2018年08月07日



  DSC_0010 (1) - コピー

 昨日、お作りいただいた栗材のベンチです。生徒さんは幼稚園の年中さんの男の子です。お父さん、お母さんと三人がかりでした。W700 D300 H350の小ぶりなベンチです。脚はブナ材、ワトコオイル仕上げです。まあ実際は私がほぼ作った様なもんです。 男の子よりお父さんのほうが楽しそうに作られていました。お母さんも脚や座のペーパー掛けを一生懸命にされていました。

  DSC_0013 (2) - コピー

脚は座面を貫通させてアフリカ材の硬い楔を打ち込んでいます。安定がいいように脚の角度を大き目に設計しました。当然座面に開ける脚のほぞ穴も角度がついています。面白かったのはお母さんが斜めに穴をあける方法に興味津々だったことです。ボール盤(ドリルが上下する電動工具です)のベッドが傾斜するのを見て合点がいったようでした。


  DSC_0012 (2) - コピー


男の子が大きくなって、そういえばお父さんとお母さんと一緒に作ったなあと思いだしてもらえたら嬉しいですね。

(19:57)

コメントする

名前
 
  絵文字