FE103A_05



魅力的なユニットですが、お値段が・・・ペアで70000円はいささか高いですね。消費税も10%に上がるのでよっしゃとポチれるような価格ではありません。限定700ペアだそうです。食指は動くんですがちょっと躊躇します。
70周年モデルとかで木箱入りだそうです。




FE103A_06




FE103A_07


木箱はいらないんでその分お安くして欲しかったですね。




 FE103A_03



後、フレームをもう少し立派にしてほしいですね。103シリーズと共通で色だけ変えているようですが、高価なユニットなのでもう少し分厚くするか108-SOLのようなダイキャストフレームにして欲しかったですね。エンクロージャーは7Lくらいのバスレフでいいんじゃないでしょうか。10cmのフルレンジですから、低域は程々でいいでしょう。何事も無理は禁物です。とは言え、ダブルバスレフとか共鳴管とか作ってみたい気もします。煩悩が無くなりません。

(17:30)

2019年09月28日




 DSC_0411



 
 FE103-SOLのエンクロージャーをお作りしました。以前にアップした7L版と同じ方からのオーダーです。103SOLが発売された時に2ペア購入されて熟成?させておられたようです。7Lはオフィス用、16Lは自宅用らしいです。趣味でヴァイオリンを弾かれるクラシックファンの方です。



DSC_0414



材はヤマザクラです。W200 D290  H450mmです。板厚は20mmです。内容積は16Lほどです。ダクトは50パイ、Fbは75Hzくらいです。ダクトもヤマザクラの削り出しです。ワトコオイルのクリア仕上げです。吸音材は粗毛フェルト を張り込んでいます。




DSC_0425




少しだけですが試聴させて頂きました。7L版とそんなに音調は変わりませんが、内容積が大きい分ゆったりと鳴っている印象です。




DSC_0430




ターミナルのベースもヤマザクラです。7l版でも書いたんですが103SOLのフレームの色がヤマザクラとよくマッチしています。初めて見たときは変わった色にしたなあと思いました。ユニットのフレームは黒が多いので違和感がありましたが、今ではいい色だと思います。




DSC_0436



久しぶりに103SOLを聴きましたがいいユニットですね。更なる改良版を期待したいですね。

(22:56)



 DSC_0079




 いい天気になりました。飛行機雲がきれいです。台風崩れの温帯低気圧も抜けました。これで少しは秋が進むでしょう。最近は夜に鹿の鳴き声をよく聞くようにもなってきました。これから鹿も恋の季節です。昨夜も大きな角の雄鹿が道路脇に立っていてビックリさせられました。

奥山に もみじ踏み分け 鳴く鹿の 声聞くときぞ 秋は悲しき   猿丸太夫

百人一首のなかの一首です。この歌、もみじの落葉を踏み分けているのは人か鹿かという論争があるようですが、素直に考えれば鹿ですね。家の周りでもよく鳴き声が聞こえます。鳴き声が聞こえるのはいいんですが運転中に飛び出してくる鹿には驚かされます。鹿はヘッドライトもテールランプも点けていないので危なくて仕方がありません。何回もぶつかりそうになりました。夜10時以降に特に見かけます。京北方面に車で来られる時は鹿にも気を付けて下さい。ぶつかれば車も壊れます。バイクはもっと危ないです。転倒します。知人は鹿と衝突して車が破損したんですが,保険が使える、使えないで揉めたようです。結局は下りたらしいですが・・車で思い出しました。免許証の書き換えに行かねば・・
邪魔くさい事です。 
 

(18:16)



  DSC_0146



 家の周りのあちこちに零余子ができています。少し早いですね。零余子は乱暴に取ろうとするとすぐ落ちてしまうので気を付けないといけません。大きいのを落とすとがっくりきます。別に栽培̪しているわけでも無いのですが、欲と道連れですね。上等の料理屋さんとか行くと松葉に刺して焼いたものが出てきたりします。私は電子レンジでチンして塩をふってビールのつまみとか零余子御飯がいいですね。たまには、取ってすぐ生のまま食べたりします。ヤマイモっぽい味でおいしいですよ。


 零余子とり いきなり口に 大胆な  謙二




(13:56)

2019年09月27日




 DSC_0399




 最近自家用にしているステレオ8月号の付録、マークオーディオのOM-MF519(以下519と表記します)と103SOL(以下103と表記します)を聴き比べました。まず全体の印象ですがさすがに8cmと10cmの差は大きいです。量感は圧倒的に103があります。519も悪くは無いんですがq103の後で聴くと線の細さを感じました。高音は甲乙つけがたいようです。中音は103がゆとりのある鳴り方です。低音は103の完勝です。




DSC_0401




やはり振動板の面積どうりの結果です。コーンの材質も違います。私見ですが、103が暖色系、519が寒色系ですかね。そんな訳で、今回の一騎打ちは103SOLの勝利です。本当はALPAIR7と対決すべきなんでしょうね。価格も倍以上の差があります。口径、価格を考えれば519も健闘しました。今回改めて、103SOLがいいユニットだなあと感心しました。作るならまっとうにバスレフですね。
 

(16:14)

2019年09月26日



 DSC_0087



 工房の前の狗尾草です。逆光できれいだったのでパチリとしました。猫じゃらしは多分これだとおもいますが、わかりません。以前に飼っていた猫が麦の穂で遊んでいて、食べてしまいました。喉がイガイガするようで、猛烈にえづくのでお医者さんに連れていった思い出があります。猫をじゃらすのは楽しいですが食べないように気を付けたほうがいいです。獣医さんは保険がききません。



 DSC_0089



言ってしまえば、雑草ですが案外ときれいです。麦の穂は胃まで行ったようで結局何も吐きませんでした。喉の奥が傷になったようで気持ち悪そうにはしていましたが・・・ 

(14:50)

2019年09月25日




 DSC_0140
 


 爽やかな日になりました。京都は30度位と気温はそこそこ高いんですが湿度が低く過ごしやすいです。空もすっかり秋らしくなりました。



 DSC_0137


もう九月も25日です。気ばかり焦って仕事は遅々として進みません。本当にお尻に火がついてきました。

(13:41)

2019年09月23日




DSC_0113




 三角形の椅子を組み立てました。脚を入れて接着剤と楔で固定しました。




DSC_0111



楔を削って、座面と面一に仕上げます。



DSC_0114



座面の穴をどうするか?初めはそのままでと考えていましたが、埋木がいいかなとも思い出しました。
最終でも出来るのでペンディングです。



DSC_0115



これから、全体に仕上げの空研ぎペーパー(紙やすりの意味です。酸化アルミニウムの粒子を紙にコーティングしたモノです。)で仕上げて完成です。拭き漆仕上げの予定です。
 

(12:51)



  DSC_0119




 台風17号が日本海を抜けていきました。朝6時頃、結構な風であちこちガタガタ鳴っていましたが雨は大したことも無く幸い被害もありませんでした。被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。お昼頃には青空も見えています。


  DSC_0120




DSC_0121




こちらは庭の茗荷です。今年は若葉を鹿に食べられて茗荷の出来もイマイチでした。何か対策をしないといけません。もう枯れはじめています。


  DSC_0118



田舎暮らしは日々の季節の移り変わりが楽しめます。どこに行くのも不便ですが、あまりバタバタせずにゆっくり暮らしたいですね。実際は仕事と雑事に追われてバタバタですが・・・

(12:37)

2019年09月22日




DSC_0094



 三角形の椅子の座と背を接合しています。ドミノと接着剤を入れて、Fクランプで圧着しています。



DSC_0092



オープンタイム(接着剤が乾くまでの作業可能時間の事です)の間に作業しないといけないので結構忙しいです。気温の高い、夏場は特に早くなるので大変です。ま、とにかくこんなふうに圧着して半日ほど放置しておきます。丸一日でほぼ乾燥します。考えたらこんな事をうん十年続けてきました。それでも、飽きる事はまったくありません。同じように作っていても、常に何か発見があります。死ぬまで勉強です。
  

(14:43)

2019年09月21日




 DSC_0451




 夜来の雨が降り続いています。気温も上がっていません。長袖を着ています。世間は三連休ですが、天気予報はずっと雨マークですね。私はずーっと仕事です。子供の頃、休み前は嬉しかったんですが長いフリーランス生活で土日も祭日も関係無くなってしまいました。本当は日曜は休むとか決めた方がいいんでしょうね。



DSC_0444



子供の時分は雨降りは外で遊べないので嫌いでした。今は雨降りも落ち着いて仕事が出来そうで悪く無いなと思えるようになりました。実際、仕事がはかどるかどうかはわかりませんが・・・

 

(15:52)

2019年09月20日




 DSC_0025



 庭の住人です。最近急にお仲間が増えたように思えます。頼むから邪魔にならない所にお家を建てて下さい。うっかり壊すといけないので・・・


 DSC_0028



カエデの実です。ぷくっとして可愛いです。この間幹の根元に蟻が巣を作っていました。慌てて殺虫剤をまきました。たまには全体を見ないといけませんね。



DSC_0023



カエデの幹です。アリのせいで裂けています。回復したらいいんですが・・・



DSC_0014 (2)




ヤマイモの葉っぱです。零余子も出来ているはずです。それにしても昨夜は冷えました。半袖では寒いくらいでした。10日程前は暑かったのに体がついていきません。ご自愛下さい。
 



 

 

(14:17)

2019年09月19日





 DSC_0061




 座が三角形の椅子を制作中です。材はタブノキです。木目が面白いので穴がありますがあえてそのまま使います。



 DSC_0062




背です。鉛筆のケガキどうりに加工していきます。




 DSC_0054



組み合わせるとこんな感じです。二人展用に作っています。用途よりはビジュアル重視なので座り心地などは余り考えていません。普段はオーダーを頂いての制作が殆どなので、たまに好きなように出来るのは楽しいですね。




 DSC_0063



穴も埋めません。裏まで貫通しています。枝が落ちて出来た穴でしょう。いったいどこに生えていたのか・・ いろいろと想像を巡らせつつ制作しています。 

(15:09)

2019年09月18日



 先日、大入れを説明しかけたんですが言葉では難しいですね。そこで画像とイラストで解説します。



 DSC_0032



制作中の椅子の座と脚のジョイント部分です。脚が座から生えているように見えると思います。座と脚は丸ホゾで繋いでいます。座の上まで貫通させて楔と接着剤で固定しています。



 DSC_0015 (1)



で、大入れですが下のイラストのようになっています。






DSC_0034 (1)



脚全体を3mm程沈ませています。脚と座の当たる部分(胴付きと言います)が見えないので隙間無く付いているように見えます。木工で隙間があるのは凄く下手くそに見えます。ぴったりに付けたとしても年月が経つと木が痩せて隙間が出来る事も多いです。大入れにすればどちらの心配のありません。ただ、手間が増えます。ぴったりと嵌めこまないとそれこそ下手くそです。それなりに時間を取られます。それでもスカッと仕上げたいのでここは譲れません。それが無ければ個人でオリジナルの家具を作り続ける意味がありません。
  

(15:38)



 DSC_0052



 昨日の夕方6時位の上桂川です。昼間は結構暑かったんですが、日が落ちると涼しくなりました。なんだかんだ言っても季節は進んでいます。鮎釣りシーズンも先月末で終わりです。来年6月まではしずかなもんです。



 DSC_0047 (1)



もう9月も半ばです。今年も大方四分の三過ぎました。涼しくなって仕事もしやすくなりました。無理せず頑張ります。

(15:19)

2019年09月16日



 DSC_0009 (1)



 小ぶりな椅子を制作中です。座、背のスポーク6本、脚4本、笠木 とパーツが揃いました。




 
DSC_0001 (1)



座です。材はトネリコです。脚は丸ホゾで、大入れ(脚全体を2mm程入り込むような加工です。)です。ホゾの胴付き(説明が難しいですね。明日にでもスケッチをアップします。)が切れないのでスカッと見えます。


DSC_0002 (1)



脚です。



DSC_0008




背のスポークです。テーパー加工してあります。



DSC_0007




笠木です。この椅子は11月のあべのハルカスでの二人展用です。拭き漆で仕上げます。小ぶりで邪魔にならない椅子です。色々なモノを作りますが、やはり椅子が一番面白いですね。
 

(16:48)

2019年09月15日




  DSC_0035




 家の前の田圃です。昨日、半日程で刈ってしまいました。大型のコンバインであっと言う間です。




   DSC_0038





何かで読んだんですが、天日干しの米は美味しいらしいです。その為には手で刈って、一束ずつ 干さないといけません。一度食べてみたいです。自分で米作りしないと無理でしょうね。




DSC_0036



最近、御飯が美味しくて食べすぎです。新米が楽しみです。

(16:36)


 DSC_0040



 昨日の満月です。 十五夜の翌日の月です。真ん丸ですが、少し欠けているほうがきれいですね。

月円し 名は十六夜と かはりけり  正岡子規

そのままですね。どこがいいのかわかりません。

いざよいの 湯女よそほいて いそいそと  山口青邨

色っぽいですね。これはいいですね。

満月の うしろに 恋をかくしけり  松山律子

月と恋、定番です。

いざよいの 白光刺さり 我ひとり  謙二

一句ひねってみました。どうでしょうか?



(16:01)



 DSC_0440



 
 103-SOLの7Lバスレフエンクロージャーをお作りしました。このユニット、発売当時は大人気でした。バスレフを何台かお作りしました。その時はバスレフダクトのチューニングを低域の量感重視 で85Hzくらいでお作りしました。今回、取説の作例を見ると内容積6,6Lでダクトが49パイ、Fbが73Hztと結構低めです。今作ではダクトを40パイ、Fbは73Hzでお作りしました。ダクトは無垢材削り出しです。確かに低域は下までよく出ているような印象です。板厚20mmと分厚いのも制振にはいいのかもしれません。吸音材は粗毛フェルトを天地、裏板、片側の側板に張り込んでいます。ターミナルはヤマザクラ材の自家製です。ユニットとはファストん端子で接続しています。




DSC_0436



ユニットも送っていただいて、完成品でお作りしました。ヤマザクラ材は経年変化で色目が濃くなるのでその変化も楽しんでいただけたらと思います。


このエンクロージャーをお作りします。

 
 本体 ヤマザクラ材 43000円

 吸音材、ターミナルなど当方で取り付け 5000円

消費税、送料は別途いただきます。仕様、材の変更などご相談下さい。お見積りいたします。


お問合せは下記まで

lovemoon10001@yahoo.co.jp   

(15:51)

2019年09月14日




 DSC_0033



 いかばかり うれしからまし 秋の夜の 月すむ空に 雲なかりせば

昨夜は中秋の名月でした。雲が多くて今夜は見られへんなあと思っていました。ところが12時前に仕事場を出るとよく晴れていました。画像は家の前で撮りました。中天の名月です。月齢13,7です。満月ではありません。満月は今夜です。短歌は西行さん作です。まあ素直と言うかそのままと言うか中学生が詠みそうな歌です。良く晴れた秋の夜でお月さんがきれいに見えて嬉しいなあ というような意味なんでしょう。そのまま過ぎて気恥ずかしいような歌です。この率直さがいいんでしょう。私もそこそこの歳になったし気取らず自然体で生きたいと思いますが、これがなかなか難しい。
 

(08:52)