2015年03月27日

 以前にSOLでFOSTEX標準の7Lのバスレフエンクロージャーをサクラでお作りしました。その時にお送りいただいて装着したSOLを少し試聴したんですが、とても好印象でした。それで私も買ったんですが8Ωか16Ωか悩んだんですが、16Ωのほうが低音がでそうなので16Ωにしました。無線と実験の小沢先生の製作記を参考に9Lから11Lに大きくして製作しました。

DSC_0016

厚さ22mmの栗材です。中庸な硬さで音響的にもいいと思います。オイル仕上げです。H390 W194 D251です。10cm用にはやや大き目ですね。バスレフです。ダクトは50パイで長さ80mmです。Fbは70Hzです。このドライヴァーは中高音がクリアーで情報量が多いです。これで低域がもう少しあればと思いますが、10cmフルレンジですから多くを望んでも仕方ありません。トーンコントロールで少し低域をブーストするといいでしょう。いずれ、QWTかダブルバスレフを作りたいと考えています。

DSC_0021

ドライヴァーはザグリして3mmほど沈ませています。音響的な効果はわかりませんが見た目の高級感は出ます。吸音材は4面に粗毛フェルトを張り込んでいます。
大型のターミナルです。このエンクロージャーをお分けいたします。
ターミナル取り付け済み、吸音材をお付けします。
50000円(税別、送料別) 納期1か月

お問合せは下記までお願いいたします。
moonlove10000@gmail.com


(18:25)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字