2015年11月24日


kso%202015%20596%20ashkenazy(c)Keith%20Saunders

22日に京都コンサートホールの京響の定期を聴きました。指揮はウラジミール、アシュケナージさんでした。ブラームスの2番とチャイコフスキーの5番という大盛りのプログラムです。実は2時開演と思いこんで慌てて行ったら2時半開演でした。最近のコンサートホールでのチャイコフスキーのヴァイオリンコンチェルトとピアノコンチェルト1番の演奏会が2時からだったので同じだと思い込んでしまいました。まあ早く行くぶんにはいいんでしょうが・・・ところが早とちりにもいい事があってアシュケナージさんのプレトークを聴くことが出来ました。噺はバレンボイムとクレンペラーのエピソードとアシュケナージさんがカラヤンとベートーヴェンのピアノコンチェルト4番で共演した時のエピソードとかヴェテランのクラシックファンには面白い内容でした。当日,振る曲の話は一切ありませんでしたが・・・ 話しぶりや立ち居振る舞いに愛嬌があってファンになりました。演奏は私自身がブラームスはあまり好きではないこともあって、チャイコフスキーの5番が断然楽しめました。芸術性、結晶化はさておき盛大に金管が鳴ってスカッとするような演奏でした。ある意味、お国物ですしね。アシュケナージさんも初めて聴いたんですが、しっかりした指揮ぶりで楽団員との関係もよさそうでした。終演後にコンマスと嬉しそうに話していたのが印象的でした。チャイコフスキーの5番はムラヴィンスキーとレニングラードフィルでさんざん聴いていましたがやはり実演はいいですね。

(21:01)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字