2019年06月26日


 窯元を後にさらに3km程走ってNOTA SHOPに到着。随分と大きな建物でどう見ても何かの工場風です。幅4㎝程の細い板を壁面にしたミニマリズム風の外観です。内部はがらんどうの空間です。屋根を支えるトラスも表しです。元々は製陶工場だったそうです。


171102_nota02-1850x1233




ケヤキの45cm角の材を重ねたものや、ウエンジの分厚い材を展示台に使っていました。素材感を出しているんですが嫌味にならず好感が持てました。過剰に素材を強調して暑苦しくなっているのもよくありますから。オーナーは地元出身で京都精華大で学んだまだ30代の若い方らしいです。


171102_nota04-1850x1233



展示してある焼き物や木工の小品など見て30分程で出発です。次は和束で茶園を見ながらお茶します。

 続く
  

(09:02)

コメントする

名前
 
  絵文字