2019年03月13日



  DSC_0083 (1)


 ミズナラ材でサイドテーブルをお作りしました。実はこの材は長野県、茅野市産です。三井の森と言う別荘地にお住まいの方の庭のミズナラでした。家のそばで大きくなり過ぎたようです。数年前に伐採して厚さ12cm程に製材して貰ったそうです。引き取りにお伺いしたらガレージに桟積みしてありました。幸い酷い腐れもなく充分使えそうだったので京都まで持ち帰りました。懇意にしている製材所で30mmの厚さの柾板に製材してもらいました。板目に挽けば幅広の板が取れますがひどく反るのは明らかです。ロシア産や道産にくらべたら目も荒いしまだまだ若い樹なので暴れないようにゆっくり乾燥させました。人間と同じで若い樹は材にしたら反りや捻じれ、割れも入りやすいので取り扱い注意です。結構目の荒い木でした。


  DSC_0109


ご依頼主様のご希望は自分用のソファーに合わせたサイドテーブルという事で色々とデザインを考えました。
何か動物が四本脚で踏ん張っているような、少しユーモラスな形が出来ました。私自身は結構気に入っています。


  DSC_0098


まだ、沢山の材が残っています。ご依頼主様(シニアの女性です。)の娘婿さんがオーディオマニアでオーディオ用のサイドボードをお作りする予定です。先日、わざわざ打ち合わせに工房まで足を運んで下さいました。クラシックがお好きな方(学生の頃は大学オケでパーカッション担当だったそうです。)で最近凝っているショスタコーヴィッチの話で盛り上がりました。私も大好きなのでつい話しに熱中してしまいました。勿論、打ち合わせもちゃんとしました。
おっと、忘れていました。W600 D440 H450です。拭き漆仕上げです。庭の邪魔物がこんな家具になったと喜んで頂けました。M様、ありがとうございました。

  
 

(00:13)

コメントする

名前
 
  絵文字