2011年02月11日

共鳴管方式のスピーカーを試作しました。


スピーカー 002









































タモの柾板14mmです。H570W124D144です。共鳴管というのは
管の中の空気が特定の周波数で共鳴する原理を応用しています。
数式は省きますが、この箱は長さ1140mmの管が二つ折りで入っている
ことになります。共鳴周波数は計算上は76HZです。簡単に測定したら
60HZまで充分でていました。8cmのユニットにしたら上出来です。
バスレフより軽々と音がでています。背圧が低いからだと思います。
スピード感のある、伸びやかな音です。ディティールもよく表しています。
トールボーイなので液晶の横などにぴったりです。

スピーカー 005









































タモの柾は上品でいいですね。オイル仕上げです。

スピーカー 007









































ルックスも音もいいスピーカーが出来ました。




BGM  MAHLER Symphony No,6

KLAUS TENNSTEDT

London Philharmonic Orchestra

初めて、テンシュテットのマーラーを聴きました。素晴らしい演奏です。
病魔に冒されて、闘病中のライブ録音です。私はライブ派なんで
特に感銘を受けました。一楽章、冒頭の部分のただならぬ緊張感
、圧倒されました。4楽章、最後の部分、あたかもテンシュテットの
死に対峙している諦観と葛藤のようです。言葉では言い表せない感動です。
宇野先生がおっしゃる切れば血の出る演奏とはこのようなものでしょう。
一生で一度でいいからこんな演奏をコンサートホールで聴いてみたい
ものです。
     


(16:08)

コメントする

名前
 
  絵文字