2012年07月06日

SEAS   FU!0RBをバスレフにしました。

帯 001


これがいいんです。10cmとは思えないパフォーマンスです。データシート
の周波数特性は100Hzからだら下がりになっていますが、低域の量感
も結構なものです。さすがはハイエンドのドライヴァーメーカーです。フレーム
はしっかりしたアルミ製です。、パワーを入れても音が破綻しません。
グルダのベートーヴェンのピアノコンチェルトを聴いたんですがベーゼンド
ルファーの音色をくっきりと再現していました。音が厚いです。

帯 024


W140  H250  D180  ナラ柾材14mmです。サブバッフルは14mmの
ウエンジです。ダクトのチューニングは80Hzくらいです。
SEASのホームページにbrethtaking(息をのむような)とか書いてあった
んで、おおげさなと思いましたが、そう的外れでもないです。
どちらかというとクラシック向きです。デュプレのドヴォルザークのチェロ
コンチェルトではチェロの胴鳴りがリアルです。


帯 021


帯 029

デスクトップやサブシステムにぴったりです。小さい部屋なら充分メインで
いけます。

ご希望のエンクロージャーをお作りします。
お問合せは下記まで
moonlove10000@gmail.com





(18:54)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字