2018年04月12日


 DSC_0073 (1)

 ブラックウオルナット材でカウンターを作っています。長さ3600mm、幅600mmです。無節の良材です。立ち木の時には枝下の長い立派な樹だったでしょう。
プレーナーをかけて、削った面を見ていたら何か光るものがあります。

 DSC_0081 (1)

どうも散弾のようです。長く木工をしていますが、滅多にありません。金にあたったんだから、宝くじでも買いましょう。

 DSC_0078

ブラックウオルナットはクルミの一種です。クルミの樹は日本にもありますが黒い色のものはありません。世界三大銘木らしいです。材は中庸の硬さで仕事はしやすいですね。私自身はもう少し硬めがすきですが・・アメリカのどこに生えていたのか知りません。はるばる極東の島国のお店のカウンターになるのがいいのか悪いのか・・人間のエゴを感じるのは木工家としたらどうなんでしょうか?



(08:23)

コメントする

名前
 
  絵文字