2018年10月11日



 images (2)


 雪の階を読みました。京都新聞の書評で二、二六事件を舞台にした歴史改変小説と紹介されていたので面白そうだと思いました。一応、ミステリー仕立です。ある堂上華族(要するに元公家さんです。)の一族のお嬢さんが主人公です。凄い美貌ですが囲碁と数学が趣味という面白いキャラクターです。ま、ザックリ言うと歴史改変小説ではありません。二、二六事件に付き物の青年将校は出てきます。昭和五~六年あたりの雰囲気はよく描かれているなと思いました。(知ってるわけではありませんが‥)天皇機関説とか戦前の昭和史の知識があるほうが面白く読めるでしょう。奥泉光さんの小説は初めて読みました。他の作品も少し読んでみたくなりました。
 

(15:00)

コメントする

名前
 
  絵文字