2017年03月17日


DSC_0023 (1)

今朝は少し冷え込みました。昨日も寒かったし、一直線に春とはいきませんね。そんななかでも庭の白梅が咲きだしています。今日はきれいに晴れたのでいっそう白が映えますね。

DSC_0025 (2)

近所の白梅はほぼ満開ですが、うちのは山の杉の影になりやすいので咲くのが遅いです。

DSC_0027 (2)

世間では不愉快な事件ばっかり起こっていますが、梅の花を見ていると心が穏やかになります。

DSC_0030 (2)

梅の花は桜の影に隠れて人気はいまいちですが奈良時代は花見と言えば梅だったようです。
菅原道真公の頃はまだ人気があったんでしょうか?西行さんの頃はもう桜がメジャーになっていたようです。西行さんの山家集の春の巻では梅の歌が10首程かたや桜は130首程と圧倒的に桜の歌が多いです。西行さんが個人的に桜が好きだったとしても(願わくば 花のもとにて春死なん この如月の 望月の頃 という和歌が有名ですね。実際そのころに亡くなっています。)平安末期には桜に負けていたんでしょう。

DSC_0024 (1)

まだまだ寒い時期に一生懸命咲いているのを見ると健気な気がします。
もっと梅にも注目しましょう。


(14:19)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字