2020年06月

2020年06月10日







DSC_0454





 今朝の風景です。青空が広がっています。その後、曇ってきました。





DSC_0472





今日も天板削りです。そんなに捻じれてはいないのでまだ楽です。それでもあまり厚さが無いので上手く誤魔化しながら削ります。大手の家具メーカーなんかはワイドサンダーという機械で完全な平面を出します。個人工房では無理なので昔ながらの定規をあてて凸凹を見ながら削るしかありません。楽しみながらやります。





DSC_0474

 



午後の風景です。まだ雨はポツポツしている位です。予報では結構降るように言っています。お手柔らかにお願いしたいですね。

(14:52)

2020年06月09日






 DSC_0163 (1)






今日のお昼頃です。暑いです。湿気が少ないのが救いです。どうも明日梅雨入りするようです。





DSC_0158





大きなテーブルをお作りします。長さ200cm、幅105㎝のセンの一枚板を削ります。大きいですが広葉樹の中では柔らかいのでまだ楽です。まあ、ぼつぼつ進めていきます。








 

(23:42)

2020年06月08日








DSC_0060
  






昨日、ダイニングセットを納品いたしました。エレヴェーターの入り口が700mmしか無くて、階段を4階までえっちらおっちら運びました。テーブルは楢材です。天板は三枚矧ぎです。W1450mm D820mm H700mm、です。脚を四隅に配置しています。安定感のあるデザインです。
仕上げは液化ガラス塗料です。







DSC_0065






ダイニングチェアはw420mm D490mm SH 410mm h860mmです。ウインザースタイルです。この椅子は軽量に仕上げるよう留意しました。最近ダイニングチェアーのオーダーを頂くと、ほぼ皆さん軽い椅子がいいですとおっしゃいます。強度との兼ね合いもありますが出来るだけ軽量化するように頑張っています。背にスポーク(丸棒)を配した椅子は軽く出来ます。それもあって、そこそこ硬く粘りもあるブナ材を使っています。このブナは東欧産です。国内でもブナはありますが狂いが出やすく殆ど流通していません。木目が目立たないのもあって。あまり高級な家具には使いません。地味な材ですが、結構色んなモノに使われています。木偏に無いという可哀想な漢字名です。







DSC_0059






プラス、スツールも納品いたしました。こちらは座が栗、脚はブナ材です。W560mm D450mm H610mmです。無事に納品出来て宿題が一つ片付きました。ご依頼主様には中学生の息子さんがいらっしゃいます。このテーブル、椅子と共に人生のきざはしを進まれるんだなと思うと家具作りもいい仕事だと思います。O様、ありがとうございました。




(16:59)

2020年06月07日







  DSC_0058






 いい天気です。梅雨前線が南下して北の高気圧が日本列島を覆っているそうです。






  DSC_0056






ところで、今日はダイニングセットの納品に奈良まで行きます。懇意にさせてもらっている建築家がリノベされたマンションに納品します。






 DSC_0054







DSC_0053






私は雨男で納品の日も雨に降られる確率が結構高いんですが、最近行いが良かったのか今日は年に数日の好天です。反動が怖いような気もしますが・・・






DSC_0056






安全運転で行って来ます。
 

(10:40)

2020年06月05日








DSC_0049





 昨日に続き今日も夏日です。昨日は一番暑い午後3時前後に鹿よけのロープを張る作業をしました。風も無く日差しを浴びながらの作業でくらくらしました。あかん、このままやと熱中症になると慌てて家に入りました。ポカリスエットの粉末をお水に溶かして二杯立て続けに飲んで一息つきました。外仕事は朝か夕方にしないといけません。






 DSC_0050





今夜は満月です。ストロベリームーンとか言うらしいです。いろんな事を考え付きますね。晴れたらいいんですが・・・

(16:19)

2020年06月04日







 DSC_0021





 高枝ばさみを買いに坪田多吉商店に行ってきました。造園業の若い友人にどれがいいか訊くとニシガキがいいですよとの答えでした。ネットで検索すると兵庫県の三木市にあるメーカーでした。三木と言えば刃物です。学生の頃、鉋や鋸の勉強に三木のメーカーに見学に行きました。あちこち見たんでしょうが、百万円の玉鋼を打った鋸しか覚えていません。こんなものを買う人がいるんかなとびっくりしたので印象に残ったんでしょう。あっと、今思い出しました。三木の駅前だったか刃物協同組合の前だったか鋸やら小刀やら打ち刃物を組み合わせたオブジェがありました。ハードウエアイーグルとか言う名前でした。あんまりばかばかしいので憶えていたんでしょう。今もあるんでしょうか?
脱線しました。坪田多吉商店は東山三条を少し下がった(南に行く意味です。京都の人は上がる下がる、西入る東入るとよく使います。条里制がしっかり残って、道路が碁盤の目状なので使えるんですね。)西側にあります。友人から頑固なお爺さんの店だと聞かされていたのでどんな人なんかなあと楽しみに行きました。お店に入ると左官の鏝がずらーっと並んでいます。それに造園で使う色々な刃物もならんでいました。こんにちは。と言うと奥から白髪に眼鏡の七十は過ぎているようなお爺さんが現れました。高枝ばさみが欲しいんだけどと言うとそこにあるよと角に数本立てかけてありました。が、よく見ると伸縮式はありません。伸縮式で3mくらいまでいけるのはないんですか?と問いかけると間髪を入れず「壊れる。あんなもんよう売るわ」とのお言葉でした。頑固と言うよりは自分に正直な人ですね自分がいいと思う物しか売りたくないんでしよう。京北から来たというと、お父さんが仕事でよく京北に通っていたとかで縁があるんやとおっしゃっていました。ネットでポチっと買うのは便利ですが、こんなオヤジさんに会って話しをして物を買うのも捨てがたいなと思いました。
 

(15:39)

2020年06月03日







 DSC_0040





 朝から草刈りです。家から道路への法面です。鹿よけの柵をするのに雑草が邪魔になります。慣れない作業で疲れますが仕方がありません。




DSC_0041





小さな花です。名前は知りません。




DSC_0044





こちらも名前は知りません。大きさ8~10mmくらいの小さな花です。これから刈ってしまいます。
人間と一緒でちやほやされる花もあれば気にも留められない花もあります。やっぱり世の中は不平等ですね。出自や容姿で判断されます。両方持っていない人間はどうするか?学歴しかありませんが、それすらも出自で機会が違います。どうしたものか・・・
 

(11:52)

2020年06月02日






 DSC_0024






 暑い日になりました。稲もだいぶ育ってきました。






 DSC_0006






庭の茱萸(グミ)の実です。熟れると綺麗な赤になります。美味しそうにみえますが、酸っぱいです。私には食べられません。






  DSC_0001






この木、車を止めるのに邪魔なんで伐ろうかと何回か思ったんですがちょっと可哀想かなといつも伐れません。当分、置いておきます。

(16:13)

2020年06月01日





DSC_0037

 




 昨日は朝から雨でしたが午後には上がりました。肌寒い一日でした。夕方、懸案の草刈りをしました。




DSC_0035






道路からのアプローチです。





DSC_0034





すっとしました。ここ4~5年、山ヒルが増えました。多分鹿が連れてきているんでしょう。気が付くとズボンが血で汚れている事が結構あります。何か麻酔のようなものを出すらしく血を吸われても全然痛みがありません。自分の血で膨れ上がったヒルを見るのはゾッとしません。数CCの血なら喜んで差し上げるんですが、しつこい痒みが数日続くのが不愉快です。今年はこの状態を保てるようマメに草刈りをするつもりです。しかし、草の成長も早いので(特に雨の後)大変です。除草剤を撒けば簡単ですが環境にはよろしく無いので、ボッシュの電動草刈り機で頑張ります。






 

(08:19)