2018年10月17日


 昨日、トリマーの話題をアップしました。刃(ビット)の事も書いたんですが言葉ではなかなかわかりにくかったと思います。そこで画像です。

DSC_0006 (3)


こちらはストレートビットです。上の方に刃が左右対称に2枚付いています。これが一番基本的なビットです。本体は鉄です。刃はハイスピードスチール(高速度鋼、そのままですね。)です。このビット毎分2万回転します。要は高速での切削に向いている鋼ということです。それでも私が使う硬い広葉樹は一度に深くは加工出来ません。しっかりと本体を持って加工材に押し付けてゆっくり削らないと本体が反発して危険です。

DSC_0007 (3)


こちらは面取りビットです。6mmR(半径6mm)に面取りできます。これは便利です。R違いで4種類持っています。先端はボールベアリングが入っていて回転するようになっています。2枚刃です。高速で回転するので左右対称にする必要もあって殆どのビットが2枚刃です。やはりゆっくり確実に材に押し当てて使います。他にも色々なビットがあります。追い追い紹介します。電動工具も能力の限界があるのでそれを超えないようにしてやらないと故障もするし怪我の元です。まあ人間も同じです。無理は禁物です。 

(17:19)

コメントする

名前
 
  絵文字