2017年02月27日



DSC_0031 (2)

FE-88Solのバックロードホーンエンクロージャーを作りました。
H430 W173 D307(ターミナル除く)、フロントバッフルはブラックウォルナットの23mmを奢りました。天地、側、背面はアルダーの16mmです。内部は空気室1,2Lくらいで音道長は1,8m.最終開口は背面に90パイの円形です。内容積は12,5Lくらいです。10cmならフロアスタンディングでもいいと思うんですが8cm一発のメリットを生かせるようなんとかブックシェルフにまとめました。その結果、折り返しが4回となってしまいましたが仕方ありませんね。とかく、スピーカーは世の奥様方の目の敵になるので野放図に大きくするわけにもいきません。

DSC_0024 (4) - コピー

ブラックウォルナットの色とSolのおちついた色調がよく合っています。フレームの仕上げもいいのでルックスもいいです。

DSC_0021 (5) - コピー

DSC_0034 (2)

私見ですが、バックロードの開口は背面のほうがいいと思います。低音は回折するし余分な中高音は聞こえにくい印象です。
とりあえずいつものショルティー、シカゴのツァラトゥストラかく語りきを聴きました。冒頭のティンパニの連打は凄い迫力です。金管の表現もいいですね。とても8cm一発の低域とは思えません。世にバックロードファンが絶えないのも頷けます。ドライヴァーもエンクロージャーも新品でこの迫力ですからエージングが進むと凄いことになりそうです。続く弦の表現もSolらしく美しいですね。
続いて、アンナ、ネトレプコの宝石の歌です。女性ヴォ-カルは8cmの得意分野ですね。お次はちあきなおみです。少しサ行が強調されています。吸音材を調節しないといけないようです。ちなみに現状、空気室のドライヴァーの背面と音道の最終、開口部あたりに粗毛フェルトを張り込んでいます。ちあきなおみさん歌は上手くていいんですが演歌は何曲か聴くと飽きてしまいます。スピーカーの調整用に聴くだけですね。
まあ、とりあえずです。さらに鳴らしこんでご報告いたします。
このエンクロージャーをお作りいたします。
お問合せは下記までお願いいたします。
moonlove10000@gmail.com  お気軽にどうぞ


(01:15)

コメントする

名前
 
  絵文字