2019年11月

2019年11月13日





 DSC_0173



 二人展終了しました。ご来場くださったみなさん、ありがとうございました。七日間毎日ほぼ10時間在廊しました。疲れましたが懐かしい方との再会 も多くやって良かったなあと思っています。明日は一日ゆっくりします。

(00:05)

2019年11月12日




 DSC_0512




 六日目も無事に終了しました。今日は月曜日のせいかお客様は少なめでした。朝一には大学の同級生の陶芸家夫妻が来てくれました。考えたらうん十年の長い付き合いです。それでも会えば学生の頃に戻れるような気にさせてくれる仲間です。展覧会もいよいよ後一日です。夕方から搬出です。短時間で梱包して車に積み込まないといけません。疲れもたまってきましたが最後、頑張ります。明後日、ゆっくりさせてもらいます。
 

(01:04)

2019年11月11日



 昨日、今日は週末で沢山の友人、知人が来てくれました。十数年ぶりにお目にかかる方もいらっしゃって楽しい時間を過ごしました。


DSC_0175



壁面に掛けている額です。トネリコ材に拭き漆仕上げです。中の椅子の絵は自作のリトグラフです。



DSC_0028



こちらは切溜です。重箱に似ていますが、上に重ねるのでは無く入れ子になっています。鍋料理などの肉や野菜など食材を入れる為の物です。



DSC_0026




タモの球杢の小さな器です。丸い模様は木の表皮にコブ状の膨らみがある部分です。希少な木目で、銘木業界では球杢と呼ばれて高値で取引されています。長さ20cmほどです。



DSC_0051



こちらの額は栃材です。中のリトグラフも私の作品です。展覧会も後二日、疲れてきましたが頑張ります。明日も11時頃から終了まで在廊しています。御時間ございましたらおいで下さい。

  

(00:12)

2019年11月09日



 DSC_0496



 今日、三日目も無事に終了しました。友人、古い知人、大学の同窓生、など入れ替わり立ち代わり来てくださいました。十数年ぶりにお会いする先輩から共通の知人の訃報を聞かされたり歳月の重みも感じました。上の画像は会場風景です。右奥に根来塗作家の伊藤さんの姿が見えます。手前、床に直置きされているのは 茶道の立礼(椅子式)用の棚です。御園棚と言います。元は外国の方用に考案されたようです。正座が出来なくなった御高齢の方にも好評なようです。若い人の中には和室の無い環境で育った方も多いので受け入れられやすいでしょう。あるお茶会でも立礼でも一服頂きました。ただ茶道の基本は正座なので立ち居振る舞い方など検討する点は多いと思います。



 DSC_0515



W1350 D440 H500です。ケヤキ材に軽く拭き漆を施してあります。真ん中の板の部分は取り外せます。普通の御園棚は黒漆仕上げなので木地を見せた仕上げは新鮮に見えるようです。



 DSC_0510



お釜の部分に蓋が出来ればデスクにもなりそうです。お茶をされている方は興味津々で見ておられます。今や座敷の無い家も多いので椅子式のお茶会が今後増えるかもしれません。



 DSC_0512




こんな椅子も出品しています。今日で展覧会も大方半分過ぎました。明日からの後半も頑張ります。



(00:28)

2019年11月08日




 DSC_0172



 二人展、二日目終了です。今日も沢山の方に来て頂きました。



DSC_0157



こちらは出品作の御園棚です。見ての通り、茶道に使うお棚です。椅子でのお点前用です。正座が出来ない外国人用に裏千家の方が考案されたものらしいです。近鉄のお得意様の女性に一目惚れでお買い上げいただきました。マンション住まいで和室が無く、リフォームを考えられていたらしいです。この御薗棚なら置くだけで済むのと、お友達も正座がしんどい方も増えてきているので立礼がいいかなとおっしゃられていました。明日はどんな出会いがあるのか楽しみです。11時から終了まで在廊いたします。
 
  

(00:30)

2019年11月07日




 DSC_0173




 ハルカスでの二人展がいよいよ始まりました。今日は入れ替わり立ち代わり友人知人が来てくれていそがしかったです。なかには20年ぶり位にお会いする方もいて展覧会もいいなと思いました。
デパートでの展覧会は久しぶりです、昨日の搬入は大変でしたが、ハルカスの近鉄は5年前にオープンしているのでバックヤードも通路も広くてまだ快適でした。社員の方のお話では震災以降避難の事も考えてゆとりのある設計になっているそうです。
明日も一日在廊します。

(00:16)

2019年11月05日



 DSC_0134



 今朝は冷えました。気圧配置が冬型と天気予報が言っています。なんだかんだ言っても冬に向かっています。明日の朝は更に冷え込むそうです。昼間は暖かくなりそうです。




 DSC_0137




DSC_0139



長期予報は暖冬と言っていますがどうなるのか・・・暖冬は案外ドカ雪になる年もあるのでわかりません。とにかく停電だけはかんべんして欲しいですね。
 

(08:01)



DSC_0128
 


 昨夕、工房の裏で空を見上げると半月が浮かんでいました。良く晴れた夕空にきれいに見えています。夕星の歌というアリアがタンホイザーにありますが夕月の歌もいいかもしれません。




DSC_0130



秋は空気も澄んで月がきれいに見えます。文才があれば俳句をひねったり短歌を詠んだりするんですが・・・

(07:54)

2019年11月03日



  DSC_0027



 6日からのあべのハルカス近鉄本店に出品する椅子です。座、背は楠(クスノキ)、脚は山毛欅(ブナ)です。このブナは東ヨーロッパ産です。ドイツあたりでは以前から盛んに使っているようです。計画的に伐採しているのか気になるところです。日本では白神山地のブナ林が有名です。ブナは中心の部分が使えないので幅広の板が取れません。木目もはっきりしないので日本では有用な材とはみなされませんでした。随分前ですが1m近い大きなブナが市場に出ていましたが、値段が本当に安くてこんなんだったら切らずに山に残せばいいのにと思いました。人間の経済活動は大事ですがすべてに優先するはずもありません。持続可能な範囲でありがたく感謝しながら使わせて貰わないといずれえらい事になります。やれ木目がどうの節があるだの文句を言わずご縁があった材はありがたく使わせていただきます。 

(19:02)

2019年11月02日



 DSC_0105



DSC_0081



 二人展のご案内です。11月6日(水)~12日(火)10時~8時(最終日は5時まで)
あべのハルカス 近鉄本店 タワー館11階アートギャラリー

一応、毎日在廊するつもりです。デパートでの展覧会はうん十年ぶりです。時間が長いので疲れそうですが・・仕事ですから頑張ります。


DSC_0118



こちらは出品するテーブルです。W600 D650 H800です。栗材です。今回の展覧会は漆がテーマなのですべての作品が拭き漆仕上げです。ご一緒させてもらうのは根来塗作家の伊藤恵さんです。朱色と拭き漆のダークな色のコントラストが映えると思います。是非、ご高覧下さい。



(12:18)