2020年08月

2020年08月31日




DSC_1646




 昨日、桂川に網が入って今年の鮎釣りシーズンも終了です。


 

DSC_1644





DSC_1642




青空が川面に映ってきれいです。




DSC_1638





DSC_1643




今日も昼間は暑かったんですが、日が沈むと涼しい風が吹き出しました。




DSC_1649




夕景です。世間はやれ後継だのコロナだの姦しいですが地球は同じように回っています。些事に囚われず大らかに日々を過ごしたいもんです。



(22:57)




 DSC_7896
 



今朝7時頃の景色です。昨日の昼間は暑かったんですが夜は涼しくて楽でした。今日で八月も終わりです。残暑もそろそろ終わりにしてもらわないと・・・





DSC_7895




昨夜は近くの知人から鮎の塩焼きを頂きました。上桂川に網を入れて取った鮎です。友釣りシーズンも終わりです。あちこちの田圃で稲刈りも始まっています。お盆前からの猛暑で生育が順調だそうです。



DSC_7897



夏も過ぎようとしています。今年は忘れられない夏になりそうです。年月が過ぎればそんな事もあったなあと思えるようになって欲しいもんです。今はまだ渦中です。気を付けましょう。

(07:46)

2020年08月30日





DSC_7855




 庭のブルーベリーです。ようやく熟れてきました。早速、摘んでいきなり口に放り込みました。甘くて美味しかったです。お盆前からの好天で一気に熟れたんでしょう。




DSC_7823




こちらはまだですね。





DSC_7805





DSC_7891




毎年、実を楽しませて貰ったんですが来週には伐ってしまいます。時期が悪いんですが移植してみます。



DSC_7853




今日も酷暑でした。明日も37度だそうです。皆様、くれぐれも熱中症、コロナにお気を付けください。







(22:25)

2020年08月29日





DSC_7800




 fOSTEXのデジタルアンプ、AP20用のウッドケースをお作りしました。




DSC_7798



ビジネスライクな黒の躯体ですが、ウッドケースに入れると高級感があります。
材はブラックウォールナット材です。液化ガラス塗料仕上げです。W131 D118(ボリューム、ターミナル除く)H65mmです。フロントからスライドさせてセットします。




DSC_7799




デジタルアンプで発熱は少ないですが、一応上面に排熱用の穴を開けました。



 DSC_7801



もう少し高くなってもいいのでスピーカーターミナルをバナナプラグ対応にしてほしいもんです。スペースが厳しいんでしょうか?

 数点、余分に作りました。
 9000円です、別途消費税を頂きます。送料は頂きません。


 

(14:16)




 DSC_7789
 


 残暑が厳しいです。お昼過ぎの景色です。




DSC_7792




大きな入道雲です。入道とは仏門に入る事だそうです。出家して頭を丸めた姿から坊主頭を指すようになったんでしょう。




DSC_7791



八月も後僅かですがいつまでも暑いです。来週はまた台風が南の熱気を連れてきそうです。秋の台風シーズン、心配です。

(13:24)

2020年08月28日





DSC_4231




 よく見かける小さな花です。マクロレンズで撮ったので背景がきれいにボケました。見過ごしがちな自然にも気を配りたいですね。



(16:55)



 三戸それぞれに家具を展示させて貰いました。




DSC_4399




コンソールテーブルです。W430 D250 H850mmです。天板は栃、脚はトネリコ、摺漆仕上げです。




DSC_4391




ダイニングテーブル、ブラックウォールナット材です。W900 D920 H700mmです。お揃いの椅子もブラックウォールナット材です。W430 D540 H820 SH410mmです。
液化ガラス塗料仕上げです。2階にダイニングキッチンがあります。開口が大きくて明るいお部屋です。



DSC_4392






DSC_4388


 

板の間の小部屋があります。




DSC_4387




一階には畳敷きの和室があります。私はこのお部屋が一番好きです。畳の上でごろっと昼寝なんてよさそうです。畳を囲む板の間の上の置き床です。ブビンガ(アフリカ産です。コンゴ辺りの樹です。とにかく、硬くて重い材です。巨樹です。材木市で幅2mくらいの板を見たことがあります。カウンター材や大きな和太鼓の胴に使われていました。今も使っているのかはわかりません。へりで上空から巨樹を探して伐採したそうです。ある意味、乱暴な話しで環境面からは褒められた事ではありません。真偽は定かではありませんが、かっては日本からの貨物船の帰りの船のバラスト、要するに重り代わりに船底に積んで帰ったとか聞きました。)W1300 D450 H50mm。さっと漆をかけています。




DSC_4286




 続く

(15:54)

2020年08月27日




 先週末に間工作舎さんが設計された賃貸住宅の見学会に参加させていただきました。
 


DSC_4371




60坪の敷地に三軒の賃貸住宅が並んでいます。エントランス、通路は共有です。三軒が緩くつながってかっての長屋暮らしのような隣人との関係が出来ればいいなという、野心的な試みを形にしています。三軒ともリビングやトイレ、バスは2階にあります。今回の見学会ではそれぞれの家に家具を置かせていただきました。




DSC_4375




エントランスの部分です。世の高い広葉樹が植えられています。(写っている家は隣家です。)ポイント、ポイント、に樹があって心が和みます。





DSC_4346





真ん中の通路です。子供の頃、独楽回しやビー玉で近所の子供と夢中で遊んだ路地を思い出しました。三軒の子供達が友達になって遊びまわれば楽しいでしょうね。





DSC_4343





こちらはエントランスです。左に見えているのはベンチです。




DSC_4342




道路に面した正面です。

                     続く

(07:42)

2020年08月26日




 先週、サイアノタイプのワークショップに参加しました。サイアノタイプの利用例としては青焼きがあります。かっては建築図面は青焼きでした。駆け出しの頃はよく見ました。感光剤を塗った用紙を先生が容易して下さいました。私は木工の道具を紙の上に置いて感光させました。 

 


DSC_4244





DSC_4243




で、5分ほど日なたで太陽光線に当てました。その結果がこれです。




DSC_4258




子供の頃遊んだ日光写真と一緒です。子供さんに教えてあげたら喜びそうです。

(23:12)

2020年08月25日




DSC_4419



 暮れかかる空のお月さんです。三日月と半月の間位です。




 DSC_1522



40年前の手動でピントを合わすレンズですが写りはいいですね。オートフォーカスもいいんですが静物撮影ならマニュアルでも問題ありません。フィルム時代の一枚ずつ丁寧に撮っていた気持ちを思い出します。




DSC_1518




コロナに酷暑、踏んだり蹴ったりです。それでも何時かは秋になり冬になって寒い寒いと言わないといけなくなります。無駄な抵抗は止めて日々を暮らすだけです。



(16:59)

2020年08月24日




 先週の金曜日、ギャラリーマロニエの5Fでサイアノタイプと ドライポイントのワークショップに参加しました。サイアノタイプは早い話が日光写真です。日光写真とはある年代の人以上は子供の頃遊んだ駄菓子屋で売っていたおもちゃです。日光で感光紙が変化して模様が浮かび上がります。ドライポイントは銅板を彫ってその中にインクを入れてプレス機で刷っていく版画です。今回は銅板の代わりにアクリル板を彫刻刀のような刃物で彫りました。




8月20日 3




プレス機に版と紙をセットして刷っています。手前のハンドルを回すとスライドしていきながら真ん中のシリンダーの部分に押し付けられて刷れていきます。版画を刷っていると錬金術師になったような気がします。同じ物が複製出来るというのは今では当たり前ですがアナログ時代は大した技術だったんでしょう。



DSC_1514




私の好きな椅子です。以前、体験したリトグラフよりは随分と簡単なので気に入りました。欠点は左右が逆転することくらいです。講師の皆さん、ありがとうございました。

 



 

(17:56)

2020年08月21日





DSC_1457




 ゴミ出しに行くと上空がなにやら騒がしいです。見ると数羽のトンビが空中戦の真っ最中です。



DSC_1458

 

トンビは縄張りを持っているようで、しょっちゅう上空をパトロールしています。そこによそ者が入ってくると威嚇して追い出すようです。侵入者が勝って縄張りを乗っ取る事もあるんでしょうか?よく分かりません。NHKラジオの子供電話科学相談室にどなたか子供さん訊いてくれないかなあ。




DSC_1470



30カット程撮ったんですが動きのあるものの撮影は難しいですね。とっさの事で連写モードにも出来ませんでした。一応200mmの望遠ですが手振れ補正無しのレンズなのでピントが甘いです。手振れ補正付きは必須アイテムですが、バジェットの問題もあるので悩ましいところです。

(22:00)




DSC_1501




 バッタが家の中に入っていました。朝、顔を洗おうと洗面所に行くと鏡にバッタが・・・子供の頃のお友達です。このバッタは子供達は血吸いバッタと呼んでいました。手で掴もうとすると噛みつきます。結構痛いんでそんな名前でよんでいたんでしょう。後、殿様バッタ、ショウジョウバッタ(少将が訛ったんでしょうか?)とかトカゲ、蜘蛛などいろんな昆虫と遊びました。虫にしたらえらい迷惑な話だったでしょうね。




DSC_1500

 


バッタやヤモリ、トカゲなど色んな生き物が身近に居るのは今となっては贅沢な事なのかもしれません。

(08:22)

2020年08月20日





DSC_4217




 今朝の西の空です。狼煙ではありません。飛行機雲です。




DSC_4225



リョウブの花です。終わっています。何れもマクロニッコール 55mmで撮りました。




DSC_1475




いつ頃製造されたものかニコンサービスで教えて貰いました。81=82年製造だそうです。露出の文字がカラフルなのが時代を感じさせます。若い頃使っていたニコマートを思い出しました。




DSC_1480




DSC_1478

 


MADE IN JAPANです。最近のニコンはタイで作っているようです。ボディーは金属だし、作りはいいです。日本の物作り全盛の頃の製品です。ピントを合わすリングはスムースに動くし、露出を変えるリングも節度のある回り方で、部品の精度の高さがうかがえます。電子回路も無く、純粋に精密機械です。カビにさえ気を付ければ100年でも使えそうです。単焦点でオートフォーカスでもありませんが、かってのフィルムカメラで写真を撮っていた頃の真剣さを少しは思い出しました。フィルムや現像にお金がかかりましたから・・・いずれフィルムって何ですか?なんて人が出てくるんでしょうね。古い機材で物作り日本の誇りを感じるのも楽しい経験です。次は広角レンズがいいですね。

(08:12)

2020年08月19日





DSC_4207




 
庭の楓です。マクロレンズで撮りました。ピントの合う前後の幅が狭いので難しいです。もう少し露出を絞るほうがよさそうです。とは言え絞り過ぎると背景のボケ
がきれいに出ません。この葉っぱ、どういう加減でかは分かりませんがきれいな紅色になっています。





DSC_4206





こちらは青葉です。被写界深度(ピントの合う範囲)が狭いですね。写真も奥が深いです。価格コムを見ると百家争鳴、諸先輩方のまあ饒舌な事。皆さん語りまくりです。趣味だから何でもいいようなもんですが、逆に趣味故のこだわりもあるんでしょう。私の好きなクラシック音楽でもやれこの指揮者が良いだの、オケ(オーケストラの意味です)はここがいいだのまあうるさい事です。数値化出来ないので余計に語るんですね。いずれにしても平和で無ければ楽しめません。15日の終戦(敗戦)記念日に新聞やテレビで戦争体験が色々と取り上げられていました。知人がつい最近インパール作戦で戦死した伯父様の遺骨収集にミャンマーまで出かけていました。戦火に倒れた人々のおかげで今の平和があります。感謝の気持ちと今の平和を守る気持ちを持ち続けなければいけませんね。

(22:30)


 暑いですね。お昼頃ヨドバシから荷物が届きました。何かなあと思って開けるとステレオ誌の付録のスピーカーユニットでした。そういやあ予約したなあと思い出しました。




 DSC_1492




マークオーディオの6cmユニットです。去年、一昨年はやはりマークオーディオの8cmだったので6cmてダウンサイジングやんと買うか買うまいか、いささか迷いました。




DSC_1494




例によってマークオーディオお得意のメタルコーンです。



DSC_1495




接着剤のはみだしが気になります。まあ値段が値段なのでこんなもんでしょう。




DSC_1496




マグネットは大きいですね。手に取るとずっしりします。




DSC_1497




余り食指が動きません。バスレフがいいんでしょうが、それもねえ・・・バックロードとか共鳴管とか色物が面白いかもしれません。ま、当分は棚の上ですね。

(14:09)

2020年08月18日





DSC_4184



 今日は暑さが少しましでした。庭の蜘蛛をマクロレンズで撮ってみました。ニコンのマニュアルフォーカスの単焦点55mmf2,8のレンズです。最近、ヤフオクで入手しました。




DSC_4176




背景のボケがきれいです。




DSC_4188




露出(レンズに入る光の量)を変えたり、ISo感度(撮像素子の光に対する感度です。100とか400と表します。) を変えたり色々と試しています。レンズ遊びも楽しいです。スマホのカメラも便利ですが一眼レフでじっくり撮るのもいいもんです。
 

(23:30)

2020年08月17日






DSC_4127




 車から降りて、ふと足元を見ると何やら光るものが・・・こっ、これはタマムシやん。




DSC_4135



裏側です。タマムシと言えばいわずとしれた玉虫厨子です。法隆寺の宝物で国宝です。要するに、小さな厨子にタマムシの羽根を張り付けたものです。羽根はすっかりとれて黒っぽい、有体に言えば小汚い箱です。(法隆寺の方、すみません。)見る角度で色が変化します。タマムシ色の語源です。いかようにも解釈出来るという訳です。鳥は光沢があって色の変化するものが嫌いなので食べられにくいという事らしいです。ケヤキやエノキの樹液が好きらしいです。樹皮に卵を植え付けるので、造園や果樹園関係の方には忌み嫌われているそうです。わたしなんぞはきれいやなあで終わりですが世の中、色々な利害関係者がいるもんです。すべてのものが相関して世界が成立しています。(大袈裟やなあ。笑)  

(14:30)

2020年08月15日




 DSC_4101




 上桂川です。所用で周山まで出かけましたが、河原はキャンプやバーベキューの人達で大賑わいです。河原まで車が入れるし、道の駅が近くてトイレもあるし、スーパーも近いので食材や飲み物の調達も楽です。しかも京都市中心部から車で一時間程と子供連れの川遊びにはぴったりのロケーションです。道路から見て、あれじゃあ三密やなと思いました。京北にあまり人が来るのはいかがなものかとは思いますが、河原なのでまあいいかと・・・ゴミ袋を買ったコンビニの店員さんも今日はすごいお客さんですとびっくりしていました。私はこのお盆休み。13日から3日連続で家の隣の小屋を片付けています。朝から始めて10時頃にはもう暑くて日陰を探しての作業です。11時過ぎから3時頃までは日陰も無いので小屋の中の作業です。5時半くらいから、日も陰って少し涼しくなるので再び外での作業をします。真っ暗になるまで家の明かりで作業し、仕上げは庭木に水やりで一日の作業終了です。





DSC_4106




夕方の西の空です。きれいな茜色の雲だったんですがカメラを取りにいっている間に居ろが無くなってしまいました。




DSC_4107

 


熱中症対策でポカリスウェットを沢山飲みながらの作業でした。明日から次の工程に入ります。明日も暑そうです。コロナと熱中症、両方にそなえないといけません。ご自愛下さい。

(23:30)

2020年08月14日






DSC_4090




 今日の4時前頃です。たまらなく暑いです。




DSC_4085





DSC_4087

 


夕立も降りそうにありません。実際、降りませんでした。例年お盆の頃は暑さも少しは緩むんですが今年は酷暑ですね。週間天気予報も37度、38度の連続です。BMWは随分と前から、日本向けは熱帯仕様らしいです。車は熱帯仕様に変えられるけれども人間はそう簡単には代えられません。一昨日、近所の木工工房を訪ねるとスポットクーラーがありました。京都の商工会議所からの補助があって導入したそうです。ちょっと当たりましたがそう冷える物でもありませんでした。私の工房も冗談抜きでクーラーが必要になるかもしれません。ただ、木の埃が酷いので機械が持つか心配ですが・・・取り合えず今年は工場扇(早い話がでかい扇風機です。)で頑張ります。

(20:08)