2015年05月12日

 先週、ゴールデンウイークに長野県で木工ワークショップをしてきました。
例年より暖かくて快適でした。長野といえばカラマツ林ですね。カラマツの林を出でて
カラマツの林に・・・うんぬんかんぬんとかいう詩を習った記憶があります。作者も忘れましたが出だしだけは今も憶えています。

DSC_0107

新緑もいいんですがやはりカラマツは秋の黄葉がきれいですね。長野では戦後大量に植林した(造林面積の半分)カラマツが伐期を迎えていますが、使いにくい材なのでどうなるんでしょうか。
カラマツは旋回しながら育つので板や柱にしてもねじれてしまいます。ヤニも多いので有用な材とは言えません。価格も安く半ば放置されていましたが最近は合板や集成材として使われだしたようです。落葉するけれど針葉樹です。








DSC_0102

いっそ、ねじれもヤニも気にせず使えばいいかもしれませんが・・・・

(20:31)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字