2017年12月11日


_SX349_BO1,204,203,200_

 
 アメリカンウォー、近未来ディストピア小説です。2070年代のアメリカが舞台です。脱石油を決めた政府と石油を使いたい南部諸州との内戦を描いています。北部が優勢で結局勝つんだけども、南部側には中国とブアジジ帝国(地中海沿岸のイスラム諸国 の連合体)からの物資や武器が流入して戦争が長引きます。北部は生物兵器や無人機も使っています。劣勢の南部は自爆テロ(戦争の発端は脱石油を決めた大統領に対する自爆テロです)やゲリラ攻撃で対抗します。どこかで聴いたような話ですね。著者はアラブ系カナダ人です。要するにアメリカやロシアなどが中東やアフリカで地域紛争にコミットして不要に長引かせたり、拡大させたりという構図と一緒です。単なるSF小説としても楽しめますが読後に考えさせられる小説です。アメリカ人はどんな反応なんでしょうか?

(08:17)

コメントする

名前
 
  絵文字