2019年07月20日



 
 DSC_0001



 庭の藪椿の実です。これを絞れば椿油が採れるんでしょう。小豆島を紹介するテレビ番組で絞っているのを見たような記憶があります。けっこう大層な道具で相当な力で絞っていたような記憶があります。子供の頃、母親が髪の毛に塗っていたように思います。鉋や鑿の刃に錆止めと保護を兼ねて塗っていましたが最近はしていませんね。竹の節の部分 を切って、ぼろ布を詰めた部分に椿油をしみこませた物を持っていました。大工をしていた私の祖父から貰ったんですがどこかにやってしまいました。祖父は元気な人で八十歳くらいまで仕事をしていました。九十六歳で亡くなりました。最後体調を崩して入院したんですが医師か看護師さんとケンカして勝手に退院してしまいました。結局、その一か月後位に亡くなりました。さすがにこの歳まで生きれば、お葬式では親戚も笑っていました。最後まで頭もしっかりしていました。明治の人は強いです。元気でボケずにいられるなら長生きもいいですね。

(11:13)

コメントする

名前
 
  絵文字