2017年04月27日


414bbd8AqIL__SX310_BO1,204,203,200_

今年は応仁の乱が始まって550年とかで関係の本が色々でているようです。中学、高校の歴史で習いましたが
山名氏と細川氏が東西にわかれて戦ったくらいの理解でした。珍しく歴史関係でベストセラーになったのと新聞の書評欄で見て読んでみようと図書館に予約しました。同じような人が沢山いたようでずいぶんと待たされましたがやっと読みました。登場人物がいっぱいでなかなか複雑です。要するに有力大名の跡継ぎ問題と室町将軍家の跡継ぎ問題が絡まり、それぞれの思惑とで気がついたら11年も戦争してしまったという事です。絶対的な権力者がおらず、時の将軍足利義政もみんな自分の言うことを聞かないもんだから文化に入れあげてしまったのも理由の一つでしょう。京都の住人にしたら大迷惑だったでしょう。結果的にはほぼ丸焼けですから・・・
筆者は込み入った話をわかりやすく書いてくれて面白く読めました。お勧めです。



(01:00)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字