2014年10月14日

 110ffb1dbbdfb0450ae160d53de12cc1-270x381

12日にリゴレットを観てきました。言わずとしれたヴェルディの人気オペラです。
結構楽しめました。席は4階の前から2番目でした。シャイー指揮でパバロッティー
がマントヴァ公爵を歌っているCDをよく聞きました。(ワーグナーにハマる前はイタリアオペラをよく聞いていました。特定の音楽に凝る時期があって2~3年まえはニーベルングの指輪一辺倒でしたが、今は少し醒めました。勿論大好きですが・・)
マントヴァのテノールが最初イマイチでしたがしり上がりによくなりました。
リゴレットのバリトンは淡々とうたっている感じでもう少し感情移入してもいいのにと思いました。ジルダのソプラノは上手でした。最近のアジア人の女性歌手はよくなりましたねえ。マッダレーナのメゾもよかったです。私は終幕の四重唱が好きなんです。
すごくヴェルディらしい感じがするんですが・・・
沼尻さんの指揮はもう少しメリハリがあってもよかったんでは・・・
なにはともあれ、いい気分転換になりました。そんなに長くないしね。以前東京で観た
神々の黄昏は2時開演でおわったのが10時半でした。まあ堪能しましたが。オケも歌手も大変でしょうが観るほうも大変です。
びわ湖ホールもどこかと共同制作でRINGしてくれないかなあ。




(10:14)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字