2013年10月31日

 昨年、作ったAlpair10のバスレフですが、最初は低音が全然
出ていなくて、たまに使うぐらいだったんですが、エージングが
進んだのか俄然鳴り出しました。

2013 10 28 001


Alpairシリーズは100時間くらいエージングしないといけないようです。
不満だった低音が素晴らしいです。Xmasが大きいのが寄与しているよう
です。

2013 10 28 002

W190 D240 H370 ダクトは50mmパイで長さ185mmです。
容積は9,5Lくらいです。Fbは54Hzくらいです。

2013 10 28 008

フロントバッフルは23mmの楢材、他は20mmのブナ材です。ブレース
を真ん中に入れています。ダクトはブナ材の削りだしです。

2013 10 28 009

ドライヴァーのフレームはバッフル面にザグリ加工して沈みこませています。

2013 10 28 006


大型のターミナルです。吸音材は粗毛フェルトを天板、側板、裏板に張り
こんでいます。


2013 10 28 010


このドライヴァー、けっこうお高いので最初は失敗したなあと思っていました。
が、最近は2WAYはいらないと思っています。私のリスニングルームは8畳
です。田舎の一軒家でけっこう大音量で鳴らしています。本当に大音量で
聴くならフロアタイプでしょうが、一般家庭なら必要充分です。
Alpair10、買われた方、気長にエージングしてください。おすすめです。

このエンクロージャーをお分けします。

65000円 (税別、ドライヴァー、ターミナルは付きません。)
試聴可能です。お気軽にメールでお問い合わせください。



(19:19)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字