2015年07月26日

02

25日の椿姫を観てきました。タイトルロールは森麻季さん。テノールはイタリア人、ジェルモンは黒人のバリトンでした。指揮は佐渡君(一応、大学の後輩なので偉そうですがクン付けで呼ばせてもらいます。)でした。まずヴィオレッタの森さんですが、はっきり言って彼女の声には合っていません。無難に歌ってはいたけれど声量も力強さも足りません。モーッツアルトくらいがちょうどですね。
そしてテノールですがまあまあだったんですが一幕のヴィオレッタが二人の生活費を出していると知って恥だとか歌うアリアの最後、テノールの見せ場、どこまで高い音を
出すかなあと楽しみに聴いていたんですが、なんと普通の音程すら出せず誤魔化してしまってました。思わずブーイングしたかったんですが流石に日本ではねえ・・・
スカラ座なら大ブーイングですね。見た目のことはあまり言いたくないんだけど背が
低くて、顔のデカイ、ある意味田舎出の世間知らずのアンちゃんぽいんだけど、やはり人間見た目八割なんでねえ・・・・
ジェルモンのバリトンはまあまあでした。少し癖のある歌い方でしたが・・・・
指揮とオケはまあ普通でした。なかなか名演には出会えません。
夏のちょっとした気晴らしでした。

(21:24)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字