2019年04月08日




  DSC_0254


 先週末、友人と花見に行って来ました。毎年、世話好きの友人が場所、予定、弁当など段取りしてくれます。で、今年は八幡の背割提です。暖かく絶交の花見日和でした。地下鉄からすでに人が多くて京阪の八幡市駅は人だらけでした。前日に夕方のNHKニュースで取り上げられたので余計に多かったかもしれません。駅前のコンビニで買い物と思ったんですがレジの行列が凄くて諦めました。人混みの中を歩くこと10分程で到着です。


  
  DSC_0267


 背割提は宇治川と木津川の合流部に築かれた堤防です。完璧に仕切らず、洪水時にスムーズに合流するためのものだそうです。大正年間に作られたそうです。当初は松が植えられていたらしいです。ところが70年代に松くい虫にやられて枯死しました。その代替に桜が植えられたそうです。堤の上に1,4kmほど続いています。友人の何人かは堤の上をだいぶ下流まで歩いたそうです。サクラがトンネルみたいになってきれいな所もあったそうです。



  DSC_0271


 




















DSC_0272



人ごみの中はちょっとなあと思いましたが、花見はそこそこ人が多くて賑やかなほうがいいんかなと最近思うようになりました。冬の寒さに耐えて、ようやく暖かくなり花の下でごはんを食べ、お酒を飲むのはなかなかいいもんです。  

(13:55)

コメントする

名前
 
  絵文字