2019年03月16日


 DSC_0028


 
 DSC_0033 (1)



 DSC_0027



DSC_0034 (1)


 今週の水曜日に岐阜銘木協同組合に行って来ました。ほぼ10年ぶり位です。今年になって各務原の平野木材さんの市には毎月出かけています。材木の在庫は結構あるんですが、今人気のあるブラックウォールナット材を求めて通いました。それに染織をしている知人の朴ノ木探しのお手伝いです。古い時代の染色の再現をされています。二枚の版木に布を挟んで染めるんですがその版木が朴ノ木だそうです。1800mmX310mmの無節のきれいな材という条件がなかなかハードルが高くて知り合いの材木屋さんにもあちこちお願いしていたんですが簡単には見つかりそうにありませんでした。原木(いわゆる丸太です)も買ったんですが製材してみると節が出てきて使えません。朴ノ木なんてどちらかと言えばマイナーな材なので簡単に見つかって安く買えるだろうと高をくくっていました。ところが、いざ探すと案外と難しくて 安請け合いした手前、どうしたものかと思っていました。今回の平野の市でも板になった物も数枚出品されていましたがワレや節で使えません。原木もよさそうなのが数本出品されていましたが、いいのは日本刀の鞘屋さんが高値で買うそうでセリで頑張らないと買えないと市場の方に言われました。何でも最近はロシアマフィアが買いにくるそうで高い日本刀もよく売れているそうです。原木は挽いてみないとわからないので製材品のいいのがあれば一番なんですが・・・
で、当日、平野で出会った旧知の材木屋さんから岐阜の市に朴ノ木のいい板が数枚出てるという耳寄りな話を聞きました。市で会う人会う人にいい朴ノ木無いかと声をかけていたのを覚えていてくれたようです。岐阜銘協の市日は14日なのでもし良ければ代理で競り落としてくれるかなとお願いすると快諾してくれました。


DSC_0030 (1)


上の画像の5枚並んでいるのが朴ノ木です。見ると確かに無地(材木業界用語でワレや節の無いきれいな状態を指します)でサイズもほぼベストに近い材でした。これならいいと指値(この金額までなら競って下さいという価格です。)を伝えて帰りました。
翌日の昼前に買えたと電話を貰いました。しかも指値よりだいぶ安く買えたので、私も面目を保てました。その染織家には以前にお世話になっていたので義理を果たせました。途絶えてしまった染色の技法の復元という地味な仕事です。お金にもなりません。それでも、今やっておかないと本当に分からなくなってしまうからと努力されています。材の乾燥、模様の彫りとまだまだ数年はかかります。幸い、木の事は分かるので今後もお手伝い出来ればいいなと考えています。

(12:33)

コメントする

名前
 
  絵文字