2017年03月08日


201703_biwako_rheingold_thumb

先週、びわ湖ホールでラインの黄金を観ました。びわ湖ホールは今年からニーベルングの指輪四部作を年一作ずつ公演します。で、ラインの黄金はその一回目です。4日、5日の2回公演で4日の外国人中心のキャストのほうに行きました。ちなみに2日とも完売だったそうです。2時間半ほどのオペラですが休憩無しでした。ちょっと疲れましたがキリのいいところが無いので仕方ありませんね。演出はごくオーソドックスなものでした。ワーグナーのオペラ、世界中で大胆な読み替えをした演出が増えています。そういう意味ではもの足りませんね。友人が所属するドイツの地方の歌劇場ではカルメンの新しい演出でホセがサッカー選手、舞台はスタジアムというのがあったそうです。さすがに無茶苦茶やと怒ってましたが・・・美術はプロジェクションマッピングを多用してまずまずの出来でした。昨年のオランダ人でもプロジェクションマッピングが効果的に使われていましたが今年のほうが進歩していました。衣装は演出にあわせてなんでしょうが古臭くて面白くなかったです。巨人族が多分、台車のようなものに乗って、衣装に隠れて人間が押していたようです。カーテンコールで黒子が出てきました。このオペラ、これと言って決めのアリアが無いので(ワーグナー曰く楽劇で歌劇ではありません)歌い手は面白くないかもしれません。ヴォータンのイギリス人のバリトンは声量が無く出来はいまいちでした。(初めてヴォータンを歌ったらしいです。)あとの人も無難にはこなしていましたがその中でエルダを歌った竹本節子さんがよかったです。智の女神らしい威厳があって立派でした。短いアリアですが雷鳴を呼ぶ場面のドンナーもよかったです。沼尻さんの指揮と京響の演奏もよかったです。それにしても、このオペラ、ラインの娘は黄金の秘密をアルべリヒにぺらぺら喋るし、ヴォータンは城を建てる報酬に妻の妹をあげる約束をするし毎度の事ですが行き当たりばったりな思慮分別の無い人(神ですね)が多いですね。まあそれだから面白いのかもしれませんが・・・
オペラ制作はお金がかかります。びわ湖ホールも県立なんで県議会で金かかりすぎるとか県民以外の来場者が多いとか言われたこともありました。まあ県民の方の税金ですからわからないことも無いんですが滋賀県の宣伝費だと思って応援してほしいですね。そういう意味では昨年開館した京都のロームシアターがオペラ公演をしているのはいかがなものかと思いますね。オペラがもっとポピュラーになってどちらにもたくさんの人が行くようになればいいんですが、なかなか一朝一夕にはいかないでしょう。この公演でも来場者は年配の方が多くて若い人は少なかったです。チケットも高いので仕方がない部分もありますが・・ウィーン国立歌劇場みたいに1000円くらいで見られる立見席を作ればいいのにと思います。地道に若いファンを増やすのが大事です。
終演後、ホワイエに出ると目の前にびわ湖の湖面が眼前に拡がります。明日から仕事頑張ろうと新たな気持ちになりました。音楽は素晴らしいですね。


(09:44)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字