2019年09月15日




 DSC_0440



 
 103-SOLの7Lバスレフエンクロージャーをお作りしました。このユニット、発売当時は大人気でした。バスレフを何台かお作りしました。その時はバスレフダクトのチューニングを低域の量感重視 で85Hzくらいでお作りしました。今回、取説の作例を見ると内容積6,6Lでダクトが49パイ、Fbが73Hztと結構低めです。今作ではダクトを40パイ、Fbは73Hzでお作りしました。ダクトは無垢材削り出しです。確かに低域は下までよく出ているような印象です。板厚20mmと分厚いのも制振にはいいのかもしれません。吸音材は粗毛フェルトを天地、裏板、片側の側板に張り込んでいます。ターミナルはヤマザクラ材の自家製です。ユニットとはファストん端子で接続しています。




DSC_0436



ユニットも送っていただいて、完成品でお作りしました。ヤマザクラ材は経年変化で色目が濃くなるのでその変化も楽しんでいただけたらと思います。


このエンクロージャーをお作りします。

 
 本体 ヤマザクラ材 43000円

 吸音材、ターミナルなど当方で取り付け 5000円

消費税、送料は別途いただきます。仕様、材の変更などご相談下さい。お見積りいたします。


お問合せは下記まで

lovemoon10001@yahoo.co.jp   

(15:51)

コメントする

名前
 
  絵文字