2019年10月07日




  51VZczewkeL._SY346_



 京都新聞の書評欄で取り上げられていた本です。SFです。人類が滅びた後の星(ごく少数が生き残っているようです。)で異形の生物が跋扈する世界を描いています。大概の本は読めるんですが、これは途中で投げ出しました。生物の名前が変てこで、多分爬虫類っぽいんでしょうが、姿を想像するのも邪魔くさくなってきます。固有名詞が漢字の当て字だらけでイライラします。三分の一程まで詠んだんですが・・・よっぽど暇な時に再チャレンジします。想像力に自信のある方はどうぞ・・ ところで、筆者の名前ですが伝法というのは大阪の此花区にある地名です。大阪の西やや北の端にある区です。西は大阪湾、北は淀川、南は安治川と水都大阪らしいといえばらしい区です。ユニバーサルシティジャパンのある区です。伝法大橋という長ーい橋が淀川に架かっています。町工場や職人さんの多く住んでいるどちらかと言うと下町です。11歳から30過ぎまで此花区のお隣の港区に住んでいました。区境が安治川です。乗船時間1分の渡船がありました。大阪市営で無料でした。ごくたまに乗りましたが、何となくワクワクしたのを憶えています。今もあるんでしょうか?
 

(16:19)

コメントする

名前
 
  絵文字