2019年02月24日



  DSC_0013 (2)


 庭の梅が十数輪咲いてきました。たまたま、昨夜見た梅原猛先生のドキュメンタリーの中で梅は桜のように華やかでは無いし物悲しいとおっしゃっていたのを思い出しました。確かにどこか儚げで淋しい印象があります。咲く時期もまだ風の冷たい早春で心も桜の時期程は浮かれていませんから・・



  DSC_0005 (2)


西行さんは梅の歌も詠んでいるんでしょうか?


  DSC_0012 (2)


毎年,庭の梅を眺めているので最近は梅の花に肩入れしたくなってきました。実も取れます。
 

(16:47)

コメントする

名前
 
  絵文字