2019年10月04日




 DSC_0001



 看板の説明による一向一揆 にゆかりの所らしいですね。北陸は信州王国です。浄土真宗の門徒が守護を追い出して自治をしていた地域です。信仰は強いです。家康も三河時代は門徒の一揆に随分と悩まされたようです。有力な家臣まで門徒になったようです。で、杉です。



 DSC_0004



 お宮さんの参道の両側に巨樹が聳えています。鳥居から本殿まで木橋が置かれています。杉の根を踏まずに参拝出来るので樹を痛めません。この橋の幅が1メートル強あるので樹の大きさがわかると思います。樹齢2300年とか書いてありましたがさすがにそれは言い過ぎかも・・・いい杉ですが。






 DSC_0008



こちらは鳥居に近い所の杉です。これも大きいです。木工家の悪い癖でどう製材するかなとつい考えてしまいます。バチが当たりますね。いつまでも、末永く元気でいて欲しいですね。





 DSC_0009




本殿側から見たところです。




 DSC_0010



山中温泉のすぐ近くです。巨樹巨木好きの方は是非。

(14:20)

コメントする

名前
 
  絵文字